三崎港なら初心者家族でもそこそこ釣れる!360度カメラを持ってレポート

シェアする

三崎港の概要

三崎港01 https://tokyo360photo.com/misaki-harbor – Spherical Image – RICOH THETA

まだまだ釣りは初心者の筆者が、

  • 初心者でも確実に釣れる
  • 子連れでも安全な釣り場
  • 都内から日帰りで行ける

という条件のもと、インターネットで探し当てたのが今回紹介する「三崎港」です。

三崎港は神奈川県三浦市にある大きな漁港です。三浦半島の南の先端に位置しており、都内から車で2時間程度で行くことができます。

マグロの水揚げで有名な漁港で、港の周りにはマグロを堪能できる食事処も多数あり、都内から日帰りで行ける観光スポットとしても人気の高い場所です。

花暮岸壁の釣り場

三崎港02 https://tokyo360photo.com/misaki-harbor – Spherical Image – RICOH THETA

三崎港にはいくつか釣りスポットがあるのですが、今回筆者家族は「花暮岸壁」と呼ばれる場所で釣りを楽しみました。

花暮岸壁は、

・足場が広い
・トイレが近くにある
・すぐそばに駐車できる

などファミリーフィッシングには最適な場所となっています。

三崎港(花暮岸壁)の混雑状況

三崎港-360度写真03

三崎港-360度写真03-CLICKでSTART

ただし、人気なだけにオンシーズンの土日ともなれば釣る場所を確保するのも大変です。朝早く行くか、朝早く始めた方々が帰る時間帯(午後1時くらい)を狙って行くと比較的空いているようです。

筆者家族は準備に手間取り、中途半端な10時頃に到着しましたが、運良く端のほうで場所を確保することができました。(駐車スペースは埋まっていたため、少し離れた場所に車を停めることになりましたが、すぐに釣り場を確保できただけでも運が良かったと思います)

花暮岸壁は漁船などが停泊しますので、漁船の邪魔にならないよう気をつける必要があります。糸を垂らしていた場所に停泊する船がやってきたらササッと片付けてじゃまにならないよう移動しましょう。

花暮岸壁はサビキ釣りの好ポイント

三崎港-360度写真04

三崎港-360度写真04-CLICKでSTART

海の向こう側に見えるのが「城ケ島」という周囲約4kmの島です。この城ケ島との間の海に糸を垂らすことになりますが、航路にもなっていて水深があるので遠投しなくてもいろんな魚を狙うことができます。

岸壁には大型船も停泊することがあり、足元もかなり水深があります。そのため、筆者のような初心者でも釣果の上がりやすい「サビキ釣り」の好ポイントです。

花暮岸壁で釣れる魚

三崎港-360度写真05

三崎港-360度写真05-CLICKでSTART

サビキ釣りでは、

・イワシ
・サバ
・アジ
・カワハギ

などが狙うことができます。

その他、ウキ釣りやチョイ投げ、エギなどいろいろな釣法で

・ウミタナゴ
・メバル
・キス
・カレイ
・タコ

など、様々な魚を狙えるようです。

三崎港での釣果

三崎港-360度写真06

三崎港-360度写真06-CLICKでSTART

筆者家族は、サビキ釣りとチョイ投げの2種類の釣法でスタートしました。

まず初めに釣れたのが、こちら

三崎港での釣果ハオコゼ

三崎港での釣果ハオコゼ

チョイ投げして放置していた竿の餌を変えようかと思って巻いてみたところ、小さな魚が釣れていました。

見るからに毒々しくて、インターネットで調べてみたところハオコゼという魚でやはり毒がある魚でした。子供たちに触らないように注意しながらすぐにリリースしました。この後もチョイ投げではこのハオコゼが何回か釣れてしまいました。

サビキ釣りでメバルやウミタナゴ

三崎港-360度写真07

三崎港-360度写真07-CLICKでSTART

小学一年生になった息子がゲットしたのが、小さなメバル。サビキ釣りでの釣果です。他にもサビキ釣りでウミタナゴなどの釣果がありました。

今日一番のカワハギ

三崎港-360度写真08

三崎港-360度写真08-CLICKでSTART

この日一番の大物は、このカワハギ。こちらもサビキ釣りでゲットしました。

ちなみにこのカワハギを釣り上げたのは、一番やる気のない嫁でした。

三崎港(花暮岸壁)での釣果まとめ

三崎港釣果まとめ

三崎港釣果まとめ

花暮岸壁での釣果は、3時間ほど頑張って

  • カワハギ
  • ウミタナゴ
  • メバル
  • ハゼ
  • ベラ(キュウセン)

でした。

もう少しこの場所で粘りたかったのですが、釣り船サービスの御一行が戻ってきて、筆者たちが釣りをしていた場所に停泊したため、納竿となりました。

釣り船ではデカイ鯛

ちなみに、この釣り船サービスの御一行、皆さんこの日はかなり大量だったらしく、大型の真鯛やブリで大きめのクーラーボックスパンパンの釣果だったようです。

この日一番の大物ということで見せていただいたのが、とにかくデカイ鯛です。

三崎港-360度写真09

三崎港-360度写真09-CLICKでSTART

お店でもみたことないほどの大きさで、岸壁で釣りをしていた皆さん驚きの声をあげていました。

三崎港は釣り船サービスも充実

三崎港には釣り船サービスを行なっている船も多く、沖に出て大物を狙いたい釣り人にも人気の漁港です。

少しインターネットで調べただけでも

など、沢山の釣り船サービスを見つけられます。

釣り船の料金は狙う魚によって変動しますが、概ね10,000円前後が相場のようです。仕立て(貸切)だと、一人当たり6,000円程度の安い釣り船もあるようです。

筆者もいつかは船に乗って沖釣りに挑戦したいと思っていますが、まだまだ自信がありません。まずは陸っぱりで経験を積んで行きたいと思います。

三崎港・その他の釣り場

三崎港には、今回筆者が釣りをした花暮岸壁の他にも、「超低温冷蔵庫」「北条湾」「製氷所前」など、いくつか釣りポイントがあります。今回は時間がなく回れませんでしたが、今後のためにそれぞれまとめてみたいと思います。

超低温冷蔵庫前

花暮岸壁より西側にある釣り場です。花暮岸壁と同様に広く、車を横付けできる場所もあり人気のスポットとなっています。

足元からある程度水深があるので、初心者にオススメのサビキ釣りもできますし、時期によってはアオリイカなどを狙ったエギングも楽しめるようです。

こちらも人気な分、場所を確保するのが大変そうですが、次回は「超低温冷蔵庫前」で釣りをしてみたいと思います。

北条湾

花暮岸壁の東側に位置し、城ケ島大橋との間で湾になっている場所です。湾の奥は川となっており、淡水が流れ込んでいます。細長く内陸まで入り込んでいるため、比較的穏やかな場所のようですが、車を横付けすることはできず、また船の往来も多いようなのでファミリーフィッシングには向いていないと思われます。

製氷所前

北条湾を挟んで、花暮岸壁の向こう岸にあたる場所です。駐車スペースはりますが、トイレや飲食店などが近くになく、ファミリーフィッシングという観点だと若干不便な場所となります。

都内から三崎港へのアクセス

三崎港-360度写真10

三崎港-360度写真10-CLICKでSTART

電車とバスを利用した場合

都内から電車利用して三崎港に行くには、品川や横浜から「京浜急行本線 特急 三崎口行き」を利用するのがスタンダードです。この三崎口行きに乗れば都内から乗り換えなしで最寄駅に到着します。(品川からは約1時間20分ほどです)

三崎口駅から三崎港までのバスはいくつか路線があり、三崎口駅の目の前のバス停(2番線)から出ている

  • 三崎港行き
  • 通り矢行き
  • 城ケ島行き
  • 浜諸磯行き

のいずれかに乗り、三崎港というバス停で下車すれば到着です。(三崎口〜三崎港のバスの所要時間は15分程度)

バスもこれだけ路線があれば、待たずに乗ることができそうです。

車(マイカー)を利用した場合

都内方面から車で行くのであれば、

  • 横浜横須賀道路を使い「衣笠インター」下車
  • 料金所を直進して三浦縦貫道へ
  • 三浦縦貫道を抜けて国道134号線を三崎方面へ

というルートが一番早そうです。

先述した通り、花暮岸壁などは無料の駐車スペースが釣り場のすぐそばにありますので、車でもとても便利な釣り場です。

城ケ島(おまけ)

三崎港-360度写真11

三崎港-360度写真11-CLICKでSTART

花暮岸壁での釣りを終えたあと、せっかく三崎港まで遠征してきたので城ケ島にも寄りました。

城ケ島にも車を横付けして釣りを楽しめるポイントがあり、三崎港と同様人気の釣りスポットです。

城ケ島での釣果

三崎港-360度写真12

三崎港-360度写真12-CLICKでSTART

筆者家族は広い場所は確保できなかったため、チョイ投げは諦めてサビキ釣りをすることに。

初めのうちは全然釣れなかったのですが、日が沈みかけた夕まずめのタイミングで急に釣れ始めました。

釣れた魚は「アイゴ」という魚です。

釣れてすぐにインターネットで調べてみると、見た目は毒々しくないにもかかわらず、背ビレ、腹ビレ、尻ビレに毒を持った魚でした。

リリースしようかと思ったのですが、食べれないこともないとのことだったので、とりあえずキッチンバサミでヒレを取り除いてクーラーボックスの中に。短時間でアイゴだけが5尾ほど釣れました。

三崎港のまとめ

今回の釣りは日帰りでしたが、次回は泊まりで行きたくなるほど楽しい釣行でした。春や秋にはアオリイカを狙えるポイントもあるようなので、そのタイミングでまた行きたいと思っています。

今までに行ったことのある釣りスポットはまだまだ少ないですが、個人的には

  • 市原海釣り公園(オリジナルメーカー)
  • 城南島
  • 若洲海浜公園
  • 大黒海釣り公園
  • 金谷港

の中では、今のところ一番お気に入りの場所です。

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A