瀬底大橋は沖縄屈指の絶景スポット!立ち寄らなきゃもったいない観光名所を360度写真付きで紹介

瀬底大橋の概要

瀬底大橋は、沖縄本島の北部にある本部(もとぶ)半島と瀬底島とを結ぶ全長726メートルの橋です。1979年11月から架橋のための工事が始まり、5年3ヶ月後の1985年2月に開通しました。総工費は約57億円で規模の大きなプロジェクトであることがわかります。

開通当時は沖縄県内で最も長い橋となり、県内外からたくさんの観光客が訪れる新たな観光名所が誕生することとなりました。現在では泊大橋や古宇利大橋など、沖縄本島内にも瀬底大橋より長い橋が複数架けられ1位の座を明け渡して久しいですが、その景観の良さから今でも沖縄随一の絶景スポットとして人気の高い橋となっています。

瀬底島の砂浜に残る小さな波止

定期船に使われいた小さな波止が今でも残っています

なお、瀬底大橋の開通前は定期船が島に渡る唯一の手段でした。瀬底島の島民は離島であることの不便さに長年苦しめられてきましたが、瀬底大橋が開通することで離島苦から開放されることとなります。

また、島民の生活道としてはもちろんのこと、美しい自然が残る瀬底島は瀬底大橋が開通することで観光スポットとしても注目を集め、瀬底島の観光産業にも大きく貢献しています。

島民はこの宝物とも言える橋を、愛着を持って「黄金橋(ぐがにばし)」と呼んでいるそうです。

瀬底大橋の魅力

高さ25メートルからの絶景

瀬底大橋-橋の上から見下ろす海

瀬底大橋最大の魅力は、なんと言ってもその景観の美しさにあります。橋の高さは約25メートルもあり、真っ青な沖縄の空と海に挟まれた橋の上からの眺めは正に絶景。沖縄県民はもちろん、観光客からも人気のドライブコースとして知られています。

なお、瀬底大橋には歩道があるので歩いて渡ることも可能です。橋は片側一車線で車を途中で停めることはできませんので、ゆっくり絶景を堪能したい場合は徒歩で渡りましょう。

瀬底島に渡ってすぐの場所に、無料の「本部町瀬底島公園駐車場」があり、歩いて渡りたい際には便利です。

高さ25メートルの橋から見下ろす沖縄の海は格別で、他ではなかなか見ることができない絶景となっていますので、せっかく瀬底大橋に訪れた際は徒歩でも渡ることをお勧めします。

橋の袂「アンチ浜」からの眺めも最高

アンチ浜から見上げる瀬底大橋

アンチ浜は瀬底島の東側にある天然のビーチです。瀬底大橋の袂にあり、瀬底大橋を見上げる壮大な景観となっています。

真っ白い砂浜から眺める海は珊瑚礁が作るエメラルドグリーンからコバルトブルーへと変化する鮮やかなグラデーション。また、右手の頭上からは沖縄本島に真っ直ぐ伸びる瀬底大橋があり、見るものを魅了します。

海水浴場として人気の高いビーチですが、泳がずに空と海と瀬底大橋とが作り出す絶景を眺めるだけでも十分に価値の高いスポットです。

なお、海水浴シーズンにはトイレやシャワー(有料)などの設備や、海の家やバーベキュー施設などもオープンしますので、時間があればアンチ浜での海水浴もお勧めです。色とりどりの熱帯魚も多く、シュノーケリングスポットとしても人気が高いビーチとなっています。

瀬底大橋展望台

瀬底大橋展望台から見る瀬底大橋

こちらも瀬底島の東側、瀬底大橋の袂近くにある絶景スポットで、瀬底大橋を一望することができる展望所です。

無料の駐車場が備わった公園に隣接していて、トイレなどの設備もあります。アンチ浜なども歩いてすぐの場所となっていますので、こちらの車を駐めて瀬底大橋を歩いて渡ったり、アンチ浜を散策したりすると良いでしょう。

瀬底大橋へのアクセス

那覇空港から瀬底大橋へは高速道路を利用して1時間30分ほどの道のりです。高速道路を利用せずに国道58号線から行くと2時間ほどですが、沖縄らしい風景を楽しみながらドライブすることができますので、下道のルートもお勧めです。

瀬底島とは

瀬底大橋のある瀬底島は、周囲約8キロメートルの小さな離島です。住所としては沖縄県の本部町に属しています。

人口は千人にも満たない島ですが、瀬底大橋開通後は観光・レジャースポットとして人気が出て、毎年海水浴シーズンには多くのレジャー客が訪れます。

中でも島の西側にある瀬底ビーチは透明度抜群のビーチとして知られていて、県内の数あるビーチの中でも非常に人気の高いビーチとなっています。

また、瀬底大橋の絶景や白砂のビーチの他にも、島内にはおしゃれなカフェが複数あり観光客を楽しませてくれます。

瀬底大橋のまとめ

瀬底大橋と瀬底島

瀬底大橋は、沖縄の定番観光スポット「美ら海水族館」まで車で10~15分ほどで、また美ら海水族館へ行く際にはすぐ近くを通ることになります。

海水浴はせずに瀬底大橋を歩いてみたり、アンチ浜からの絶景を眺めたりするだけなら小1時間もあれば楽しめますので、美ら海水族館に行く際は瀬底大橋に寄り道することをお勧めします。

沖縄の離島でしか味わえない絶景が待っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました