中野セントラルパーク(四季の森公園)は子連れにおすすめ!360度写真レポート

シェアする

中野の新しいお出かけスポット!中野セントラルパーク

中野セントラルパーク01 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

中野セントラルパーク(中野四季の森公園)は、中野駅北口から歩いて5分ほどの場所にある、商業ビルと公園が隣接する新たな複合施設です。

オフィスやレストラン、カフェなどが入るビルは「中野セントラルパークサウス」と「中野セントラルパークイースト」の二棟に分かれており、その二棟に隣接する形で、広い芝生のある「中野四季の森公園」が配置されています。

元々警察大学校があった跡地に、再開発地区として生まれた「中野四季の都市」。その一部として、中野区民の新しいお出かけスポット、憩いの場となっています。

中野セントラルパーク 入口付近 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

公園に向かって左側が中野セントラルパークイースト、奥に見えるのが中野セントラルパークサウスです。その間に四季の森公園の開放感のある芝生が広がっています。

セントラルパークに入っているレストランやカフェは公園に面しており、オープンテラスが設けられています。(二階のお店も、広めのテラス席が設けられており、四季の森公園を眺めながら、テラス席で食事を楽しむことができます)

四季の森公園内にも椅子とテーブルがいくつも設置されており、また、芝生の広場にレジャーシートを広げることも可能なので、お弁当やサンドウィッチでピクニック気分で楽しむこともできます。

オープンテラスでランチ

中野セントラルパーク02 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

セントラルパークに入っているレストランやカフェは公園に面しており、オープンテラスが設けられています。

中野セントラルパーク「サウス」には、

  • GOOD MORNING CAFE(カフェ・レストラン)
  • マドリード(スペイン料理)
  • me at park(肉ビストロ)
  • 威南記 海南鶏飯(シンガポール料理)

などオシャレのカフェ&レストランが入居しており、それぞれテラス席が設けられています。

中野セントラルパーク03 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

リーズナブルにいきたい場合は、

  • マクドナルド
  • ベルベ(パン屋)
  • ターリー屋(カレー・インド料理)
  • 丸亀製麺(うどん)
  • 大戸屋

などもあり、選択肢は充実しています。

1階のお店だけでなく、2階のお店も広めのテラス席が設けられており、丸亀製麺などのリーズナブルなお店でも四季の森公園を眺めながら、テラス席で食事を楽しむことができます)

中野セントラルパーク04 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

四季の森公園内にも椅子とテーブルがいくつも設置されており、また、芝生の広場にレジャーシートを広げることも可能なので、お弁当やサンドウィッチでピクニック気分で楽しむことも可能です。

子連れに最適な公園!

中野セントラルパーク05 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

中野セントラルパーク(中野四季の森公園)のポイントは、なんといっても子連れ家族に最適なところです。アスレチックなどの遊具はありませんが、見晴らしの良い芝生の広場では子供たちが走り回り、その側でパパやママがレジャーシートを広げてのんびりしている姿をたくさん見かけます。

周りも子連れ家族ばかりなので、同じ子連れ同士、肩身の狭い思いをせずにのんびり過ごすことができますね。

トイレがキレイ!

中野セントラルパークがオープンしたのが2012年10月と、比較的新しい建物で、トイレもキレイです。もちろん、多目的トイレもあり、オムツ替えの心配もいりません。(多目的トイレは、飲食のテナントが入る1階2階の各階にあり、とても助かります)

テラス席で子供が騒いでも安心!

中野セントラルパーク パークアベニュー01 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA


中野セントラルパークの飲食店にはオープンテラス席が設けられていて、食事中ずっと静かにさせることが難しい(というか無理な)小さなお子さんと一緒の食事でも、安心して食事を楽しむことができます。

コンビニやファストフード、パン屋さんなど選択肢も充実!

中野セントラルパーク06 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

中野セントラルパーク内には、レストランやカフェ以外にも、丸亀製麺のようにリーズナブルなチェーン店や、マクドナルドなどのファストフードもあり、ランチの選択肢が充実しています。

パン屋さんやコンビニもありますので、テラス席ですら不安なわんぱく子連れ家族は、パンやおにぎりを買って、四季の森にあるベンチや芝生の上でランチを楽しむことも可能です。

夏は噴水がじゃぶじゃぶ池に!子供たちが大はしゃぎ!

