原宿竹下通りを360度写カメラを持って歩いてみた!修学旅行の定番スポットの今。

シェアする

竹下通りの概要

竹下通り01 https://tokyo360photo.com/takeshita-street – Spherical Image – RICOH THETA

オシャレなイメージのある原宿の中でも、中高生などの若者に人気な商店街「竹下通り」を360度写真で紹介します。

原宿には
・竹下通り
・裏原(原宿通り・キャットストリート)
・表参道
など、おしゃれ好きな人が集うスポットがいくつかあります。その中でも今回紹介する竹下通りは「ロリータファッション」や「ゴスロリ」など可愛くて個性的な服や雑貨を取り扱っているショップが集まった商店街です。

ファッション誌でも度々紹介されるようなショップも多く、特に地方の中高生にとっては憧れの場所として人気が高く、修学旅行の定番スポットにもなっています。

通行量は「月間300万人」とも言われており、平日でも日に約50,000人が訪れています。

JR原宿駅の竹下口の正面から明治通りまで全長約350メートル、道幅は5メートル程度とさほど広くはありません。

日中(AM11時~PM6時)は歩行者専用となるものの、道幅の狭いこの通りに沢山の人が殺到するため人の密度が高く、端から端まで歩くだけで結構な体力を消耗してしまいます。竹下通りの人気が全盛期の頃は、この350メートルの通りを抜けるだけでも30分ほどの時間を要したそうです。

竹下通り02 https://tokyo360photo.com/takeshita-street – Spherical Image – RICOH THETA

全盛期を過ぎたとはいえ、やはりまだまだ人気のスポットです。土日ともなれば上の360度写真のように沢山の人で溢れかえります。
※上の360度写真は2017年12月24日(日曜日)に撮影したものです

次のページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A