保存すべき?!都内最古の木造駅舎「原宿駅」を360度写真付きでレポート

シェアする

原宿駅の概要

今回紹介する原宿駅は、都心をぐるりと回る山手線の駅の一つ。住所は渋谷区神宮前一丁目となり、渋谷駅と代々木駅の間に位置するJRの駅です。

原宿駅 原宿駅表参道口 https://tokyo360photo.com/harajuku-station – Spherical Image – RICOH THETA

竹下通りや表参道、明治神宮や代々木公園など複数のお出かけスポットへのアクセスがよく、1日の乗車人員は7万人以上に上ります。(JR東日本の乗車人員数ランキングでは61位)

また、コンサート会場としても利用される代々木体育館の最寄り駅にもなっている為、コンサートなどのイベントがある日は、電車を降りたホームから出口まで牛歩並みにしか動かない長い行列ができていることもあり、原宿駅を抜け出すだけでも時間を要することになってしまうので注意が必要です。(そんな時は、隣の渋谷駅で降りて、歩いて目的地に向かった方が早い場合もあります)

特に原宿駅の利用客が増えるのが、大晦日とお正月です。明治神宮の初詣参拝客数は都内1位(全国4位)で、300万人以上の人が訪れますが、その大半が原宿駅を利用しています。後述しますが、大晦日とお正月の間は、普段は利用できない臨時ホームが活躍します。

ホームの360度写真

原宿駅 ホーム01 https://tokyo360photo.com/harajuku-station – Spherical Image – RICOH THETA

原宿駅自体の規模は大きくなく、通常時は出口も2つあるのみ。出口に向かう階段や通路も狭く、すぐにキャパオーバーになるのも頷けます。

次のページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A
AdSense_PC_336A

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A