庶民派遊園地!あらかわ遊園ってどんなトコ?360度写真付きで紹介

シェアする

あらかわ遊園は、規模もお値段もちょうど良い!

今回360度写真付きでレポートするのは、東京都内で唯一の公営遊園地「あらかわ遊園」です。

あらかわ遊園 入口 https://tokyo360photo.com/arakawa_amusement_park – Spherical Image – RICOH THETA

広さは約30,000平方メートルで、その中に

  • 観覧車や日本一遅いジェットコースターなどのアトラクション
  • 動物と触れ合えるミニ動物園
  • 手ぶらで楽しめる釣り堀
  • 水遊びエリア

などが設けられています。
入園料や各アトラクションに乗る料金も、100円~200円程度と一般的な遊園地に比べるとかなり安く庶民的です。
規模も大きすぎ、小さすぎず、東京ディズニーランドのように行くだけで疲れてしまうようなこともなく、週末にフラッと行くのにちょうど良い遊園地だと思います。

あらかわ遊園01 https://tokyo360photo.com/arakawa_amusement_park – Spherical Image – RICOH THETA


次の日が仕事でも心配いりません。ゆる~くのんびり楽しむことができます。

小さなお子さん向けの乗り物が充実!

あらかわ遊園の乗り物は、全てが子供向けとなっていて、小さなお子さんでも十分に楽しめるものばかりです。逆にいうと、小学生でも高学年くらいになると、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ジェットコースター

あらかわ遊園02 https://tokyo360photo.com/arakawa_amusement_park – Spherical Image – RICOH THETA


ファミリーコースターという名のついたあらかわ遊園のジェットコースターは、日本一「遅い」ジェットコースターとして知られています。イモムシデザインのこのジェットコースターのスピードは時速13kmで、普通に自転車に乗っていると変わらないスピード感で、小さなお子さんでも平気で乗れちゃいます。

条件・制限

  • 3歳以上
  • 身長80cm以上

料金

  • 大人:200円分の乗り物券
  • 子供:100円分の乗り物券

果たしてこれをジェットコースターと呼んでいいものか疑問ですが、お子さんのジェットコースターデビューもこれなら安心です。

次ページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A