中野セントラルパーク07 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

四季の森公園には、滑り台やブランコなどの遊具はありませんが、噴水付きのじゃぶじゃぶ池があり、子供達の人気スポットとなっています。

噴水は、無数に設置された噴射口からまるで噴水ショーのようにランダムで水が噴射され、見ているだけでも楽しいうえ、噴水の中まで入って行くことができます。子供はもちろん、見ている大人もきっと噴水の中まで入りたくなりますので、多少濡れても良い格好をしていくことをおすすめします。

中野セントラルパーク08 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

噴水のあるじゃぶじゃぶ池と繋がっている細長いじゃぶじゃぶ池もあります。

じゃぶじゃぶ池ではしゃぐ子供たちを眺めながら、レジャーシートを広げてまったり過ごす休日も素敵ですね。

子供が楽しめるイベントが多い!

週末になると、中野セントラルパークサウスと四季の森公園に挟まれるパークアベニューでは、様々な企業や団体がイベントを開催しています。そして、家族連れが多い場所なので、

  • ストラックアウトでお菓子などがもらえる
  • 巨大なバルーン滑り台
  • 子供だけのフリマ

など、子供向けの催し物やアトラクションが多いのが特徴です。基本は無料で参加できるイベントばかりなので、訪れた際はぜひチェックしてみましょう。

イベント情報は公式サイトで確認

子供だけ参加OKなフリマ

中野セントラルパーク09 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

上の360度写真は「子供限定のフリマ」で、青い柵で囲まれたエリアに大人は入ることはできず、売る方も買う方も子供のみとなっています。

柵の外から大人が声をかけることも禁止されていて、

  • 商品を選ぶ
  • 値切り交渉
  • お金の計算

なども、子供たちだけで行います。

中野セントラルパーク10 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

もちろん、大人参加の普通のフリマも開催されています。

エイサー

中野セントラルパーク11 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

エイサーなどの催し物も頻繁に行われているようです。

食フェス

中野セントラルパーク12 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

  • グルメ芸人祭
  • まかないフェス
  • 餃子フェス
  • ラムバサダーフェス
  • 四川料理フェス

など、食にまつわるイベントも頻繁に行われているます。ただ、食フェスが開催されるとかなり混み、長蛇の列ができてしまいます。

大人も楽しめる!バーベキューにビアガーデン

手ぶらでバーベキュー!

中野セントラルパークサウス1Fのグッドモーニングカフェ(GMC)では、3月26日~10月31日の期間中、バーベキューのサービスを提供しています。

コンロやトングなどのバーベキューをする為の道具はもちろん、肝心のお肉や野菜などの食材は用意されており、さらに飲み物は飲み放題!手ぶらでバーベキューを楽しむことができます。

中野セントラルパーク バーベキュー01 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

お値段は1人4,500円~と、少々高い気もしますが、道具や缶ビールなどの重い荷物を持っていかなくていいのと、めんどくさい後片付けも料金に含まれていることを考えるとコストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。

また、食材や飲み物が持ち込み自由なので、お店が用意したお肉だけじゃ物足りない人は、お肉や海産物など、好きな食材を持ち込むことができます。

事前の予約が必要なので、興味がある方は下記の公式サイトよりチェックしてめて下さい。

GMC公式サイトを確認

夏の熱帯夜にはビアガーデン!

こちらも期間限定ですが、中野セントラルパークでは夏になると毎年ビアガーデンが開催されます。

今年(2017年)も去年に引き続き、中野セントラルパークに本社を構えるキリンとコラボレーションした「中野セントラルビアパーク×キリン一番搾り」が、6月1日~9月30日まで平日も含め毎日開催しています。(元々は8月いっぱいまでの予定が、1ヶ月延長されたようです)

開催時間は
・平日 17時~21時半
・土日祝日 12時~21時半
となっていて、土日祝日は昼間からビアガーデンを楽しむことができます。

中野セントラルパークのパークアベニューや四季の森公園が会場となっており、入場自体は無料。入ったり出たり、自分の好きなお酒やジュースなどを持ち込むこともできますので、ビールは飲めないけど雰囲気は味わいたい!という人にもおすすめです。

中野セントラルパーク パークアベニュー02 https://tokyo360photo.com/nakano-centralperk – Spherical Image – RICOH THETA

中野セントラルパーク(四季の森公園)基本情報

  • 住所:東京都中野区中野四丁目10番2号
  • アクセス:
    JR中央線/総武線「中野駅」より徒歩5分
    東京メトロ東西線「中野駅」より徒歩5分
  • 駐車場:あり(中野セントラルパークサウス・イースト共にあり)
    駐車料金:30分200円
  • 駐輪場:あり(中野セントラルパークサウス内)
    利用料金:最初の2時間無料。以降 3時間毎に100円

中野セントラルパークのクチコミ・評判

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A