新宿御苑をバーチャル観光!四季を感じる都会のオアシス

シェアする

新宿御苑は都会のオアシス

新宿御苑-芝生広場-バーチャル写真 https://tokyo360photo.com/shinjukugyoen – Spherical Image – RICOH THETA

新宿駅から徒歩わずか10分程度の場所に、都会のど真ん中とは思えないほど広大で自然豊かな公園(庭園)があります。それが今回紹介する『新宿御苑』です。

春は桜が盛大に咲き誇り、夏は広大な芝生が緑鮮やかに広がる。秋には紅葉が色づき、冬はスイセンの花やロウバイなどが小さな花をつける・・・など、年間を通じて四季折々の顔をみせてくれる都会のオアシスです。

JR新宿駅からも歩いていけるという立地条件も加わり、来場者数は年間126万人。日本庭園など日本らしい部分もあるため、海外からの観光客にも人気が高く、色んな国の方々が訪れています。

新宿御苑はとにかく広い!

新宿御苑の特徴の1つがやっぱり広さです。面積は58.3ヘクタール、周囲3.5キロメートルで、なんと東京ドーム12個分の広さをもっています。

入口も、「新宿門」「大木戸門」「千駄ヶ谷門」と3つあり、それぞれの最寄り駅が変わってしまうほどの広さです。

新宿御苑「新宿門」へのアクセス

JR新宿駅から行くのであれば、こちらの門が最寄りとなります。
新宿駅の南口もしくは東南口を出て、そのまま目の前を走る甲州街道を四谷方面に10分ほど歩いた場所にあります。

新宿御苑-新宿門-バーチャル写真 https://tokyo360photo.com/shinjukugyoen – Spherical Image – RICOH THETA

この360度写真を撮影した日は、まだお花見には早い開花宣言前ですが既に沢山のお花見客が訪れていて、入園時の手荷物検査が始まっていました。

新宿御苑「大木戸門」へのアクセス

東京メトロ丸ノ内線の「新宿御苑前駅」が最寄り駅となります。新宿御苑前駅出口2より徒歩で5分ほどの場所にあります。

新宿御苑前駅という駅名のせいで、この駅が断然近いのかな?と思いがちですが、新宿駅で丸ノ内線に乗り換えるくらいなら、新宿駅からそのまま歩いたほうが早いので注意しましょう。

新宿御苑「千駄ヶ谷門」へのアクセス

新宿御苑-千駄ヶ谷門-バーチャル写真 https://tokyo360photo.com/shinjukugyoen – Spherical Image – RICOH THETA

JRの中央・総武線の「千駄ヶ谷駅」から歩いて5分ほどの場所にある門です。また、都営大江戸線の「国立競技場駅A5出口」からも徒歩5分ほど、東京メトロ副都心線「北参道駅出口1」から徒歩10分ほどで行くことも可能です。

花見のシーズンは手荷物検査等があるため、前出の新宿門はすごい行列となり入園するのも一苦労となります。そういう場合はあえてこの門から入園するのが賢いかもしれません。

次ページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A