三崎港なら初心者家族でもそこそこ釣れる!360度カメラを持ってレポート

シェアする

三崎港・その他の釣り場

三崎港には、今回筆者が釣りをした花暮岸壁の他にも、「超低温冷蔵庫」「北条湾」「製氷所前」など、いくつか釣りポイントがあります。今回は時間がなく回れませんでしたが、今後のためにそれぞれまとめてみたいと思います。

超低温冷蔵庫前

花暮岸壁より西側にある釣り場です。花暮岸壁と同様に広く、車を横付けできる場所もあり人気のスポットとなっています。

足元からある程度水深があるので、初心者にオススメのサビキ釣りもできますし、時期によってはアオリイカなどを狙ったエギングも楽しめるようです。

こちらも人気な分、場所を確保するのが大変そうですが、次回は「超低温冷蔵庫前」で釣りをしてみたいと思います。

北条湾

花暮岸壁の東側に位置し、城ケ島大橋との間で湾になっている場所です。湾の奥は川となっており、淡水が流れ込んでいます。細長く内陸まで入り込んでいるため、比較的穏やかな場所のようですが、車を横付けすることはできず、また船の往来も多いようなのでファミリーフィッシングには向いていないと思われます。

製氷所前

北条湾を挟んで、花暮岸壁の向こう岸にあたる場所です。駐車スペースはりますが、トイレや飲食店などが近くになく、ファミリーフィッシングという観点だと若干不便な場所となります。

都内から三崎港へのアクセス

三崎港10 https://tokyo360photo.com/misaki-harbor – Spherical Image – RICOH THETA

電車とバスを利用した場合

都内から電車利用して三崎港に行くには、品川や横浜から「京浜急行本線 特急 三崎口行き」を利用するのがスタンダードです。この三崎口行きに乗れば都内から乗り換えなしで最寄駅に到着します。(品川からは約1時間20分ほどです)

三崎口駅から三崎港までのバスはいくつか路線があり、三崎口駅の目の前のバス停(2番線)から出ている

  • 三崎港行き
  • 通り矢行き
  • 城ケ島行き
  • 浜諸磯行き

のいずれかに乗り、三崎港というバス停で下車すれば到着です。(三崎口〜三崎港のバスの所要時間は15分程度)

バスもこれだけ路線があれば、待たずに乗ることができそうです。

◯車(マイカー)を利用した場合

都内方面から車で行くのであれば、

  • 横浜横須賀道路を使い「衣笠インター」下車
  • 料金所を直進して三浦縦貫道へ
  • 三浦縦貫道を抜けて国道134号線を三崎方面へ

というルートが一番早そうです。

先述した通り、花暮岸壁などは無料の駐車スペースが釣り場のすぐそばにありますので、車でもとても便利な釣り場です。

次のページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A