杉並児童交通公園で自転車練習!360度写真レポート&バーチャル体験

シェアする

都心で自転車の練習するなら杉並児童交通公園

杉並児童交通公園 交差点 https://tokyo360photo.com/suginamitrafficpark – Spherical Image – RICOH THETA


私が幼少期を過ごした田舎町だと、自転車の練習をする場所なんて腐るほどあったのですが、都内に住んでいると近場でそういう場所を探すのも一苦労です。

家から遠いと、子供用の自転車を長い距離押して歩かなくてはならず、せっかく子供用の自転車を買ったのにめんどくさくなってしまい、ついつい行かなくなってしまいます。本当であれば、自転車に乗る感覚を体が覚えられるように、頻繁に行きたいところですが…

そんな悩みを解決してくれるのが、今回紹介する「杉並児童交通公園」です。

交通公園とは、公園内に一回り小さな道路や信号機、標識などが設けられており、足漕ぎカートや自転車に乗りながら交通ルールを学ぶことができる公園です。都内に交通公園は複数箇所ありますが、その中でも杉並児童交通公園はレンタルできる自転車の種類や数も豊富なうえ、コースも立体交差があるなど他の交通公園よりも充実していて、都内では一番オススメな交通公園です。

杉並児童交通公園が自転車練習に最適な理由

自転車の種類や数が豊富!

杉並児童交通公園 自転車貸出 https://tokyo360photo.com/suginamitrafficpark – Spherical Image – RICOH THETA

無料でレンタルできる自転車が用意されていますが、その種類も数も都内では一番多いかと思われます。種類は14インチ~26インチ(2インチ刻みで7種のサイズ)があり、小さな4歳児くらいから大人まで幅広くカバーされています。

また、14インチと16インチは補助輪の有り無しを選ぶことができ、さらに手押し棒(大人が後ろで支えてあげられる棒)が付いた練習用自転車も貸し出しています。さらにさらに、キックバイクとしてバランス感覚の練習ができるようペダルが外された自転車も用意されており、練習を始めたばかりの子供にとっては至れり尽くせりの充実っぷりです。

大人向けの24インチと26インチに関しても、通常の自転車と、幼児を載せる為の前カゴ付きの自転車が用意されており、小さな兄弟がいる場合は、上の子は補助輪付などに乗せ、下の子は前カゴに乗せて一緒にサイクリング。ということもできます。

このように、自転車の種類も豊富ですが、それぞれの数もたくさん用意されており、相当混んでいる日でない限り、順番待ちなどせずにすぐに借りることができます。私達親子はもう何度も足を運んでいますが、順番待ちができるほど混雑することはめったにありません。

杉並児童交通公園は自分の自転車も乗り入れ可能!

他の交通公園では、そこで貸し出している乗り物以外の乗り入れは禁止している公園も多いようですが、杉並児童交通公園は、自分の自転車で乗り入れることも可能です。

小さな子供たちが、買ってもらったばかりのピカピカの自転車で練習する姿はもちろん、近くにお住まいのパパ・ママが、自分たちの電動アシスト自転車に乗り、練習する子供と一緒に走っている姿もよく見かけます。

次ページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A
AdSense_PC_336A

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A