茨城の川尻港は釣れる魚種が豊富!ファミリーからベテランまで楽しめる釣り場を360度写真付きで紹介

川尻港の概要

川尻港は茨城県日立市にある漁港です。川尻港の歴史は古く、江戸時代にはお米の積出港として賑わい、その後の明治から大正にかけてはカツオの水揚げ地として利用されていました。

現在では地域の漁港を支える重要な港として活躍している他、港の北側と南側には砂浜を守る沖テトラが設置され、川尻港の北側は川尻海水浴場として地元住民の憩いの場にもなっています。

また、港内の護岸や防波堤では釣りをすることもでき、県内外から釣り客が訪れる釣りスポットとしても知られています。港だけでなく夏の海水浴シーズン以外は南北にある砂浜からのサーフ釣りも楽しむことも可能です。

川尻港の釣り場

川尻港(茨城)-釣り場の全体像

川尻港(茨城)-釣り場の全体像

川尻港の釣り場は大きく分けて

  1. 北側の短い防波堤
  2. 港内の護岸
  3. 南側から伸びる長い防波堤
  4. 川尻海水浴場(サーフ)

の4つあります。

南北を砂浜に囲まれていて海底は基本砂地ですが、港自体は岩礁帯に作られた港となっていて根が点在していて変化に富んだ地形となっています。そのため砂地を好むシロギスやイシモチ、カレイの他、メバルやアイナメなどの根魚の魚影も濃い釣りスポットです。

釣座も港内の護岸やテトラ帯のある防波堤、砂浜(サーフ)と環境が様々で、初心者からベテランまで幅広い層が楽しめます。

港内の護岸など足場の良いポイントもあり、また公衆トイレも備わっているのでファミリーフィッシングにもお勧めな釣りスポットとなっています。

①北側の短い防波堤

川尻港-北側の短い防波堤

川尻港の北側、川尻海水浴場側にある全長100メートルほどの小さな防波堤です。外海側(海水浴場側)にはテトラが積まれているため内海側での釣りとなります。

内海側は足場もよく、また水深も4メートルほどありますので初心者にお勧めのサビキ釣りも可能です。防波堤の付け根付近に公衆トイレがありますので、お子さんや女性が一緒のファミリーフィッシングにも最適なポイントとなっています。

夏から秋にかけてはサビキ釣りでアジやイワシ、サバなどの数釣りが楽しめます。朝マヅメや夕マヅメの時合にタイミングを合わせれば、小さなお子さんでも比較的簡単に釣果を上げることができるでしょう。

サビキ釣り以外では、ちょい投げのぶっこみ釣りでシロギスやイシモチ、冬場であればカレイなどがターゲットとなります。

なお、内海側は漁船の係留場所となっていますので、漁業関係者の作業中は釣りを控え、また係留ロープに仕掛けを引っ掛けたりしないよう十分注意して釣りを楽しんでください。

②港内の護岸

港内の垂直護岸となっているポイントです。足場は良いのでこちらもファミリーフィッシングに向いているポイントです。足元でも水深がある程度ありますので、サビキ釣りも可能です。

①北側の短い防波堤と同様にサビキ釣りではアジやイワシ、サバなどが狙え、ちょい投げのぶっこみ釣りでシロギスやイシモチが狙えます。

サビキ釣りをする際には、同じくサビキ釣りをしているしている他の釣り客の近くに釣り座を構えるのがコツです。回遊している小魚はサビキ釣りで使うアミコマセに寄ってきますので、近くでサビキ釣りをしている方がいれば集魚力が増し、釣果アップに繋がるでしょう。

③南側から伸びる長い防波堤

川尻港-南側から伸びる長い防波堤

川尻港の南側から川尻港を覆うように北へ伸びる全長330メートルほどの防波堤です。

外海側は大きなテトラが入っていてい足場が悪く、ファミリーや初心者には不向きなポイントです。また、150メートルほどの場所から内海側に足場の良いポイントがありますが、梯子やロープを利用して一段低い場所に降りる必要があります。

外海側に面しているため一番魚影が濃そうなイメージはありますが、ベテラン向けの環境となっていますのでファミリーや釣り初心者は避けたほうが良いでしょう。

テトラ帯ではフカセ釣りなどでメジナやクロダイ、メバルやソイなどが狙える他、ルアーでシーバスなども人気です。

また、秋のハイシーズンにはソウダガツオやイナダなどの青物の回遊もあり、ルアーやカゴ釣りで狙うことができます。

なお、足場が悪く風当たりも強い危険なポイントなので、必ずライフジャケットは着用しましょう。

④川尻海水浴場(サーフ)

川尻港-川尻海水浴場(サーフ)

川尻港の北側にある海水浴場です。夏の海水浴客がいるタイミングは釣りができませんが、それ以外のタイミングではサーフ釣りが楽しめます。砂地を好むシロギスやイシモチの他、ルアーでヒラメやマゴチの釣果実績もあります。

600メートル以上ある砂浜なので、ポイントを移動しながらランガンでアタリを探ると良いでしょう。シロギス狙いの場合は、まずは広範囲を攻めてアタリを探ります。アタリが出た場所で群れている可能性が高いのでアタリが出たあとはしばらく同じポイントを集中的に攻めると釣果アップに繋がります。

川尻港で釣れる魚

  • メバル
  • カサゴ
  • アイナメ
  • クロダイ
  • シーバス

  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • シロギス
  • イシモチ
  • ハゼ
  • メジナ
  • ヒラメ
  • クロダイ
  • シーバス

  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • シロギス
  • イシモチ
  • メジナ
  • イナダ
  • サヨリ
  • ヒラメ
  • クロダイ
  • シーバス

  • カレイ
  • メバル
  • カサゴ
  • ソイ
  • アイナメ
  • クロダイ
  • シーバス

川尻港へのアクセス

川尻港の場所(地図)

電車

川尻港の近くに駅はないため、電車釣行には不向きな釣り場です。最寄り駅はJR常磐線の「十王駅」もしくは「小木津駅」ですが、いずれも港までは徒歩40分ほどの距離となっています。

車・駐車場

最寄りのインターチェンジは常磐自動車道「日立北インターチェンジ」で、ICから港までは車で5分ほどとアクセスしやすい釣りスポットとなっています。なお、東京都内からは高速を使って2時間ほどの道のりです。

なお、残念ながら川尻港には駐車場がなく、また港内は一般の方の駐車は禁止されています。港に隣接する川尻海水浴場の駐車場などを利用しましょう。

川尻港近くの釣具屋

つり太郎

川尻港のすぐ近く(徒歩5分・車で2分)の場所にある個人商店の釣具屋さんです。

  • 住所:茨城県日立市川尻町1-7-15
  • 電話番号:0294-42-6157
  • 営業時間:8時~18時

タックルベリー BiG Berry日立6号店

川尻港から南へ車で5~6分の場所にある釣具屋さんです。全国にチェーン展開する大型の釣具店で、中古釣具の買取や販売も行っています。

  • 住所:茨城県日立市相田町2-1-5
  • 電話番号:0294-59-3318
  • 営業時間:10時~21時
  • 定休日:年中無休
  • 公式サイト

つり具の上州屋 日立店

川尻港から南に車で30分ほどの場所にある釣具屋さんです。チェーン展開する大型の店舗で、品揃えが豊富です。

  • 住所:茨城県日立市水木町2-26-1
  • 電話番号:0294-53-2444
  • 営業時間:日によって異なるため公式サイトをご確認ください
  • 定休日:年中無休
  • 公式サイト

川尻港のまとめ

川尻港は都内から距離がありますが、高速道路のICを下りてからすぐ近い場所なので運転手の方も意外と楽にアクセスできるのが魅力です。

季節に応じて狙える魚種が豊富なのも魅力の一つで、釣り物が少なくなってしまう冬場でもカレイやクロダイ、根魚などを狙って釣りが楽しめます。

また、川尻港は夜釣りも可能な釣りスポットです。夜釣りではメバリングの他、電気ウキでシーバスを狙っている人も多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました