城南島海浜公園は釣り初心者には不向き?360度写真付きでレポート

シェアする

城南島海浜公園での釣りは初心者には不向き

城南島海浜公園の概要

城南島海浜公園-みなと広場-階段の上から360度写真 https://tokyo360photo.com/jounanjima-seaside-park – Spherical Image – RICOH THETA

今回紹介する城南島海浜公園は、大田区の人工島(いわゆる埋立地)にある、敷地面積176,447平方メートル、東京ドーム3.7個分の広さを持つ海浜公園です。

・オートキャンプ場
・バーベキュー施設
・釣りができる海岸
・潮干狩りができる砂浜
・ドッグラン
・スケートボード広場

など、アウトドアを楽しみたい方には嬉しい施設が充実していて、人気の高いスポットとなっています。

羽田空港のすぐ近くに位置しており、頭上間近を飛行機が飛ぶスポットとしても有名な公園で、筆者も数年前に飛行機の写真を撮りに訪れたことがあります。

城南島の釣り場

城南島海浜公園の海岸沿いに「みなと広場」という広場があり、そこは海釣りが許可された場所となっています。

また、みなと広場には釣り具一式をレンタルできる店も備わっていて、手ぶらで気軽に釣りを楽しむことができます。

都心からも近く、レンタルもできることから都内の海釣りスポットとして人気の高い場所となっていて、ネット上でもオススメの釣りスポットとして様々なサイトで紹介されています。

初心者には不向き

海釣りについて初めてと言っても良いレベルの筆者は、城南島について、レンタル店があるという理由で

  • 釣り玄人の方々はそもそもレンタルなんかしない(だから初心者向け)
  • ショップの人に色々教えてもらえる(だから初心者向け)

と勝手に思っていました。

そこで今回はこの城南島海浜公園にやってきたのですが、いざ釣り竿セットをレンタルしようとすると、店員さんから衝撃の言葉を頂きました。

店員さん曰く、

  • まず初心者がここで釣るのは無理
  • 何時間粘ってもボウズになる可能性がめっちゃ高い
  • バーベキューしながら少し釣りを楽しむなら良いけど、釣りメインなら絶対他の海に行った方が良い
  • どうしても。と言うなら貸しますが、オススメできない…

とのこと。

まさか釣り具レンタルの店員さんにそんなこと言われとは思っていなかったのですが、店員さんには何のメリットもないどころか儲け度外視の忠告を無視するわけにもいかず、城南島で釣りをするのは早々に諦めました。(この時点で、家族からの視線が痛い…)

とは言え、早起きしてはるばる城南島まで来たのにこのまま引き下がるわけにもいきません。店員さんに色々と訊いてみました。

城南島は釣れるポイントを知らないと無理

店員さんにまず訊いたのが、「今、城南島で釣りをやっている人たちがいるけど、その人たちは?全く釣れないってわけではないですよね?」

それに対する回答が

  • (釣れないってことを)知らずに頑張ってるか、常連さんで釣れるポイントを知っている
  • 釣れるポイントを知ってて、そこをピンポイントで狙えば釣れる
  • 釣れるポイントまで投げるにはレンタルの竿セットじゃ難しい

と言うことでした。

近場で初心者にもオススメなのは若洲海浜公園

若洲海浜公園-釣り場-360度写真 https://tokyo360photo.com/jounanjima-seaside-park – Spherical Image – RICOH THETA

また、店員さんが「城南島で釣りするくらいなら、近場にもっと良い釣りスポットはいっぱいあるよ」と言うことだったので、

  • 城南島から近い
  • 初心者でも釣れる
  • 駐車場がある

という条件で一番オススメの場所を訊きました。

それに対する回答は、
「若洲海浜公園なら、同じ系列の店があって釣り具レンタルできるし、初心者でも若洲海浜公園なら何かしらは釣れると思うよ。駐車場もここ(城南島)より安いし」
とのこと。

「これは良いこと聞いた!」と思い、筆者はすぐに若洲海浜公園に向かうことにしました。

儲け度外視でアドバイスをくれた心優しい店員さんのアドバイスは的確で、若洲海浜公園に移動したら初心者の筆者家族も(初心者にしては)大漁で、かなり釣りを楽しむことができました。きっと店員さんのアドバイスがなかったら、何も釣れずに残念な1日になっていたことを考えると、店員さんには感謝しかありません。

城南島の360度写真

今回、上で書いた通り実際に釣りは行なっていませんが、360度写真を何枚か撮ってきたので掲載したいと思います。

(移動先の若洲海浜公園については、また別の記事で紹介します)

城南島海浜公園「みなと広場」

城南島海浜公園-みなと広場03-360度写真 https://tokyo360photo.com/jounanjima-seaside-park – Spherical Image – RICOH THETA

