小宮公園は野鳥の宝庫!都内有数のバードウォッチングスポットを360度写真付きで紹介

小宮公園の概要

小宮公園は東京都八王子市にある1986年にオープンした都立公園です。ひよどり山と呼ばれる標高154メートルほどの小高いエリアに作られた公園で、公園の下にはひよどり山トンネルが走っています。

広さ約213平方メートルの園内には

  • クヌギやコナラの雑木林
  • 湧き水の流れる小川や池
  • 開放感のある原っぱ

など自然豊かなエリアが広がっていて、またその自然の中を散策できるよう足場の良い遊歩道が整備されています。

その他にも定期的にレンジャーによる自然解説や、ボランティアによる『野鳥観察会』『野草観察会』なども開催され、体験を通じて自然について学ぶことができるのも魅力のひとつです。

また、多摩動物公園で暮らす草食動物たちの食草を栽培していることでも知られています。公園の南側、正面入口付近にはコアラのためのユーカリ園もあります。

小宮公園はバードウォッチングも人気!

自然いっぱいの小宮公園は、バードウォッチングのスポットとしても人気の高い公園です。

元々が『ひよどり山』と野鳥が入った呼び名だった他、公園内の遊歩道も

  • かわせみの小道
  • えながの小道
  • おながの小道
  • しろはらの小道
  • さんこうちょうの小道

といったように、野鳥の名前がついています。

背の高い木々の林だけでなく池や小川などの水辺もあり、見られる野鳥の種類が豊富なところも人気の理由です。野鳥の宝庫と言えるでしょう。

また、園内はボードウォークや整備された遊歩道が張り巡らされ、バードウォッチング初心者でも野鳥観察が楽しみやすい環境となっています。

小宮公園で見られる野鳥

留鳥(一年を通して出会える鳥)

留鳥とは繁殖や子育て、越冬などを一定の場所で行う鳥です。渡り鳥のような季節に応じて生息する場所を変える鳥ではありませんので、季節にかかわらず出会える鳥です。ただし、小さい鳥は木の葉っぱが散って枝だけになっている方が見つけやすいなど探しやすさは季節ごとに違いがあります。

  • アオゲラ
  • アオサギ
  • アオバト
  • アカゲラ
  • ウグイス
  • エナガ
  • オオタカ
  • カケス
  • ガビチョウ
  • カルガモ
  • カワウ
  • カワセミ
  • カワラバト
  • カワラヒワ
  • キジ
  • キジバト
  • キセキレイ
  • コゲラ
  • コジュケイ
  • シジュウカラ
  • スズメ
  • セグロセキレイ
  • ソウシチョウ
  • ダイサギ
  • ツミ
  • トビ
  • ハクセキレイ
  • ハシブトガラス
  • ハシボソガラス
  • ヒヨドリ
  • ホオジロ
  • ミソサザイ
  • ムクドリ
  • メジロ
  • モズ
  • ヤマガラ

ヒヨドリ

木の枝に止まって囀るヒヨドリ

ヒヨドリは全長75センチほどのスズメ目ヒヨドリ科の野鳥です。ほっそりとした体型をしていて、尾羽は10センチ以上と長めとなっています。

全体が灰色がかった地味な色合いで、目の下に茶色いラインが入っています。

昆虫も捕食しますが、花の蜜や果実が好物で、梅や桜の花が咲くと密を吸っている姿をよく見かけます。

なお、1970年頃までは10月頃に東京に訪れる冬鳥として知られていましたが、現在は一年を通してその場で生息している留鳥となっています。

キセキレイ

枝にとまっているキセキレイ

キセキレイは体長約20センチほどの野鳥で、スズメ目セキレイ科に属します。尾羽が長く体長の半分ほどを占め、いつもこの尾羽をフリフリと上下に動かす姿から、「石たたき」や「庭たたき」とも呼ばれます。

胸から腹部、お尻のほうにかけて黄色い羽毛で覆わているのが特徴で、特に夏場は黄色が鮮やかになり、見るものを魅了します。

群れは作らず単独かツガイで行動しています。渓流沿いで生活していることが多いので、水辺付近を探すと良いでしょう。

漂鳥

漂鳥とは日本国内で季節に応じて生息場所を変える鳥です。それに対し、移動する距離が長く日本と国外とを行き来する鳥は渡り鳥と呼ばれています。

漂鳥は暖かい季節には北の地域や標高の高い場所に生息し、寒い季節になると南の地域や低地に移動して越冬します。

小宮公園では基本、晩秋から冬、春の初頭にかけて出会える可能性が高い鳥たちです。

  • アオジ
  • カイツブリ
  • クロジ
  • シメ
  • トラツグミ
  • ノスリ
  • ハイタカ
  • ビンズイ
  • マガモ
  • ルリビタキ
  • イカル

トラツグミ

地面に降りているトラツグミの後ろ姿

トラツグミは体長約30センチほどのスズメ目ツグミ科に属する野鳥です。羽毛の色は黄褐色をベースに黒い鱗状の斑がまんべんなく入っていて、トラの模様を連想させる色味となっています。

山地で繁殖を行い、冬は積雪のない地域へと移動します。冬場は市街地の公園などでも見ることができます。

雑食性で、地面に降りて落ち葉をかき分けてミミズなどを捕食します。

アオジ

枝の上のアオジ

アオジは体長16センチほどで、スズメよりやや大きな小鳥です。

翼は茶褐色で模様などもスズメに似ているためよく間違えられますが、胸から腹にかけて緑がかった薄い黄色の羽毛が特徴。アオジの『アオ』は緑色も含めた古い意味での青が由来と言われています。

夏に北海道や本州北部で繁殖を行い、冬になると積雪の殆どない地域へと移動して冬を越します。中にはロシアや中国から越冬するために日本に飛来する種のアオジもいます。

夏鳥

夏鳥とは、暖かい春~夏の季節に日本国内に飛来し繁殖活動を行い、秋には日本を離れ国外で越冬する渡り鳥たちのことです。

  • アカハラ
  • イワツバメ
  • キビタキ
  • クロツグミ
  • ツバメ
  • ホトトギス
  • ヤブサメ

キビタキ

木の枝にとまるキビタキ

キビタキは体長13~14センチほどの小さな野鳥です。メスは地味な色合いですが、オスは黒をベースとした翼に旨や頭の一部に黄色い羽毛を持ち、カラフルな姿でバードウォッチャーを楽しませてくれます。

昆虫を捕食するため雑木林を好んで住処にしていますので、雑木林を中心に探してみると良いでしょう。また、明け方にオスは縄張りを誇示するために美しい声を発します。鳴き声を頼りに探すのもコツのひとつです。

夏場に日本で繁殖を行ったキビタキは、冬の訪れとともに東南アジアへ渡り越冬し、また暖かい季節に日本に戻ってきます。

冬鳥

冬鳥は秋から冬にかけて日本国内に訪れ越冬する渡り鳥です。春には日本を離れて北へ移動し、繁殖や子育てを行い、また寒い季節に日本に戻ってきます。

  • カシラダカ
  • コガモ
  • ジョウビタキ
  • シロハラ
  • ツグミ
  • マヒワ
  • マミチャジナイ
  • ミヤマホオジロ

ジョウビタキ

枝にとまっているジョウビタキ

ジョウビタキは全長約15センチほどの小さな野鳥です。

ベースの色は薄い茶色に、オスのみ頭が銀白色に顔部分が黒と比較的カラフルな羽毛を持っていますが、メスは翼の一部に白斑があるのみで地味な色味となっていてスズメに見間違えられることもあります。

夏にチベットやロシア極東などで繁殖を行い、冬になれると日本全国に渡り鳥としてやってきますが、近年は日本国内での繁殖も確認されています。

体の小さい鳥は群れることが多いのですが、こんおジョウビタキは群れを作らず単体で暮らしています。

小宮公園へのアクセス

小宮公園の場所(地図)

電車・バス

JR中央線『八王子駅』または京王線『京王八王子駅』から出ている西東京バス(ひよどり山トンネル経由/バイパス経由宇津木台行き/八王子郵便局経由中野団地行き)に乗車し、『八王子郵便局前』というバス停で降車します。バス停から公園までは徒歩10分ほどの距離です。

駐車場

小宮公園には『弁天池駐車場』と『サービスセンター前駐車場』という2つの駐車場が備わっっています。いずれも無料で利用可能です。

ただし、

  • 弁天池駐車場:9時~16時半
  • サービスセンター前駐車場:9時~17時

と時間が決まっていて、それ以外の時間帯は閉鎖されますのでご注意下さい。

小宮公園の野鳥に関するツイート

東京都内のその他バードウォッチングスポット

小宮公園のある東京には、まだまだたくさんのバードウォッチングスポットがあります。大都会であるにも関わらず、野鳥が生息できる自然が残された場所も点在していて、観察できる野鳥も意外に豊富です。

以下の記事では、東京都内にあるバードウォッチングスポットを厳選して紹介しています。

東京都内の野鳥観察スポット20選!バードウォッチングに最適な公園などを360度写真付きで紹介します

都内なのでアクセスの便は良く、また基本は公園など遊歩道が整備された歩きやすい場所となっていますので、バードウォッチング初心者でも気軽に野鳥観察を楽しめる環境ばかりです。

東京都内で野鳥観察をする場合は、ぜひご参考ください。

小宮公園の基本情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました