新宿の思い出横丁を360度写真でバーチャル観光!昭和を味わおう

シェアする

新宿の思い出横丁で昭和にタイムスリップ

新宿の歓楽街といえば歌舞伎町ですが、そのすぐ近くに「思い出横丁」という、昭和の雰囲気をそのままに残す酒場があるのをご存知ですか?ネオン煌めく新宿の街の一角に、そこだけ時が止まっているかのようにノスタルジーに包まれた場所、そこが今回紹介する「思い出横丁(新宿西口商店街)」です。

新宿思い出横丁01-バーチャル写真 https://tokyo360photo.com/shinjuku-omoidealley – Spherical Image – RICOH THETA

思い出横丁の歴史

思い出横丁は、終戦間もない昭和21年(1946年)に、まだ焼け野原だった新宿駅西口付近に生まれた闇市を起源とした商店街です。当時は統制品への取り締まりが厳しいため、統制品ではない牛や豚のモツを扱う店が多く、その流れから現在でもモツや焼き鳥を提供しているお店が多いのが特徴です。

新宿思い出横丁02-バーチャル写真 https://tokyo360photo.com/shinjuku-omoidealley – Spherical Image – RICOH THETA

当初は、戸板一枚で区切られた露店商の集まりだった闇市。その名残は今でも色濃く、壁一枚で区切られた店舗がギュウギュウに詰め込まれた活気ある空間となっています。各店内ももちろん非常に狭いお店がほとんどで、お客さん同士方が触れ合うほどの席となっています。だからこそ新しい出会いも生まれる人情味のある商店街(酒場)です。

昔は、甲州街道から青梅街道の間に約300の露天が立ち並んでいたようですが、多くの店舗は再開発時に不法占拠などを理由に立ち退きを余儀なくされ、現在では幅約30メートル、長さ80メートルの場所に70数店舗が残っているだけとなっています。

次ページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A