新宿区の落合公園を360度写真付きレポート。バスケもドッグランも楽しめる!

シェアする

落合公園の概要

西武新宿線中井駅と新井薬師前駅間の線路沿いにある公園で、西武新宿線の車窓からも見える公園です。

最寄り駅は西武新宿線・都営大江戸線の「中井駅」で、駅からは徒歩10分程度と少し遠いのが難点ですが、遊具が充実している他、ドッグランやバスケットゴールなどの設備もあり、家族連れ以外の方にも人気の公園です。

新宿落合公園01 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

面積は9,603㎡あり、児童公園としては広めの公園です。

敷地内には、

  • 長い滑り台
  • ターザンロープ
  • ブランコ
  • クライミングウォール
  • 吊り橋

などの遊具コーナーに加え、

  • バスケットゴール
  • ドッグラン
  • ひょうたん池
  • 芝生広場

などが併設されています。

新宿落合公園02 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

充実した遊具コーナー!

ターザンロープ

新宿落合公園 ターザンロープ01 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

公園の中心部には、複合アスレチックのある人工芝が敷かれた小山があります。その小山から芝生の広場に向けてターザンロープが2つ設置されています。出だしのところは地面までの距離が結構ありますので、初めてターザンロープに挑戦する小さなお子さんの場合は、親御さんが一緒に支えてあげながらでないと少し恐いです。

新宿落合公園 ターザンロープ02 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

ローラー滑り台

新宿落合公園 ローラー滑り台01 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

複合アスレチックのある小山から、ブランコや回転遊具のある広場へと下りる、少し長めのローラー滑り台が設置されています。緩やかな傾斜の滑り台なので、小さなお子さんでも安心して滑ることができる滑り台です。

新宿落合公園 砂場 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

ローラーすべり台の他に、小山から砂場へと降りる滑り台もありますが、傾斜がかなり急なのでうちの息子はビビって滑れませんでした。正直、大人でも躊躇してしまう角度の滑り台です。

滑り台の着地点に砂場もありますが、広くない上、滑り台から滑ってくる人とぶつからないか?不安なため、砂場遊びがしたい場合は他の公園に行くことをオススメします。

複合アスレチック

新宿落合公園 複合アスレチック01 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

小山の頂上には、雲梯やジャングルジム、小さな滑り台など様々な遊具が組み合わさった複合アスレチックがあります。

遊具以外にも様々な設備が!

バスケットゴール

新宿落合公園 バスケットゴール01 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

落合公園の北側にはバスケットコーナーがあります。

バスケットゴールは2個設置されていますが、向かい合っておらず、試合を行うためのものではありません。個人個人がシュート練習を黙々と行っている感じです。なお、上部(屋根部分)まで金網で囲まれていますので、ボールが外に飛び出す心配なく、安心してバスケットボールを楽しむことが可能です。

ドッグラン

新宿落合公園 ドッグラン01 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

公園の西側には、フェンスで囲まれたドッグランが配置されています。

広さは700㎡と少し狭いですが、園内は清潔に保たれており、週末には沢山の愛犬家さんの集いの場となっています。中・大型犬用と小型犬用とにわかれていますので、小型犬の飼い主さんも安心して愛犬を遊ばせることができます。

特に利用申請などは必要ありませんが、6時-22時が規定の利用時間となっていて、それ以外の時間帯は利用することができませんので注意が必要です。

ひょうたん池

新宿落合公園 ひょうたん池01 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

公園の北側に池があり、小さな魚が泳いでいるのを観察することができます。正直水は綺麗ではないので、入ることはできません。

芝生広場

新宿落合公園 芝生広場01 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

そんなに広くはありませんが芝生の広場もあり、レジャーシートを広げてランチ(ピクニック)を楽しむ家族連れの姿も見かけます。

子供向けクライミングウォール

新宿落合公園 クライミングウォール01 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

完全に子供向けの高さではありますが、クライミングウォールも用意されています。傾斜が緩やかな部分と、垂直の壁になっている部分がありますので、お子さんのレベルに応じて楽しむことが可能です。

おちあいPEACEフェスで老若男女が盛り上がる

盆踊りの時期には、「おちあい公園PEACEフェス」と題したイベントが催されます。

もともと落合公園では「おちあい平和盆踊り」という盆踊りが30年以上続いているのですが、その盆踊りの櫓(やぐら)等の会場が昼間は使われないことに目をつけた地域の若者たちが主催したイベントが「おちあい公園PEACEフェス」です。

「フェス」という名の通り、近隣のミュージシャンによる音楽ライブはもちろん、ヨガのワークショップや、子供も楽しめるキッズアートワークショップなどが開催され、夜の盆踊りを含め子供からお年寄りまで一緒になって楽しめるイベントとなっています。

最近では近隣住民だけじゃなく、遠方から参加される方も増えているようなので、ぜひお時間があえば家族やご友人と参加してみてはいかがでしょうか?

新宿落合公園 広場01 https://tokyo360photo.com/shinjuku_ochiai_park – Spherical Image – RICOH THETA

園内には砂地の広場があり、フェス・盆踊りの際の会場となります。普段は子供たちがサッカーやキャッチボールなどを行っています。

新宿落合公園の基本情報

  • 住所:東京都新宿区中井1-14
  • アクセス:西武新宿線・都営大江戸線「中井駅」より徒歩10分
  • 開園時間:
    <遊具エリア>
    終日
    <スポーツコーナー>
    4月~9月 8:00~19:00
    10月~3月 8:30~17:00
    <ドッグラン>
    6:00~22:00
  • 休園日:ナシ
  • 料金:いずれの施設も無料
  • 駐車場:ナシ

新宿落合公園のクチコミ・評判

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A