三崎港なら初心者家族でもそこそこ釣れる!360度カメラを持ってレポート

シェアする

城ケ島(おまけ)

三崎港11 https://tokyo360photo.com/misaki-harbor – Spherical Image – RICOH THETA

花暮岸壁での釣りを終えたあと、せっかく三崎港まで遠征してきたので城ケ島にも寄りました。

城ケ島にも車を横付けして釣りを楽しめるポイントがあり、三崎港と同様人気の釣りスポットです。

城ケ島での釣果

三崎港12 https://tokyo360photo.com/misaki-harbor – Spherical Image – RICOH THETA

筆者家族は広い場所は確保できなかったため、チョイ投げは諦めてサビキ釣りをすることに。

初めのうちは全然釣れなかったのですが、日が沈みかけた夕まずめのタイミングで急に釣れ始めました。

釣れた魚は「アイゴ」という魚です。

釣れてすぐにインターネットで調べてみると、見た目は毒々しくないにもかかわらず、背ビレ、腹ビレ、尻ビレに毒を持った魚でした。

リリースしようかと思ったのですが、食べれないこともないとのことだったので、とりあえずキッチンバサミでヒレを取り除いてクーラーボックスの中に。短時間でアイゴだけが5尾ほど釣れました。

三崎港のまとめ

今回の釣りは日帰りでしたが、次回は泊まりで行きたくなるほど楽しい釣行でした。春や秋にはアオリイカを狙えるポイントもあるようなので、そのタイミングでまた行きたいと思っています。

今までに行ったことのある釣りスポットはまだまだ少ないですが、個人的には

  • 市原海釣り公園(オリジナルメーカー)
  • 城南島
  • 若洲海浜公園
  • 大黒海釣り公園
  • 金谷港

の中では、今のところ一番お気に入りの場所です。

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A