東扇島西公園釣り場を360度カメラレポート!初心者家族の釣果は?

東扇島西公園の概要

東扇島西公園は、神奈川県川崎市にある人工島「東扇島」に設けられた海沿いの公園です。釣りが許可されており、都心からのアクセスも良いことから連日たくさんの釣り人で賑わっています。

2019年の台風19号で被害が発生し一時閉鎖に追い込まれていましたが、復旧が進み11月1日より一部開放されています。2020年3月現在でも、まだ一部立入禁止区域がありますので、禁止されている危険な区域には立ち入らないようご注意下さい。

上の360度写真の通り、奥の方の釣り場はバリケードが設置されていて入ることができません。先端が釣りの好ポイントとして有名だっただけに、全面復旧が待ち遠しいですね。

東扇島西公園の釣り場

東扇島西公園-360度写真-03

東扇島西公園-360度写真-03-CLICKでSTART

東扇島西公園には約550メートルの長さの護岸があり、釣りが許可されています。(2020年3月現在、先端の一部が立入禁止となっています)

足場は広く、護岸には柵が設けられているため小さなかお子さんが海に落ちてしまう心配もありません。公園入口付近にトイレもあり、ファミリーフィッシングにも最適な釣り場となっています。

混雑状況

東扇島西公園-360度写真-04

東扇島西公園-360度写真-04-CLICKでSTART

550メートルと広い釣り場ではありますがかなり人気が高く、土日祝日にはたくさんの釣り客で混雑するため釣り場がすぐには確保できない場合が多いです。

24時間開放された釣り場でシーズン中は夜釣り客でも賑わうため「朝早く並べば確実に釣り場が確保できる」ということもなく、帰りそうな先客の後ろで待って帰ったら代わりにササッと入る。ということが必要です。

ルール・注意点

できるだけたくさんの方が釣りを楽しめるようにと「釣り竿は一人二本まで」という制限が設けられています。また、特に人気のエリアには一人分のスペースを表す目印が2メートル間隔でついています。

その他にも(あたり前なことばかりですが)

  • ゴミの持ち帰り
  • 釣り終了時に清掃
  • 火気厳禁
  • 路駐禁止
  • 長時間荷物だけ置いた場所取り

などは禁止です。

ルールやマナーを守って、皆がトラブル無く楽しく釣りができる環境を維持できるようにしましょう。

釣れるポイント

入り口側

東扇島西公園-360度写真-05

東扇島西公園-360度写真-05-CLICKでSTART

海に向かって右側のポイントです。最端側は足元にテトラが入っています。水深は東扇島西公園の中で最も浅く3mほどとなっています。

メジナやクロダイ、カサゴやメバルなどの釣果が出やすいようです。水深があまり深くはなく岩場となっているようなので、サビキ釣りには不向きなポイントです。筆者のような初心者家族は足元でのサビキ釣りがメインの釣法となるので、避けたい場所です。

中央付近

東扇島西公園-360度写真-06

東扇島西公園-360度写真-06-CLICKでSTART

水深は入り口付近よりも深くなっていて4~5mほどあるようです。アジやイワシなどの回遊魚も回ってくるポイントなので、サビキ釣りも楽しむことが可能です。比較的場所も確保しやすいようなので、初心者には一番オススメできるポイントかと思います。

東扇島西公園-360度写真-07

東扇島西公園-360度写真-07-CLICKでSTART

ただし、ところどころ根が点在していて根がかりが多いポイントとしても有名です。ぶっこみ釣りなどの投釣りをする場合は根がかり覚悟での挑戦となってしまいそうです。

奥の角付近

東扇島西公園-360度写真-08

東扇島西公園-360度写真-08-CLICKでSTART

東扇島西公園で一番の人気スポットです。水深も一番深く潮通しも良い場所で、イナダなどの大物回遊魚も狙えるポイントとなっています。カゴ釣りや投げサビキなどでサバやイナダ、尺アジなどを狙いたいですね。

東扇島西公園-360度写真-09

東扇島西公園-360度写真-09-CLICKでSTART

根がかりも少ないポイントのようなので初心者にもオススメなポイントではありますが、人気が高くオンシーズン中は常に人で埋まっているようです。もし運良く空いていたら迷わずこのポイントを選ぶのが良いかと思います。

※2019年9月の台風被害で、2020年3月現在は立入禁止となっています

東扇島西公園で主に釣れる魚

  • サヨリ
  • キス
  • イワシ
  • サッパ
  • コノシロ
  • シーバス
  • クロダイ
  • シリヤケイカ
  • アオリイカ

  • イワシ
  • サバ
  • アジ
  • ソーダガツオ
  • ワカシ、イナダ
  • タチウオ
  • シーバス
  • クロダイ
  • キス
  • コノシロ
  • サッパ
  • ベラ
  • マゴチ

  • イワシ
  • サバ
  • アジ
  • サッパ
  • ワカシ、イナダ
  • タチウオ
  • シーバス
  • クロダイ

  • シーバス
  • クロダイ
  • メバル
  • カサゴ
  • アイナメ

注意すべき魚

東扇島西公園ではアイゴという毒を持った魚が釣れてしまうことがあるようです。アイゴの背ビレ、腹ビレ、臀ビレには毒があり、刺されてしまうと患部が数時間~数週間に渡って激しい痛みが続いてしまいます。

釣れても素手で触らないのが重要で、万が一刺されてしまった場合は火傷をしない程度のお湯に患部を浸すと痛みが和らぐそうです。

筆者の釣果

2019年5月

東扇島西公園-360度写真-10

東扇島西公園-360度写真-10-CLICKでSTART

筆者家族が初めてここ東扇島西公園に訪れたのが、ゴールデンウィーク真っ只中。まだ日が昇る前に到着したのですが夜釣り客で入る隙間がない状況でした。明るくなってから夜釣り客が帰り始めた頃に釣り場を確保することができました。

朝から昼過ぎまでの釣行で、足元でのサビキ釣りとイソメを付けたチョイ投げを楽しみ、以下の釣果でした。

  • コノシロ:10匹
  • キス:2匹
  • メゴチ:3匹

コノシロはどれも30cmほどの大きさがあり、子供たちは大満足の様子でした。

この日は周りでもコノシロが多く釣れている様子で、その他には大遠投しているキス釣り師がポツポツではありますがキスを釣り上げていました。

東扇島西公園のアクセス

バスで行く場合

東扇島自体に電車が通っておらず駅が無いため、バスを利用することになります。

川崎駅東口から出ている市営バス「川07系統東扇島西公園前行」に乗車し「東扇島西公園前」というバス停で下車します。川崎駅から30分程度の道のりです。

車で行く場合

東京方面から行く場合、高速湾岸線の「東扇島出口」を出て国道357号を横浜方面へ約2.5km直進し、突き当りを左に進むと公園の駐車場に着きます。

駐車場

東扇島西公園-360度写真-11

東扇島西公園-360度写真-11-CLICKでSTART

東扇島西公園には第一第二の2つの有料駐車場があり、合計すると収容台数約160台と広く、満車になってしまうことは少なそうです。

料金はいずれも以下。

  • 3時間未満:200円
  • 3~5時間:400円
  • 5~8時間:600円
  • 8時間以上:800円

営業時間は24時間となっていて、夜釣りも行うことが可能です。

周辺施設

コンビニ

最寄りのコンビニは「ローソン 川崎東扇島店」で、東扇島西公園から徒歩5分程度の場所にあります。

釣り具・釣りエサ

東扇島西公園-360度写真-12

東扇島西公園-360度写真-12-CLICKでSTART

東扇島西公園には24時間いつでも餌が買い足せる自動販売機があります。500円で生きたイソメを購入することが可能です。

また、勇竿釣具店という釣具屋さんの移動販売車が第一駐車場の入り口付近に出張営業していて、餌だけでなく仕掛けなども購入することができます。竿のレンタルなども行っていて、出張営業の時間内であれば手ぶらで着ても釣りを楽しむことが可能です。

勇竿釣具店の出張所に設置されたホワイトボードには、東扇島西公園の釣りポイントの情報が掲載されていました。根の場所などまで詳細に書いてありましたので、東扇島西公園で釣りをする際には立ち寄ることをおすすめします。

なお、勇竿釣具店の出張所の営業時間は季節ごとに異なり、

  • 春~秋(4月~11月)
    月~木 朝7時半~夕5時
    金曜夜~日曜16時 終日
  • 冬(12月~3月)
    月~金 朝8時~夕4時
    土日祝日 朝6時~16時

となっています。

雨天などの天候によっては出張営業を行わない場合もあるようなので、公式サイトをご確認ください。

トイレ

東扇島西公園-360度写真-13

東扇島西公園-360度写真-13-CLICKでSTART

東扇島西公園に入ってすぐの場所にトイレが設置されています。トイレも台風で被害をうけたようですが補修工事が完了しており利用可能となっています。

その他、東扇島西公園の360度写真

芝生の広場

東扇島西公園-360度写真-14

東扇島西公園-360度写真-14-CLICKでSTART

釣り場の後ろには芝生の広場があります。

丘の上から見た東扇島西公園の全景

東扇島西公園-360度写真-15

東扇島西公園-360度写真-15-CLICKでSTART

東扇島西公園には小高い丘があり、園内を見渡すことができます。ベンチもありますので、晴れた日にはここでのんびりお弁当を食べるのも良さそうですね。

最奥

東扇島西公園-360度写真-16

東扇島西公園-360度写真-16-CLICKでSTART

一番奥まで進んで突き当たった場所の360度写真です。突き当たった面も外海に竿を出すことができ、人気のスポットです。(2020年3月現在、このポイントは立入禁止となっています)

スロープ

東扇島西公園-360度写真-17

東扇島西公園-360度写真-17-CLICKでSTART

駐車場から釣り場には段差を降りる必要がありますが、途中にスロープも設置されているのでキャリーカートを利用している場合でも問題なくアクセスすることができます。

屋根付きベンチ

東扇島西公園-360度写真-18

東扇島西公園-360度写真-18-CLICKでSTART

釣り場の所々に日除けの屋根がついたベンチがあります。

台風被害から一部復旧後の360度写真

東扇島西公園-360度写真-19

東扇島西公園-360度写真-19-CLICKでSTART

台風被害が発生した後の360度写真です。通路に敷かれた化粧板が、ところどころ被害を受けて剥がれていました。

東扇島西公園-360度写真-20

東扇島西公園-360度写真-20-CLICKでSTART

化粧板だけでなく、石でできた部分も被害を受けていました。台風の怖さがわかります。

東扇島西公園-360度写真-21

東扇島西公園-360度写真-21-CLICKでSTART

撮影したのは2020年2月の真冬ですが、たくさんに釣り客で混雑していました。

東扇島西公園-360度写真-22

東扇島西公園-360度写真-22-CLICKでSTART

竿を出す隙間がなかったので、この日は他の方の様子を見て回りました。さすがに冬なのでかなり渋い様子でした。

東扇島西公園のまとめ

東扇島西公園-360度写真-23

東扇島西公園-360度写真-23-CLICKでSTART

東扇島西公園は人気の釣り場なだけあって、インターネット上でも頻繁に釣果の情報が投稿されています。特に出張営業を行っている勇竿釣具店さんのTwitterでは日々釣果情報が掲載されていて、この時期どんな魚が狙えるかなどとても参考になります。

お出かけの際はチェックしてみることをおすすめします。

また2020年の春には、釣り以外にもバーベキューが楽しめる「ワイルドキングダム川崎」という施設がオープン予定のようです。ますます混雑してしまいそうですが釣り禁止となってしまわないよう、釣り客以外の方に迷惑がかからないようルールやマナーを守って楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました