今井児童交通公園を360度写真付きでレポート。ゴーカートやレインボーサークル、駐車場など色々無料!

シェアする

今井児童交通公園は全部無料で楽しめる!

今井児童交通公園 入口付近 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

今回紹介するのは江戸川区にある今井児童交通公園です。この交通公園のオススメポイントは、全てが無料!というところ。入園料はもちろん、

  • 自転車の貸し出し
  • 足漕ぎカートの貸し出し
  • レインボーサークル(空中サイクリング)
  • 駐車場

これら全てを無料で利用することができます。(江戸川区民じゃなくてもOK!)

今井児童交通公園 レインボーサークルと自転車コース https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

貸し出ししている自転車や遊具、公園の雰囲気など全体的に古い印象を受けますが、それもまた子供心を思い出させてくれる懐かしさがあります。

自転車

今井児童交通公園 自転車01 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

今井児童交通公園には、

  • 子ども向け自転車30台
  • 補助輪付き自転車17台

が用意されていて、無料でレンタルすることが可能です。ただし、自分の自転車の持ち込みは禁止されています。

自転車の貸し出し時間は、

  • 9時~12時
  • 3時~16時半

となっています。この時間内であれば、特に申請などする必要はなく、停めてある自転車を自由に借りることが可能です。(年末年始はお休みです)

園内のコース1

今井児童交通公園 自転車コース01 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

公園自体が細長い形をしているため、直線的な道が長く続いていて、最近やっと少しずつ自転車に乗れるようになって来た息子にはちょうど良い練習コースでした。

園内のコース2

今井児童交通公園 自転車コース02 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

他の交通公園と同じように、交差点など要所要所に係りの人が立っていて、交通ルールの指導にあたっています。(一時停止などを守らない子供には注意してくれます)

園内のコース3

今井児童交通公園 自転車コース03 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

まだ自転車に乗れのない子は、狭いですが練習する場所もありました。

杉並児童交通公園との比較

別の記事で紹介した杉並児童交通公園と比べると種類は少なく、子供向けの自転車しかありませんが、わざわざ用紙に住所などを書いて申請する必要はなく、時間制限もありません。

杉並児童交通公園

ちなみに、杉並児童交通公園の方は自転車の種類が豊富で、大人用の自転車もレンタルすることができます。また、自分の自転車も持ち込め、長めのサイクリングコースもありますので、親子でサイクリングを楽しみたい方は杉並児童交通公園のほうがオススメです。

足漕ぎカート

今井児童交通公園 足漕ぎカート01 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

レンタルできる足漕ぎカートは大小2種類のサイズが用意されています。小さいお子さんでも一人で乗れる小さなカートがあるのが嬉しいですね。

杉並児童交通公園との比較

杉並児童交通公園にも2種類の足漕ぎカートが用意されていますが、

  • 小学生が一人で乗るタイプ
  • 幼児と親が乗る2人乗りタイプ

の2種類でした。

うちの息子の場合、杉並の方では「1人乗り用のカートはまだ足が届かずうまく漕げないし、かと言って親子乗りの子供座席は小さいし…」という感じでしたが、ここ今井児童交通公園の小さいサイズの足漕ぎカートであれば足も届き1人で乗ることができました。

レインボーサークル

今井児童交通公園 レインボーサークル01 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

今井児童交通公園が他の交通公園と一味違うのは、このレインボーサークルの存在です。

レインボーサークルとは、遊園地でたまに見かける高架レールの上を、ペダルを漕いで進むアトラクション的な乗り物です。今井児童交通公園のこのアトラクションは、全長287メートルのレールに10台のレインボーサークルがあり、そのうち2つはてんとう虫をモチーフにした可愛らしい乗り物です。(どれに乗るかは順番次第!自由に選ぶことはできませんので、てんとう虫に乗れるかは運次第です)

今井児童交通公園 レインボーサークル02 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

今井児童交通公園の目玉であるこのレインボーサークル、なんと何度乗っても無料です。お財布を気にせず、子供が飽きるまで乗せてあげられるのは、親にとっても嬉しいですね。

乗り場の360度写真

今井児童交通公園 レインボーサークル乗り場 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

この日は3連休の初日でしたが、さほど混んでおらず、並ばずに乗ることができましま。

レインボーサークルからの景色1

今井児童交通公園 レインボーサークルからの景色01 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

下から見るのとは違い、少し恐怖を感じるほどの高さです。スタート直後は左手に旧江戸川が流れており、見晴らしは最高です。

レインボーサークルからの景色2

今井児童交通公園 レインボーサークルからの景色02 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

親子で乗れますのでペダルに足が届かない子でも楽しむことが可能です。ただ、その場合は親がずっと漕ぎ続けないといけないので、結構大変です。特に人気のてんとう虫型のレインボーサークルは他のものより重量があり何度も繰り返し乗っていると足がパンパンになってしまいます。

レインボーサークルからの景色3

今井児童交通公園 レインボーサークルからの景色03 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

桜の木の横をレールが走っています。桜の季節には舞い散る桜を上から眺めることができそうです。

レインボーサークルからの景色4

今井児童交通公園 レインボーサークルからの景色04 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

足で漕いで進みますので、スピードは遅くコントロールできるのですが、古い乗り物なので落ちてしまわないか?不安になります…

レインボーサークルからの景色5

今井児童交通公園 レインボーサークルからの景色05 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

必ず「親が左側」と決まっています。そのバランスが長年積み重なったせいか?若干左に傾いている気がします…特に右カーブの場所では、車体ごと外側に落ちてしまいそうで恐いです。

ご飯は持って行こう!

今井児童交通公園の周辺には、めぼしい食事処が見つかりませんでした。(近くに、空いているんだか?閉まっているんだか?よくわからない中華屋さんはありました…意外にこういうお店って美味しいんだろうなぁ。とは思いつつ、筆者は時間の都合上入れませんでした)

また、コンビニも一番近いところで600メートル以上先にしかありません。

ですので、今井児童交通公園に遊びに行く際は、お弁当などを持参して行くことをオススメします。

園内の休憩所

今井児童交通公園 休憩所 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

園内には椅子とテーブルがある休憩所が設けられています。食事の持ち込みもOKなようなので、持参したお弁当などもここで食べることができます。

無料駐車場

今井児童交通公園 駐車場 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

上でも書きましたが、今井児童交通公園には無料の駐車場があります。ただし、13台しか停められず、早めに行かないとすぐに埋まってしまいます。また、駐車場までの道も分かりづらく細い路地を通って行かなくてはならないので、無料駐車場を利用したい方は

  • 早めに行く
  • 事前に駐車場までの行き方を調べておく

ということが必要です。

尚、公園近くには民間のコインパーキングもありますので、無料駐車場が埋まっていた時のために事前に調べておくことをお勧めします。

今井児童交通公園のその他360度写真

遊具もあります

今井児童交通公園 遊具 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

今井児童交通公園には、コース脇にブランコや滑り台などの遊具も設置されています。

今井児童交通公園 遊具02 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

旧江戸川

今井児童交通公園 旧江戸川 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

細長い今井児童交通公園に並行して旧江戸川が流れています。対岸には釣りをしている人がいました。

今井児童交通公園のアクセス

今井児童交通公園 コース06 https://tokyo360photo.com/imai-transport-park – Spherical Image – RICOH THETA

電車で行く場合

最寄り駅は都営新宿線の「一之江」となります。徒歩8分となりますので、電車での便も悪くありません。

車で行く場合

環七一之江陸橋千葉方面へ向かい、今井橋手前の細い側道に右折して入っていきます。わかりづらいうえ、細い道となっています。

今井児童交通公園の基本情報

  • 住所:江戸川区江戸川4-10
  • 時間:常時開園 乗り物:午前9時から午後4時30分(正午から午後1時 休憩)
  • 休業日:年末年始(12/29~1/3)
  • 料金:無料
  • 駐車場:あり(13台/無料)
  • 広さ:9,290.02平方メートル

今井自動交通公園のクチコミ・評価



スポンサーリンク
AdSense_PC_336A