上の360度写真が、城南島で釣りが許可されている「みなと広場」です。下の園内マップの通り、第二駐車場からすぐの場所です。

城南島海浜公園の園内マップ

城南島海浜公園の園内マップ 出典:公園パンフレット

右側の薄いオレンジ色の部分がみなと広場です。約300メートルの護岸が続いています。

城南島海浜公園-釣具レンタルショップ-360度写真 https://tokyo360photo.com/jounanjima-seaside-park – Spherical Image – RICOH THETA

釣り具セットをレンタルできるショップは、このみなと広場の、第二キャンプ場寄りにあります。

城南島海浜公園-釣り場05-360度写真 https://tokyo360photo.com/jounanjima-seaside-park – Spherical Image – RICOH THETA

海岸線に高さ1メートルほどの壁が設けられていて、子供が海に落ちる心配はありません。

上の360度写真はみなと広場でも第二キャンプ場寄りです。反対のつばさ浜寄りは、壁ではなく鉄柵となっていて、小さなお子さんでも海を眺めることができます。子連れ家族はつばさ浜寄りで釣りをした方が楽しめるかと思います。(釣れるポイントがどこにあるか?は知りませんが…)

城南島海浜公園-釣り場06-360度写真 https://tokyo360photo.com/jounanjima-seaside-park – Spherical Image – RICOH THETA

この日釣りをしている方々は、皆さん自転車で来ている方々ばかり。自転車で来れる距離ということは、かなりの常連さんかと思われます。

ちなみに、この日は常連さんたちもあまり釣れていないようでした。

みなと広場近くのトイレ

城南島海浜公園-トイレ-360度写真 https://tokyo360photo.com/jounanjima-seaside-park – Spherical Image – RICOH THETA

みなと広場付近には2箇所トイレがあります。上の360度写真は第二キャンプ場寄りのトイレです。

子連れ家族にはありがたいおむつ交換台や多目的トイレなども設けられています。

城南島海浜公園「第二キャンプ場」

城南島海浜公園-第二キャンプ場入口-360度写真 https://tokyo360photo.com/jounanjima-seaside-park – Spherical Image – RICOH THETA

キャンプ場に入場するには予約が必要なので、今回は入口の360度写真です。

予約は毎月月初に、3ヶ月後の月の予約が開始されるようです。オンシーズンの土日や祝日ともなれば、予約開始とともに埋まってしまうかと思いますので、人気コンサートのチケットをとる時のように、電話の前で頑張る必要があるかもしれません。(今のところ、予約は電話受付のみとなっています)

予約状況(空き)は、海上公園ガイドにて確認できます。予約やお問い合わせの電話は「○○」となっています。

城南島海浜公園の第二駐車場

城南島海浜公園-第二駐車場-360度写真 https://tokyo360photo.com/jounanjima-seaside-park – Spherical Image – RICOH THETA

城南島海浜公園には、第一と第二の二つの駐車場があります。収容台数はそれぞれ

  • 第一駐車場「一般用83台/障害者専用2台」
  • 第二駐車場「一般用183台/障害者専用6台」

と、合計274台のキャパとなっています。

城南島海浜公園の駐車料金

料金は第一第二ともに、以下となっています。

平日 ・1時間 100円
土日祝日 ・最初の1時間 200円
・その後30分ごとに 100円

尚、駐車場の出入庫できる時間は7時半〜21時となっていて、それ以外の時間は車の出し入れができませんので、注意が必要です。(無人のパーキングにも関わらず、なぜ24時間営業じゃないのか?は謎です。釣り場であるみなと広場も含め時間特に制限はなく夜釣りも楽しめるので、駐車場も24時間営業にして欲しいですね)

城南島海浜公園のまとめ

城南島海浜公園-みなと広場-階段の上から360度写真 https://tokyo360photo.com/jounanjima-seaside-park – Spherical Image – RICOH THETA

今回紹介した城南島は、筆者のような釣り初心者には難しい釣り場のようですが、ネット上でいろんな方のブログを拝見する限り、ある程度釣りができる方々には人気の高い釣り場のようです。

夜釣りができる釣りスポットとしても人気があり、一年を通して色んな魚が釣れるようです。

  • 春:メバル、カサゴ、サヨリなど
  • 夏:メジナ、シーバス、アジなど
  • 秋:メジナ、クロダイ、ハゼなど
  • 冬:メジナ、メバル、シーバス

初心者の筆者は「メジナ?メバル?どういう仕掛けでトライしたら良いの??」という感じですが、経験を積んで、いつかこの城南島で釣りを楽しみたいと思います!子供が大きくなったら、親子で夜釣りなんてのも良さそうですね。

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A