水元公園で野鳥観察のススメ。23区内最大のバードウォッチングスポットを360度写真付きで紹介

水元公園の概要

水元公園は東京都葛飾区にある都立公園です。敷地面積は96万平方メートル以上あり23区内では最大規模を誇ります。また、その名の通り広い敷地のうち約255,000平方メートルは池となっていて、都内最大の水郷公園となっています。

広い芝生広場や背の高いポプラ並木やメタセコイヤなど緑が豊富なことに加え、都内では珍しいオニバスが自生しているなど多彩な水生植物を観察できる公園として知られています。中でも花菖蒲園は約100種14,000株もあり、見頃となる6月には『水元公園葛飾菖蒲まつり』が開催されます。

他にも園内には

  • キャンプ場
  • バーベキュー上
  • フィールドアスレチック
  • 水遊びができるせせらぎ広場
  • ドッグラン
  • 金魚展示場
  • 水生植物園
  • バードサンクチュアリー

などたくさんの施設があり、老若男女たくさんの方が楽しめる魅力あふれる公園となっています。

水元公園はバードウォッチングも最適!

水元公園は規模の大きな池や湿地帯に加え、周辺には林や草原などの自然が多く残されていて水鳥が生息しやすい環境が整っています。

一年を通して水元公園に生息している留鳥も多数いる他、夏の間だけ海外から飛来して繁殖を行う夏鳥、冬にだけ訪れて越冬する冬鳥などの渡り鳥の生息地にもなっていて、季節ごとに多種多様な野鳥を観察できる都内屈指のバードウォッチングスポットです。

広大な池や湿地帯があるためカモ類やサギの仲間などの水鳥を観察できることはもちろん、バードウォッチングをする方に人気のカワセミも高確率で出会うことができます。園内には『水元かわせみ里』という施設があるほど、カワセミのメッカとして知られています。

また、オオタカなどの猛禽類も水元公園でのバードウォッチングでは観察することが可能です。

水元公園で見られる野鳥

留鳥(一年を通して出会える鳥)

留鳥とは繁殖や子育て、越冬などを一定の場所で行う鳥です。渡り鳥のような季節に応じて生息する場所を変える鳥ではありませんので、季節にかかわらず出会える鳥です。ただし、小さい鳥は木の葉っぱが散って枝だけになっている方が見つけやすいなど探しやすさは季節ごとに違いがあります。

  • アオサギ
  • アカゲラ
  • ウグイス
  • エナガ
  • オオタカ
  • オナガ
  • カルガモ
  • カワウ
  • カワセミ
  • カワラバト
  • カワラヒワ
  • キジバト
  • ゴイサギ
  • コゲラ
  • コサギ
  • シジュウカラ
  • スズメ
  • セグロセキレイ
  • ダイサギ
  • ツミ
  • ハクセキレイ
  • ハシブトガラス
  • ハシボソガラス
  • バン
  • ヒバリ
  • ヒヨドリ
  • ムクドリ
  • メジロ
  • モズ
  • ヤマガラ

アオサギ

菖蒲とアオサギ

アオサギは体長が90センチ以上にもなる、日本で見られるサギの仲間では最大の鳥です。体が大きく見ごたえがあることからバードウォッチングではとても人気の野鳥となっています。

成鳥は足や首がスラリと長く、頭には黒い冠羽があります。背(翼)部分は灰色ですが、それがくすんだ青色に見えるのがアオサギという名前の由来と言われています。(諸説あります)

アオサギは浅い水辺で魚や両生類などの捕まえて食べていますが、時に小鳥を捕食することもあります。また、他の鳥から獲物を横取りすることでも知られています。

エナガ

木の枝にとまるエナガ

エナガは柄杓の柄のような長い尾羽が特徴的な小さな鳥です。全長は尾羽を含めると13~14センチほどあり、また胴体の部分も羽が丸く膨らんでいるため実際より大きく見えますが、実際はとても小さい鳥で体重は8グラムほどしかありません。

スズメの体重が24グラムほどなので、スズメの半分以下の体重です。日本で一番小さい『キクイタダキ』の5グラムに次いで、日本で二番目に小さい鳥となっています。

漂鳥

漂鳥とは日本国内で季節に応じて生息場所を変える鳥です。それに対し、移動する距離が長く日本と国外とを行き来する鳥は渡り鳥と呼ばれています。

漂鳥は暖かい季節には北の地域や標高の高い場所に生息し、寒い季節になると南の地域や低地に移動して越冬します。

水元公園では基本、晩秋から冬、春の初頭にかけて出会える可能性が高い鳥たちです。

  • アオジ
  • オオバン
  • オシドリ
  • カイツブリ
  • クイナ
  • シメ
  • マガモ
  • ルリビタキ
  • キクイタダキ

オオバン

水面を泳ぐオオバン

オオバンはツル目クイナ科の水鳥です。体長は40センチ弱あり、クイナの仲間では最大となっています。真っ黒い体に真っ白いクチバシとおでこというシンプルな配色が特徴的です。

足には水かきがあり水面を泳ぐのが得意です。水面近くにある水草の葉や種子を食べたり、潜水して水生植物の茎を食べたりします。また、雑食性で時には魚や昆虫を捕食することもあります。

アオジ

枝の上のアオジ

アオジは体長16センチほどで、スズメよりやや大きな小鳥です。

翼は茶褐色で模様などもスズメに似ているためよく間違えられますが、胸から腹にかけて緑がかった薄い黄色の羽毛が特徴。アオジの『アオ』は緑色も含めた古い意味での青が由来と言われています。

夏に北海道や本州北部で繁殖を行い、冬になると積雪の殆どない地域へと移動して冬を越します。中にはロシアや中国から越冬するために日本に飛来する種のアオジもいます。

夏鳥

夏鳥とは、暖かい春~夏の季節に日本国内に飛来し繁殖活動を行い、秋には日本を離れ国外で越冬する渡り鳥たちのことです。

  • アカハラ
  • オオヨシキリ
  • オオルリ
  • キビタキ
  • コマドリ
  • サンコウチョウ
  • チュウサギ
  • ツバメ
  • ヒクイナ
  • ヤブサメ

オオヨシキリ

ヨシの葉にとまるオオヨシキリ

オオヨシキリは体長18センチほどの小さな野鳥です。夏場に飛来して繁殖活動を行い、冬は熱帯地域へ渡り越冬し、また暖かい季節に日本に戻ってきます。

頭部から背中(翼)にかけてはスズメのように茶褐色で、首元から胸、腹にかけては白い羽毛となっています。

食性は動物食で、昆虫を捕まえて食します。イネ科のヨシ(アシ)を切り裂いて中の昆虫を捕食することから、オオヨシキリという名前がつきました。夏場にヨシが群生する湿地帯などを探すと見つけやすい野鳥です。

オオルリ

枝にとまっているオオルリ

オオルリは体長約16センチほどの野鳥です。メスは背中側が茶褐色で腹が白と地味なのに対し、オスはその名の通り背中側が濃い青(瑠璃色)に腹が白ととても美しい色を持っています。

夏場に日本に訪れ繁殖活動を行い、冬になると東南アジアなどに移動して越冬し、また暖かい季節に日本に戻ってくる夏鳥です。

とても目立つ色をしていますが、木の高い場所にとまっていることが多く見つけるのが難しいと言われています。ゆっくりと「ピリーリー、ポィヒーリー、ピールリ、ピールリ、ジィ、ジィ」と美しい特徴的なさえずりをしますので、声を頼りに探してみると良いでしょう。

冬鳥

冬鳥は秋から冬にかけて日本国内に訪れ越冬する渡り鳥です。春には日本を離れて北へ移動し、繁殖や子育てを行い、また寒い季節に日本に戻ってきます。

  • アトリ
  • アメリカヒドリ
  • オオジュリン
  • オナガガモ
  • カンムリカイツブリ
  • キンクロハジロ
  • コガモ
  • ジョウビタキ
  • シロハラ
  • スズガモ
  • タシギ
  • タヒバリ
  • ツグミ
  • ハシビロガモ
  • ハジロカイツブリ
  • ヒドリガモ
  • ホシハジロ
  • マヒワ
  • ユリカモメ
  • ヨシガモ

キンクロハジロ

水面に浮かぶキンクロハジロ

キンクロハジロは体長40~45センチほどの、カモ目カモ科に属する野鳥です。

カモの仲間ですが名前にカモは入っておらず、目の周りが黄色、頭部や背中、胸が黒、腹や翼の一部が白というオスの見た目が名前の由来となっています。なお、メスはオスに対して地味な色で体全体が茶褐色です。

夏場にシベリアやヨーロッパの北部など北の地域で繁殖活動を行い、冬に日本等に飛来して越冬します。水に潜って小魚を捕食したり、飛び立つ際に水面を除草するなど見るものを楽しませてくれる野鳥となっています。

ヒドリガモ

群れで水面を漂うヒドリガモ

ヒドリガモはオスの体長が約50センチ、メスが40センチほどのカモです。マガモやコガモと同様、日本ではよく目にするポピュラーなカモとなっています。

見た目はオスのほうが派手な色合いとなっていて、顔は茶色いがベースに額から頭頂部にかけてクリーム色のラインが入っています。背中側は灰色ですが尾羽根に近い先の方は美しい黒色となっています。

ユーラシア大陸の北部で繁殖を行い、越冬のために日本などに渡ります。日本では冬に全国で観察することができます。淡水の池だけでなく、海上や海岸でみかけることも多い野鳥です。

水元公園の野鳥観察ポイント

水元公園の広い園内はいたるところに水辺や湿地帯、林や草原、背の高い木々の並木道などがあり、公園全域がバードウォッチングスポットとなっています。環境ごとに見られる野鳥の種類も豊富で、一日中楽しむことが可能な規模です。

全てを歩いて回るにはかなりの時間を要しますので、時間短縮したい場合はレンタサイクルを利用すると良いでしょう。2時間あたり200円で借りることができます。(詳細は公式サイトをご確認ください)

公園全体の色んな場所で野鳥観察が可能ですが、中でも人気のポイントは

  • バードサンクチュアリ
  • 小合溜井
  • 水辺ゾーン(ガマ田)
  • ごんぱち池
  • 水辺のさと
  • 中央広場
  • 水元かわせみ里・かわせみの池

などが挙げられます。

バードサンクチュアリ

水元公園にはバードサンクチュアリと呼ばれる、野鳥が暮らしやすい環境を保全するために人の立入りを制限し、環境を保全しているエリアがあります。公園の北側、中央広場の東側がバードサンクチュアリとなっています。

バードサンクチュアリは、野鳥の環境保全だけでなくバードウォッチングなどの自然体験ができるようにも整えられていて、水元公園のバードサンクチュアリには野鳥観察舎が設置されています。

水元公園には複数の野鳥観察舎が設置されていますが、バードサンクチュアリ沿いに設けられている『第5観察舎』が人気のスポットです。

壁には観察窓があり、小窓越しにバードサンクチュアリ内の野鳥たちを観察することができます。ただし、動物園とは異なり自然が相手なので、必ず小窓から見える範囲に野鳥がいるとは限りません。また、警戒心の強い野鳥が逃げてしまわないよう、静かにそっと小窓を覗いて静かに観察を楽しみましょう。

小合溜井

水鳥が浮かぶ水元公園の小合溜井

小合溜井(こあいためい)は水元公園の東側を囲むように細長い形をした池です。もともとは古利根川の一部ですが、1729年に水害防止や灌漑用水を調整するための遊水池として設けられました。

小合溜井にはカモ類などの水鳥がよく観察できます。小合溜井自体がとても広いのですが、水辺の多くは遊歩道となっていて野鳥を観察しながらお散歩を楽しむのにも適しています。

また、水辺付近にはポプラ並木など背の高い木も植樹されているエリアがあり、背の高い木の上にはカモなどを狙うオオタカが姿を表すこともありますので、池だけでなく頭上もよくチェックすると良いでしょう。

水辺ゾーン(ガマ田)

第一駐車場からポプラ並木を超えたあたりに、水辺ゾーン(通称:ガマ田)と呼ばれる湿地帯のエリアがあります。

夏場はヨシなどの草が生い茂っていて少々野鳥を探しづらいですが、夏鳥のオオヨシキリが昆虫を食べに集まってくることも多々ありますので、チェックしてみると良いでしょう。

また、湿地帯に続く水路にカワセミが姿を表すこともあります。

水元かわせみ里・かわせみの池

水元公園の西端近くに『水元かわせみの里』という水質浄化センターがあります。小合溜井の水質を浄化し、昔生息していた生き物たちを呼び戻すことを目的とした施設で、施設内には小合溜井の歴史が学べる展示物などもあります。

また、施設には『かわせみの池』が隣接していて、その名の通りカワセミがよく訪れるスポットとして知られています。

カワセミを観察しやすいように野鳥観察舎が設置されていて、闇雲にカワセミを探すよりは高い確率でカワセミに出会えるポイントとなっていますので、水元公園でバードウォッチングをする際は必ず足を運びたいスポットとなっています。

水元公園へのアクセス

水元公園の場所(地図)

電車

水元公園の最寄り駅はJR常磐線・東京メトロ千代田線の『金町駅』で、駅から公園までは20分弱の距離です。なお、金町駅から『水元公園バス停』まで京成バスを利用することもできます。

駐車場

水元公園には専用の有料駐車場が複数備わっています。料金体系はいずれも同じで

  • 最初の1時間:200円
  • 以降30分ごと:100円
  • 入庫後12時間最大料金:800円(繰り返し適用)

とリーズナブルです。駐車場の営業時間は24時間営業となっています。

なお、夏休み等のハイシーズン中は満車となることも多々ありますので、満車の場合は近隣のコインパーキングを利用しましょう。

水元公園の野鳥に関するツイート

参考になる動画

68 rozpa さんの動画

動画前半ではカワセミの里でモズやアオジ、カモ類などを撮影されています。また、オオタカの撮影にも成功している動画です。カワセミはカワセミの里ではなく、水路にて出会ったようです。

その他にも、バードサンクチュアリーの観察窓からの映像もあります。

ハッピー体験TV

野鳥の動画ではありませんが、水元公園を紹介する動画です。水元公園の様子がよくわかる動画ですので、行く前にチェックすると良いでしょう。

東京都内のその他バードウォッチングスポット

水元公園のある東京には、まだまだたくさんのバードウォッチングスポットがあります。大都会であるにも関わらず、野鳥が生息できる自然が残された場所も点在していて、観察できる野鳥も意外に豊富です。

以下の記事では、東京都内にあるバードウォッチングスポットを厳選して紹介しています。

東京都内の野鳥観察スポット20選!バードウォッチングに最適な公園などを360度写真付きで紹介します

都内なのでアクセスの便は良く、また基本は公園など遊歩道が整備された歩きやすい場所となっていますので、バードウォッチング初心者でも気軽に野鳥観察を楽しめる環境ばかりです。

東京都内で野鳥観察をする場合は、ぜひご参考ください。

水元公園の基本情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました