渋谷の巨大壁画「明日の神話」を360度写真付きでレポート。岡本太郎の幻の作品をバーチャル体験

シェアする

巨大な絵画「明日の神話」

明日の神話01 https://tokyo360photo.com/asunoshinwa – Spherical Image – RICOH THETA

いつも人の波でごった返す渋谷の街に、太陽の塔や「芸術は爆発だ」の名言で有名な「岡本太郎」の作品があるのをご存知ですか?頻繁に渋谷駅を利用している都内在住の方でも意外と知らない人もいるのではないでしょうか。渋谷の街自体、いろんなオブジェがあるので、存在自体は知っていても、それが岡本太郎の作品であることは知らなかったという人も結構いるのでは?と思います。

今回紹介する「明日の神話」は、渋谷マークシティ2階にある、縦5.5メートル、横幅30メートルにもなる巨大な壁画で、岡本太郎の絵画の中では最も大きい作品です。その大きさも然ることながら、岡本太郎らしい奇抜でダイナミックな画風が圧倒的な存在感を放っています。

明日の神話には「原爆が炸裂する瞬間」が描かれており、以下のようなコンセプトで描かれた作品です。

人は残酷な惨劇さえも誇らかに乗り越えることができる、そしてその先にこそ『明日の神話』が生まれるのだ、という岡本太郎の強いメッセージが込められている

出典:http://www.taro-okamoto.or.jp/info/asunoshinwa.html

明日の神話がある場所

明日の神話02 https://tokyo360photo.com/asunoshinwa – Spherical Image – RICOH THETA

明日の神話は、JR渋谷駅と京王井の頭線とを結ぶ連結通路(マークシティ2F)の壁に設置されています。JR渋谷駅からいく場合は、「玉川改札口」が明日の神話には一番近い改札口となっています。

明日の神話03 https://tokyo360photo.com/asunoshinwa – Spherical Image – RICOH THETA

上の360度写真は、山手線外回りホームから見た「玉川改札口」です。外回りの場合は4号車付近となっています。

明日の神話04 https://tokyo360photo.com/asunoshinwa – Spherical Image – RICOH THETA

ただし、注意しなくてはならない渋谷駅のトラップの一つとして、この玉川改札口は外回りにしか存在しない改札です!外回りで渋谷に来た場合は、「中央改札」を使って一旦改札の外に出て、玉川改札口を目指さなくてはなりません。

明日の神話05 https://tokyo360photo.com/asunoshinwa – Spherical Image – RICOH THETA

上の360度写真は、山手線内回りホームから中央改札へ向かうエスカレーターです。

明日の神話06 https://tokyo360photo.com/asunoshinwa – Spherical Image – RICOH THETA

中央改札から玉川改札口へは、中央改札を出て左手にある階段を下り、右へ進むと玉川改札があります。(中央改札は3階、玉川改札は2階にあります)

上の360度写真で、中央改札に向かって右側に下る階段が見えますが、その階段を下りると右側に先程の玉川改札口があります。

なお、玉川改札口から明日の神話へは歩いて1分もかからない距離で、井の頭線もしくはマークシティへの案内標識を頼りに進めば迷わずに辿り着くことが可能です。

次のページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A