磯崎港の釣り場は狙える魚種が豊富!初心者からベテランまで楽しめるポイントを360度写真付きで紹介

磯崎港の概要

磯崎港は茨城県ひたちなか市にある小さな漁港です。茨城県が持つ太平洋側の海岸線の中央付近に位置し、都内からだと常磐道を利用して2時間ほどの場所にあります。

港の北西には阿字ヶ浦海水浴場、南東側は磯崎海岸の磯が広がっていて砂地と岩礁帯とが入り組んでいます。そのため狙える魚種が豊富で釣り初心者からベテランまで幅広い層に人気の釣りスポットです。

港のすぐ近くには公衆トイレや無料の駐車場があり、また釣り場となる防波堤は足場の良いポイントもありファミリーフィッシングにも向いています。

磯崎港の釣り場

磯崎港-釣り場の全体像

磯崎港-釣り場の全体像

磯崎港の釣り場は大きく分けて

  1. 港の東から伸びる防波堤
  2. 港の西から伸びる防波堤
  3. 港の西側にある沖堤(磯崎一文字新堤)

の3つの防波堤です。

いずれの防波堤も外海側にはテトラが入っているため、子連れファミリーでも釣りがしやすいポイントは①②の内海側となります。

①港の東から伸びる防波堤

磯崎港の東側から伸びる全長220メートルほどの防波堤で、先端には白灯台が建っています。外海川には全て大きなテトラが入っているため、子連れファミリーの場合は内海側での釣りとなります。

幅の広い防波堤なので内海側であれば足場もよく、ファミリーはここに釣座を構えるのが良いでしょう。ただし、柵などはありませんのでライフジャケットは必須の釣り場です。

足元でのサビキ釣りも可能で、朝マヅメ夕マヅメの時合のタイミングではアジやサバ、イワシなどが入れ食いとなることも珍しくありません。釣り初心者や小さなお子さんでもサビキ釣りからスタートすることで釣果をあげやすいでしょう。

アジやサバなどの回遊系の他にはフカセ釣りでメジナやクロダイなども人気のターゲットです。また、冬場はちょい投げのブッコミ釣りでカレイも狙えます。

外海に近い防波堤先端付近が人気の釣座となっていて、カゴ釣りでイナダやカンパチなどの青物の釣果実績もありますので、先端付近が空いていれば積極的に入りたいポイントです。

なお、足場から海面までの高さがありますので、大物狙いの際は5メートルほどの長さのタモが必要です。また、海底は砂地に根が点在していますので根がかりには注意しましょう。

根元付近の小さな突堤

東側の防波堤の根元付近には、港内に向かって伸びる全長約40メートルの小さな突堤もあります。釣りが可能ですが、こちらも外海側はテトラ帯となっています。内海側にはテトラはありませんので、初心者にお勧めのサビキ釣りなどでアジやイワシが狙えます。

また、テトラの間を狙った穴釣りでカサゴやメバルなどの根魚の釣果実績がある他、冷凍サンマの切り身などを餌にアナゴも狙えます。

②港の西から伸びる防波堤

磯崎港-港の西から伸びる防波堤

港の西側から伸びる全長160メートルほどの防波堤です。この防波堤も外海側はテトラが入っているのと、内海側は船着き場となっているためファミリー層には不向きなポイントです。ファミリー層の場合は、先端付近のテトラが入っていない場所に釣座を構えると良いでしょう。

外海側は海底が砂地となっていて、砂地を好むシロギスやイシモチ、ヒラメなどの好ポイントとして知られています。

また、常夜灯のある防波堤で夜釣りに向いているポイントとなっています。夜釣りではアジングやメバリングが人気な他、アナゴも人気のターゲットです。(※夜間はゲートが締まり立入禁止となっているという情報もあります。現地の看板などに従ってください)

①と同じく足場から海面までの高さがありますので、長めのタモを持っていったほうが良いでしょう。

③港の西側にある沖堤(磯崎一文字新堤)

磯崎港の西側に隣接するサーフエリアから伸びる全長230メートルほどの突堤です。沖堤(一文字)と呼ばれていますが、実際はサーフ部分からつながっていて徒歩で行くことが可能です。(以前は陸から離れていて、防波堤の設置による影響で砂が溜まり繋がったのかもしれません)

突堤の両サイドにはブロックが敷かれていて完璧に良好な足場とは言えませんが、同じ形のブロックが規則正しく並べられいてテトラ帯に比べれば足場は悪くありません。ブロックには段差があったり穴が空いていたりしますので十分注意しましょう。

海底は基本砂地となっていて、ぶっこみ釣りでシロギスやイシモチ、ヒラメなどが狙えます。また、突堤の先端付近ではカゴ釣りやショアジギングで青物も人気のターゲットとなっています。

磯崎港で釣れる魚

  • メバル
  • カサゴ
  • クロダイ
  • アイナメ
  • ソイ
  • ヒラメ
  • シーバス

  • イワシ
  • アジ
  • サバ
  • ショゴ
  • シロギス
  • イシモチ
  • コノシロ
  • ハゼ
  • アナゴ
  • メジナ
  • カマス
  • クロダイ
  • シーバス

  • アジ
  • サバ
  • イワシ
  • ショゴ
  • イナダ
  • カンパチ
  • シロギス
  • イシモチ
  • ヒラメ
  • コノシロ
  • アナゴ
  • メジナ
  • カマス
  • サヨリ
  • クロダイ
  • シーバス

  • カレイ
  • メバル
  • カサゴ
  • アイナメ
  • ソイ
  • サヨリ
  • クロダイ
  • シーバス

磯崎港へのアクセス

磯崎港の場所(地図)

電車

最寄り駅はひたちなか海浜鉄道湊線の「磯崎駅」もしくは「阿字ヶ浦駅」で、どちらも徒歩15~20分ほどです。少々距離がありますが電車釣行も可能です。

車・駐車場

最寄りのインターチェンジは常陸那珂有料道路の「ひたち海浜公園インターチェンジ」です。ICから磯崎港までは車で5~10分とアクセスしやすい場所にあります。

駐車場は港の東側、磯崎海岸寄りに無料の駐車スペースがあります。また、駐車スペースのそばに公衆トイレも備わっています。

磯崎港近くの釣具屋

フィッシュハンター

磯崎港から車で4~5分の場所にある釣具屋さんです。あまり大きな店舗ではありませんが歩いても行ける距離なので餌の買い足しなどに便利です。駐車場も備わっています。

  • 住所:茨城県ひたちなか市阿字ケ浦町3242
  • 電話番号:029-265-5117

飛田つり具店

磯崎港から車で10分弱の場所にある釣具屋さんです。

  • 住所:茨城県ひたちなか市平磯町533-4
  • 電話番号:029-263-1730

つり具の上州屋 勝田店

磯崎港から車で20分ほどの場所にある釣具屋さんです。チェーン展開する大型の店舗で品揃えが豊富です。

磯崎港のまとめ

冒頭にも書いた通り、磯崎港は狙える魚種が豊富なところが嬉しいポイントです。釣り物が少なくなってしまう冬場でもメバルやカサゴの他、カレイやムラソイなどが狙えます。年によっては寒くなってきたタイミングでサヨリが爆釣することがあり、サヨリ釣りもお勧めです。

なお「③港の西側にある沖堤」は波が高い日には波をかぶってしまうことがあります。波予報も事前にチェックし、波が高い日は他のポイントを選ぶようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました