ムーミン谷で童話の世界に浸る!あけぼの子どもの森公園を360度写真付きでレポート。

シェアする

ムーミンの世界を満喫!あけぼの子どもの森公園

あけぼの子どもの森公園 入口付近 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

今回紹介するのは埼玉県飯能市にある「あけぼの子どもの森公園」です。この公園は、フィンランドの絵本で有名なムーミンの世界をモチーフにした公園です。公園内には、ムーミンの家など童話の世界から飛び出してきたような建物が点在しており、ムーミンのぬくもりを感じながら楽しむことができます。

ムーミン屋敷 2F01 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

ムーミンの家

外観

ムーミン屋敷の外観02 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

まるでキノコのような形をしたのがムーミンの家(屋敷)です。二つのキノコが寄り添って生えているような可愛らしい外観で、暖かい季節には屋根に草が茂り、もっとファンタジーな姿になるようです。
(この360度写真を撮影したのが2月だったので、寂しい感じの写真になってしまいました…暖かくなったタイミングでまた行きたいと思っています)

ムーミン屋敷裏の小川 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

ムーミンの家の裏には本当に小さな小さな小川が流れています。

キッチン

ムーミン屋敷 1Fキッチン https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

ムーミンの家は外から眺めるだけでなく、家の中に入ることもできます。

玄関を入って右手の方に、まずはキッチンとダイニングの部屋があります。こぢんまりとした部屋に、異国情緒と温かみのある家具が置いてあり、張りぼてではなく本格的なつくりとなっています。ダイニングテーブルの椅子には実際に腰掛けることができ、友達同士でテーブルを囲んで雑談している方もいました。

リビング

ムーミン屋敷 1Fリビング https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

玄関を入って左手はリビングとなっており、ソファーや暖炉などがあります。こちらもソファーに実際座ることも可能です。

リビング奥の壁沿いには階段があり、2階へと続いています。

二階へと続く階段1

ムーミン屋敷 中二階 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

階段の途中には中二階のような場所が設けられており、まるで迷路のような不思議な作りをしています。

二階へと続く階段2

ムーミン屋敷 2階に続く階段 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

中二階から二階へと続く階段。幅は狭く、絵本の中に迷い込んだかのように感じます。

二階の部屋1

ムーミン屋敷 2F01 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

階段を上り終えると、小部屋や隠し部屋のようなものもある不思議な部屋があります。天井がユニークなので、ぜひ360度写真で上を見上げてみてください。

二階の部屋2

ムーミン屋敷 2F02 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

二階の部屋を奥へ進むと、寄り添う隣のキノコ(建物)の部屋につながっています。その部屋には、屋根裏に続く階段が設置されています。

屋根裏

ムーミン屋敷 3F https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

屋根裏と言っても、屋根に添ってぐるっと回れる廊下(体育館の二階のギャラリーのような感じ)となっています。迷路や秘密基地のような作りでワクワクするのですが、残念ながら屋根裏の廊下は小さく、子供しか入れない広さでした。

外階段からの眺め

ムーミン屋敷 外階段からの眺め https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

ムーミン屋敷には外階段があり、そこから公園を眺めることもできます。

水浴び小屋

ムーミン谷 水浴び小屋01 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

ムーミンの家から小川に沿って公園の奥の方に行くと、池の上に建てられたとんがりお屋根の小屋があります。スナフキンが釣りをしている姿を連想させる水浴び小屋ですね。

水浴び小屋の中

ムーミン谷 水浴び小屋の中 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

水浴び小屋の中には特に何もありませんが、こちらも橋を渡って入ることができます。

水浴び小屋の池

ムーミン谷 水浴び小屋の池 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

池には大きい鯉が泳いでいました。ムーミンをよく知らない子供たちは、水浴び小屋よりも鯉の方に興味津々?

森の家(資料館)

ムーミン公園 森の家外観 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

ムーミンの家から水浴び小屋とは反対方向の丘を少し登ると、森の家と呼ばれる資料館があります。ムーミンの家同様、自然をモチーフしたデザインで、木の温もりを感じられる建物です。

森の家一階

ムーミン公園 森の家1F – Spherical Image – RICOH THETA

森の家の一階は資料館となっており、ムーミンの作者トーベ・ヤンソンに関する資料が展示されています。

森の家二階

ムーミン公園 森の家2F https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

森の家の二階は、ムーミンに関する本や絵本などを自由に読むことができる、小さな図書室となっています。木製のイスとテーブルが設置されていて、親子で座ってゆっくり絵本を楽しむことができます。

子ども劇場

ムーミン公園 子ども劇場01 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

ムーミン屋敷と森の家の間には、子ども劇場というこれまた一風変わった建物があります。下の階は管理事務所とトイレがあり、上の階は広いホールとなっており、自由に出入りすることができます。

多目的ホール

ムーミン公園 子ども劇場1F https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

このホールではミニコンサートなども行われるようです。他の建物と同様に天井が特徴的。樹齢100年以上の檜の丸太で支えられています。

子ども劇場の屋根

ムーミン公園 子ども劇場 屋根のオブジェ https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

子ども劇場の屋根には、お化けのような飾りが並んでいました。

子ども劇場の上から見下ろす

ムーミン公園 子ども劇場からの眺め https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

子ども劇場の上から、ムーミン屋敷のある公園を一望することができます。緑がいっぱいの夏の晴れた日に見下ろしたらもっと雰囲気が全然違っていたんだろうなぁ・・・と思います。

あけぼの子どもの森公園は駐車場が無料!

あけぼの子どもの森公園 駐車場 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

あけぼの子どもの森公園には、駐車場が併設されており、嬉しいことに無料です!第二駐車場まであり、隣接する市民体育館等と共用ではありますが、250台収容可能な大きな駐車場です。

あけぼの子どもの森公園 第二駐車場 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

駐車場から公園に向かう坂道。下の方には第二駐車場が見えます。

まとめ

ムーミン屋敷の外観01 https://tokyo360photo.com/moomin-akebono-park – Spherical Image – RICOH THETA

今回あけぼの子どもの森公園に行ったのは2月の曇りの日。ちょっと残念雰囲気の360度写真になってしまったので、次回は新緑溢れる春から夏を狙って行きたいと思います。

なお、同市(埼玉県飯能市)には、このムーミン谷とは別に、新たなムーミンの世界をモチーフにしたテーマパークがオープンするそうです。メッツァ(フィンランド語で「森」という意味)と名付けられたそのテーマパークは2つのエリアからなる大規模なもので、公園のほか宿泊施設やレジャー施設、美術館なども併設される予定とのことです。

ムーミンファンもそうでない方も、ぜひ行ってみたいですね。

メッツァの紹介ビデオ

あけぼの子どもの森公園の基本情報

  • 開演時間:9時~17時
  • 休園日:
    月曜日(祝日の場合は翌平日)
    年末年始(12/28~1/4)
  • 入園料:無料
  • 駐車場:あり(無料)
  • 住所:埼玉県飯能市大字阿須893-1
  • 最寄り駅:西武池袋線「元加治駅」徒歩20分
  • 公式サイト:https://www.city.hanno.lg.jp/akebono

あけぼの子どもの森公園のクチコミ・評判





スポンサーリンク
AdSense_PC_336A