戸田港の釣り場は水深が深くて色々狙える!ファミリーや初心者にもお勧めな各ポイントを360度写真付きで紹介

戸田港の概要

戸田港は静岡県沼津市の最南端地区、戸田にある漁港です。御浜岬に囲まれた天然の湾内にある良港で、古くから遠洋漁業の基地として活躍していました。

沖合には駿河湾の海底谷が広がっており深海魚が多く水揚げされます。中でも世界最大の甲殻類「タカアシガニ」が水揚げされることで知られていて、戸田の名物にもなっています。

周辺には戸田温泉を始め、深海魚やタカアシガニを使った料理を提供する食事処も多く、観光地としても人気の高いエリアです。

また、戸田港内の護岸や防波堤では釣りを楽しむこともできます。足場の良いポイントが多く、また観光客向けにトイレもありファミリーフィッシングにも向いている釣りスポットとなっています。

戸田港の釣り場

戸田港-釣り場の全体像

戸田港-釣り場の全体像

掲載している情報が古くなっていたり、新型コロナの影響で立入禁止や釣り禁止の場所が増えている場合があります。釣行の際は現地の看板や関係者の指示に従い、ルールを守って釣りを楽しみましょう。

戸田港は御浜岬に囲まれた湾内にあり、外海が荒れている時でも比較的穏やかなことが多い釣り場です。また、港内でも水深が深いのが特徴の一つで、それだけ狙える魚種も豊富な釣り場となっています。

釣りができるポイントも多く、港内の護岸の他に港の東側にある御浜岬にも釣りポイントが複数あります。いずれも足場は良く釣り初心者やファミリー層にも人気の釣り場です。

ただし、漁協前の護岸など一部釣りが禁止されている場所もあります。釣り場では現地の看板や関係者の指示に従って、ルールやマナーを守って釣りを楽しんでください。

戸田港の釣り場は大きく分けて

  1. 中央桟橋(フェリー乗り場)付近
  2. 道龍川河口付近の護岸
  3. 南側の護岸
  4. 御浜岬

の4つとなっています。

①中央桟橋(フェリー乗り場)付近

戸田観光協会観光案内所付近のポイントで、護岸にはフェリー乗り場にもなる中央桟橋があります。護岸には船が係留されてることが多いので、ロープに仕掛けを引っ掛けないよう注意して釣りを楽しみましょう。

足元でも十分に水深がありますので、釣り初心者の場合は無理に投げずに足元でのサビキ釣りがお勧めです。夏から秋にかけてはアジやイワシ、サバなどが狙える他、カマスが釣れることもあります。

また、胴突き仕掛けでヘチ際を探るとカサゴやメバル、カワハギなども狙え、釣れる魚種は豊富なポイントとなっています。

足場は良く、また観光案内所にトイレもありますのでファミリーフィッシングにも向いているポイントです。

②道龍川河口付近の護岸

道龍川河口の北側の護岸です。なお、道龍川を挟んで南側にある護岸は釣り禁止区域となっていますのでご注意ください。また、①と同じく護岸には漁船が係留されていることが多いので、船やロープの合間での釣りとなります。

こちらも足元から水深がありますので、足元でのサビキ釣りも可能です。朝マヅメや夕マヅメの回遊にタイミングに合えばアジやイワシ、サバなどの数釣りが楽しめます。小さなお子さんでも比較的簡単に釣果をあげられるでしょう。

また、河口に近いポイントではシーバスも人気のターゲットです。船やロープに注意が必要ですが、ルアーや泳がせ釣りで狙うことができます。サビキ釣りで連れたアジなどの小物を餌に泳がせ釣りをすると、意外な大物がヒットする可能性もありお勧めです。

③南側の護岸

湾の南側にある護岸のポイントです。①②と同じく垂直護岸となっています。船の係留場所となっていますので、漁業関係者の邪魔になってしまわないよう十分注意する必要があります。

こちらでもサビキ釣りでアジやイワシ、サバ、カマスなどが狙える他、フカセ釣りでメジナやクロダイも狙えます。

また、春や秋にはエギングでアオリイカの釣果実績もありますので、真新しいイカ墨跡を見つけたら積極的に狙ってみましょう。なお、春のアオリイカは型(サイズ)は大きいですが釣れづらく、秋のほうが型は小さいですが釣れやすい傾向にあります。エギング初心者の場合は秋口からスタートするほうが良いでしょう。

④御浜岬

戸田港の西側、湾を囲うように突き出た御浜岬のポイントです。岬の付け根付近は御浜海水浴場となっていて、夏には海水浴客がも多く訪れる岬となっています。

岬の内海側は基本砂地となっていますが、中間付近に1つ、先端付近に2つの防波堤ポイントもあります。

手前側の水深は浅いためある程度投げる必要がありますが、ルアー(ショアジギング)でイナダやソウダガツオなどの青物も狙うことができます。また、ぶっこみ釣りカサゴやムラソイなどの根魚も狙えます。(根がかりには注意が必要です)

アオリイカのポイントとしても知られていて、春や秋には多くのエギンガーが竿を振っています。

岬の先端付近にある防波堤は手前側でも水深があり、青物の好ポイントとして人気が高い釣り場となっています。ただし、あまりキャパは大きくないため釣座確保のハードルは高く、夏から秋にかけての青物シーズン中は釣座が埋まっていることが多いポイントです。

湾の入口が青物の通り道となっていますので、ショアジギングや弓角、遠投カゴ釣りで狙うと良いでしょう。

なお、御浜岬先端付近の外海側にある浜(サーフ)も青物の好ポイントとして知られています。その日の風向きに応じて釣り場を選択しやすいの嬉しい特徴の一つです。

係留船での釣り

戸田港は護岸や防波堤からの釣りだけでなく、湾内に停泊している船で釣りができる渡し船サービスがあります。湾内ではありますが沖合に停泊している船なので、水深は30~40メートルと非常に深い場所での釣りが楽しめます。

また、御浜岬に囲まれた湾内は波がとても穏やかで、船釣りが苦手な方でも比較的酔いづらいのが嬉しいポイントです。

料金は2,500円ほどで、沖堤防への渡し船と同じくらいの料金感で沖釣りを楽しむことができます。

狙える魚種はもちろん護岸や防波堤よりも多く、イナダやカンパチ、ソウダガツオなどの青物の他に鯛やタチウオなど多種多様です。アジなどの定番の魚も狙えるのですが、陸からとは違い尺を超えるような大きなアジが釣れることも珍しくありません。

陸からの釣りに慣れてきたら、ぜひ大物を狙って係留船での釣りがお勧めです。

現在、係留船での釣りサービスを行っているのは「戸田 たか丸」「ちどり丸」の2つの船宿さんとなっています。

戸田港で釣れる魚

防波堤で釣れたカマス

  • メバル
  • カサゴ
  • アオリイカ
  • シーバス
  • クロダイ
  • メジナ

  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • イナダ
  • ソウダガツオ
  • カマス
  • タカベ
  • シロギス
  • メジナ
  • シーバス
  • クロダイ
  • ハタ

  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • イナダ・ブリ
  • ショゴ・カンパチ
  • カマス
  • アオリイカ
  • ヒラメ
  • タチウオ
  • シロギス
  • メジナ
  • シーバス
  • クロダイ
  • ハタ

  • カサゴ
  • メバル
  • ソイ
  • タチウオ
  • クロダイ

戸田港でお勧めの釣法と仕掛け

ファミリーはサビキ釣りがお勧め

子連れファミリーや釣り初心者さんの場合は、比較的釣果のあげやすいサビキ釣りからスタートするのがお勧めです。戸田港にはサビキ釣りに向いているポイントも多数あり、投げずに足元でのサビキ釣りでも十分に釣果が期待できます。

小さなお子さんでも朝マヅメや夕マヅメなど時合のタイミングでは、アジやイワシ、サバなどの数釣りが楽しめるでしょう。

その時に回遊してくる魚のサイズに対応できるよう、サビキ仕掛けの号数は複数用意しておくのが理想です。特に子連れファミリーの場合は、小さな魚でも釣れることが大事だと思いますので、必ず針が小さい1号針のサビキ仕掛けも持参することをお勧めします。

釣具屋さんでは1号針のサビキ仕掛けを置いていないことも多いので、事前にネットで買っておきましょう。

Amazonでサビキ仕掛け1号を検索

なお、回遊魚狙いの場合は釣れた魚が暴れて、仕掛けがぐちゃぐちゃに絡まってしまうことも多いので、仕掛けは余分に持って行くようにしましょう。

アミコマセ

サビキ釣りで使う撒き餌(アミコマセ)は、釣具屋さんで販売している冷凍のブロックになったアミコマセが一番集魚効果が高く、釣果も出しやすいです。ただし、冷凍ブロックのアミコマセは買い置きが難しかったり、解凍する手間があったりと不便な面もあります。

釣行の際に釣具屋さんに寄らずに直接釣り場に行くなど手間を省きたい場合は、パックのアミコマセを事前に買っておくと良いでしょう。ただし、パックのアミコマセを購入する際は「アミ姫」にすることを強くお勧めします。パックのアミコマセにはタイプや種類が豊富ですが、筆者の経験上ではアミ姫が集魚力や使い勝手がダントツに良いです。

ジグサビキもお勧め

釣りに慣れてきたら「④御浜岬」のポイントなどで青物を狙ってみるのも良いでしょう。エサ釣りよりお難易度は上がりますが、『ジグサビキ』で青物狙いもお勧めです。ジグで青物を狙いつつ、同時にサビキ部分ではアジやサバなどが釣れることもあります。

ジグがセットになった仕掛けも販売されていますので、初めてジグサビキに挑戦する方はセットを購入すると良いでしょう。

戸田港へのアクセス

東名高速道路の「沼津インターチェンジ」から車で約1時間の距離です。

電車

近くに電車の駅はないため、電車釣行には不向きな釣り場で、バスも併用する必要があります。最寄り駅は伊豆箱根鉄道駿豆線の「修善寺駅」で、修善寺駅から戸田行きのバスに乗り「戸田」下車となります。

戸田港近くの釣具屋

由喜商店

戸田港の漁協近くにある釣具屋さんです。港内の護岸ポイントからは徒歩圏内なので餌の買い足しなどに便利です。

  • 住所:静岡県沼津市戸田547-8
  • 電話番号:0558-94-2750

原田釣具店

戸田港から車で40分ほどの場所にある釣具屋さんです。

  • 住所:静岡県伊豆の国市北江間1400-2
  • 電話番号:0559-46-0345
  • 営業時間:8時半~20時
  • 定休日:水曜

つり具の上州屋 三島函南店

戸田港から車で45分ほどの場所にある釣具屋さんです。チェーン展開する大型の店舗で品揃えが豊富です。

  • 住所:静岡県田方郡函南町塚本152-3
  • 電話番号:055-979-6822
  • 営業時間:日によって異なるため公式サイトをご確認ください
  • 定休日:年中無休
  • 公式サイト

戸田港近くのその他釣りスポット

土肥港

土肥港は戸田港から南へ車で25~30分ほどの場所にある大きな港です。駿河湾フェリーの発着場が隣接する他、温泉や海水浴場などが周辺にあり、観光やレジャースポットとしても人気のエリアに位置しています。

また、港内には釣りができる護岸や防波堤があり、釣りスポットとしても知られています。近くに人気の釣り場であるコバルト堤防があるためか、比較的穴場となっているのが魅力の一つです。

狙える魚種は豊富で、サビキ釣りで定番のアジやイワシ、サバのほか、カゴ釣りやジギングで青物、エギングでアオリイカやタコなど様々な魚種を狙うことができます。

土肥港について、以下の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
土肥港の釣り場は狙える魚種が豊富!ベテラン向けから初心者にもお勧めな各ポイントを360度写真付きで紹介

木負堤防

木負堤防は戸田港から北東へ車で30分ほどの場所にある、人気の釣りスポットです。全長約310メートルの堤防が沖に向かって一直線に伸びていて、駿河湾の奥まった場所に位置しているにも関わらず魚影が非常に濃い釣り場となっています。

転落防止などの柵は無いためライフジャケットは必須ですが、足場は良く堤防の幅も広いためファミリーフィッシングにも向いている釣り場と言えるでしょう。

狙える魚種は豊富で、サビキ釣りで定番のアジやサバ、イワシなどはもちろん、イナダやソウダガツオなどの青物も狙えます。またエギングでのアオリイカ、フカセ釣りでクロダイなども人気のターゲットとなっています。

木負堤防については、以下の記事でも詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
木負堤防は人気の釣りスポット!狙える魚種や各ポイントを360度写真付きで紹介

宇久須港

宇久須港は戸田港から南へ車で40分ほどの場所にある港です。駿河湾に面した伊豆半島西側のほぼ中央付近に位置し、周辺には宇久須温泉などの観光エリアもあります。

港内の防波堤で釣りができる他、サーフエリアもあり砂浜からの釣りも楽しめる釣り場です。港は宇久須川の河口近くにあり魚影が濃く、また狙える魚種も豊富なことから西伊豆ではトップクラスの人気を誇る釣りスポットとなっています。

足場の良いポイントから大型の青物が狙えるテトラ帯など、釣り初心者からベテランまで幅広い層が楽しめる環境が揃っています。

宇久須港については、以下の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
宇久須港の釣り場は青物からアオリイカまで色々狙える!ファミリーにもお勧めな各ポイントを360度写真付きで紹介

静岡県のその他釣りスポット

静岡県には戸田港の他にもまだまだたくさんの人気釣りスポットがあります。アクセスしやすい場所や穴場な釣り場、車を横付けして楽しめるポイントなど特徴も様々です。

以下の記事では、静岡県内の釣りスポットの中からファミリーフィッシングにも向いている釣り場を中心に紹介しています。静岡県での釣行の際にぜひご参考ください。
静岡県の釣り場25選!ファミリーや初心者にもお勧めなポイントや狙える魚種を360度写真付きで紹介

戸田港のまとめ

戸田港のある湾は水深がある分釣れる魚種が豊富で、足場の良い陸っぱりからでも大物が狙いやすいのが人気のポイントとなっています。

東京からだと車で3時間ほどとかなり距離がありますが、周辺には戸田温泉があり観光も同時に楽しめますので、観光と釣りをセットで楽しめば遠征するメリットも大きくなるかと思います。

港内には常夜灯もあり夜釣りにも向いている釣り場なので、観光がてら夜に少し竿を出すプランも良いでしょう。

最後に、近年釣り人のマナーの悪さがテレビやインターネットで話題となっています。釣り人のマナーの悪さから釣り禁止となってしまった港や防波堤も増えてきています。

  • ゴミは持ち帰る
  • 餌で汚したら掃除をする
  • 釣り禁止の場所で釣りをしない
  • 立入禁止の場所には入らない
  • 迷惑駐車はしない

など、釣り人としてのルールやマナーを徹底して守り、貴重な釣り場がこれ以上なくならないよう一人ひとりが心がけて釣りを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました