渋谷イチの待ち合わせスポット「ハチ公前」を360度写真レポート&バーチャル体験

シェアする

待ち合わせの定番!忠犬ハチ公の銅像

渋谷ハチ公前01 https://tokyo360photo.com/shibuya-hachiko – Spherical Image – RICOH THETA

渋谷で待ち合わせをするときの定番スポットと言えば、もちろん「ハチ公前」。ハチ公の銅像前はもちろん、JR渋谷駅のハチ公口、目の前に広がるハチ公前広場はいつ行っても待ち合わせの人で溢れかえっています。
(人が多すぎて、待ち合わせ相手を探すのにも一苦労。待ち合わせ場所としてはもはや向いていない気もします…)

最近では、すぐ側の「渋谷スクランブル交差点」と共に外国人旅行客に人気の観光スポットにもなっていて、写真を撮りたい外国人が順番待ちをしている姿をよく見かけます。

渋谷ハチ公前02 https://tokyo360photo.com/shibuya-hachiko – Spherical Image – RICOH THETA

ハチ公の歴史

渋谷ハチ公前03 https://tokyo360photo.com/shibuya-hachiko – Spherical Image – RICOH THETA

この渋谷のハチ公の銅像は、1934年(昭和9年)に設置されました。その後、第二次世界大戦の金属類回収令でハチ公の銅像も回収されてしまいましたが、昭和23年にハチ公銅像再建委員会が結成され、募金によって再建。現在に至るまで渋谷の駅前を眺め続けています。

ハチ公銅像のモデル

ハチ公は、亡くなった主人の帰りを待ち続ける実在の犬がモデルになっているのは有名な話です。

詳しくは、東京帝国大学農学部の教授「上野英三郎博士」に飼われていた、秋田犬の雄です。大正12年11月に秋田県大館市の斎藤義一さん一家の元で生を受け、ちょうどその頃日本犬を探していた上野博士が、教え子を通じてまだ生後50日ほどの子犬を譲り受けました。

上野博士はこの秋田犬に「ハチ」と名前を付け一緒に食事をしたりするほど可愛がっていたそうです。

ハチが譲り受けられた当初、上野博士の家には、ジョンとエスという先住の犬がおり、その2頭と共にハチは育てられました。愛犬家だった上野博士は、この愛犬達にすごく慕われており、時には渋谷駅まで上野博士を送り迎えすることもあったそうです。

飼い犬してきっと幸せいっぱいだった3頭ですが、ある日突然の不幸が訪れてしまいます。ハチが上野博士の元にきて1年と少し経った大正14年5月21日、農学部教授会会議に出掛けた上野教授は脳溢血のため帰らぬ人となってしまいました。

突然主人を失った3頭。中でもハチは上野教授が亡くなってから3日間、何も食べなかったそうです。

その後ハチは、上野教授の親戚などの家を転々とすることになりましが、亡き主人への忠誠心は薄れることはなく、散歩中に渋谷方面へ逃げ出すことがあったそうです。

様々なトラブルで住処(すみか)を転々としたあと、最終的にハチは、上野教授の家に出入りしていた植木職人の小林菊三郎に飼われることになります。元々のご主人である上野教授の死から2年ほど経っていたのですが、主人に対する忠誠心はまだまだ薄れることなく、その頃から渋谷駅で亡き上野教授の帰りを待つようになり、その後何年もの間、ハチは渋谷駅に通い、上野教授を待ち続けたのです。

この健気に待ち続けるハチの姿が朝日新聞に掲載され、それをきっかけに「忠犬ハチ公」として一躍有名になったのが、渋谷駅で亡き主人を待ち続けて7年の歳月が経ってからのことでした。

新聞に掲載されてからは、みんなの人気者になったハチ。ハチの物語が教科書に掲載されたり、今回紹介している銅像が設置されたりと、日本で最も有名で多くの人に愛される存在になりました。

ちなみに、渋谷のハチ公像が設置された1934年(昭和9年)は、 ハチの死後ではなく、まだハチが健在しているタイミングです。除幕式にはハチも参列したというから驚きです。それだけハチは人々に愛され、その忠誠心に感動する人が多かった証なんでしょうね。

次ページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A