検見川浜の釣り場を360度写真付きでレポート。東京湾最奥でも満足の釣果!

検見川浜突堤の釣り場概要

検見川浜突堤は、千葉県千葉市美浜区という東京湾の奥の奥の方にある釣り場です。東京湾の奥だと、なかなか回遊魚が回ってこないイメージがありますが、年によってはイナダやサゴシなど大型の青物が回遊してくることもあり、人気の釣りスポットとなっています。

釣り場となる突堤は弧を描くように海に突き出していて、突堤の内側は波が少なく穏やかな海となっています。

突堤の全長は約500メートルと長いうえ、幅も5~6メートルと広く、外海、内海の両側で釣りが可能です。大きなキャパを持った釣り場で、相当なハイシーズンでない限り、釣り場の確保はしやすそうです。筆者もこの日は昼過ぎに訪れたのですが、奥の方で開いている場所を見つけ、すんなり釣りをスタートすることができました。

子連れにも最適!

検見川浜突堤_360度写真03

検見川浜突堤_360度写真03-CLICKでSTART

上の360度写真の通り足場は広く、また両側ともに柵に囲まれていて海に落ちる心配がありませんので、小さなお子さんがいても安心して釣りを楽しむことができます。

また、夏場は豆アジやイワシなどがサビキ釣りで入れ食いになることも多いようで、初心者やお子さんでも釣果を上げやすい釣り場です。

トイレは海水浴客用の屋外トイレや、突堤の付け根あたりにある稲毛ヨットハーバー内のトイレが利用可能です。(ただし、稲毛ヨットハーバーは毎週火曜日は定休日となっていて利用できなくなりますのでご注意ください)

釣り場の環境としてはファミリーフィッシングにも最適ですね。

夜釣りは不向き?

検見川浜突堤_360度写真04

検見川浜突堤_360度写真04-CLICKでSTART

突堤には常夜灯がありませんので、夜になると竿先の糸がどこに向かって伸びているのか?もわからないほど真っ暗になります。もし夜釣りをする場合は、明るめのランタンやヘッドライトが必須な釣り場です。

また、地元の常連さん曰く、風が強い日は満潮時には波をかぶるから夜釣りは危ない」と話されていました。

検見川浜突堤_360度写真05

検見川浜突堤_360度写真05-CLICKでSTART

特に突堤の付け根部分は低くなっていて波をかぶりやすく、風が強い日は波をかぶって川のように海水が流れています。(上の360度写真は強風が吹いていた別日に撮影した写真です)

検見川浜突堤で夜釣りをする場合は、風予報や潮見表などを事前に確認し、準備万端で臨みましょう。

検見川浜で釣れる魚

検見川浜突堤_360度写真06

検見川浜突堤_360度写真06-CLICKでSTART

春に釣れる魚

  • シリヤケイカ
  • コウイカ
  • メバル

夏に釣れる魚

  • イワシ
  • アジ
  • サバ
  • サッパ
  • キス
  • イシモチ
  • コノシロ
  • シーバス

秋に釣れる魚

  • イワシ
  • アジ
  • サッパ
  • イナダ
  • ワカシ
  • シーバス

冬に釣れる魚

  • カレイ
  • ヒイカ
  • サヨリ
  • シーバス

筆者の釣果

検見川浜突堤_360度写真07

検見川浜突堤_360度写真07-CLICKでSTART

2019年9月29日

筆者が訪れたのは9月下旬。泳がせ釣りがしたくて昼過ぎからサビキ釣りで小魚を狙っていたのですが、全然釣れないまま夕マヅメに突入。仕方なくメタルジグを投げていたらシーバスを1匹釣ることができました。

筆者の釣果はシーバス1匹のみでしたが、周りではイナダがポツポツ釣れていました。常連さんにお話を伺うと、その日の朝マヅメはイナダが入れ食いだったそうです。2019年秋はイナダが東京湾奥まで回遊してきているようで、他の釣り場でもたくさん釣れている様子。筆者もリベンジでイナダを釣りたいです。

検見川浜突堤へのアクセス

電車で行く場合

最寄り駅はJR京葉線の「検見川浜駅」または「稲毛海岸駅」で、いずれも徒歩20~30分と遠く、電車釣行には不便な場所にあります。稲毛ヨットハーバーにバス停がありますので、電車釣行の場合はバスも利用するのが良さそうです。

車で行く場合

カーナビで出てこない場合は「稲毛ヨットハーバー」を入力すると良いでしょう。稲毛ヨットハーバーの住所は「千葉県千葉市美浜区磯辺2丁目8-1」です。

駐車場

検見川浜突堤_360度写真08

検見川浜突堤_360度写真08-CLICKでSTART

隣接する稲毛ヨットハーバー駐車場(収容台数277台)が最寄りとなります。料金は普通車1回500円とかなりリーズナブルです。

ただし、駐車場は利用時間が決められていて「7:30~22:00」のみ利用可能です。それ以外の時間帯は出入りができないだけでなく、留め置きも禁止されているので注意が必要です。夜釣りをする場合は近隣のコインパーキングに駐めなくてはなら

360度カメラで撮影した検見川浜突堤

駐車場から砂浜への入口01

検見川浜突堤_360度写真09

検見川浜突堤_360度写真09-CLICKでSTART

駐車場から砂浜に出る出入り口です。釣り場である突堤へは砂浜に出ず、フェンス沿いに左へ進むのが近道です。

駐車場から砂浜への入口02

検見川浜突堤_360度写真10

検見川浜突堤_360度写真10-CLICKでSTART

駐車場を出ると、広い砂浜が広がっています。

砂浜11

検見川浜突堤_360度写真11

検見川浜突堤_360度写真11-CLICKでSTART

突堤の内側ではウィンドサーフィンを楽しんでいる方がたくさんいらっしゃいました。ウィンドサーフィンのスポットとしても人気の高い場所のようです。

砂浜12

検見川浜突堤_360度写真12

検見川浜突堤_360度写真12-CLICKでSTART

上の360度写真を撮影した日は風がかなり強い日で、ウィンドサーフィン日和だったようです。

突堤への入り口

検見川浜突堤_360度写真13

検見川浜突堤_360度写真13-CLICKでSTART

入り口から突堤に続く通路は少し狭くなっています。入口付近にはバイクの駐輪スペースがあり、バイク釣行の方たちのスクーターが数台並んでいました。

突堤へ続く通路

検見川浜突堤_360度写真14

検見川浜突堤_360度写真14-CLICKでSTART

通路の外海側は大きな石が敷き詰められています。ハゼなどが狙えるようですが海までの距離がありますので長めの竿が必要です。敷石に降りて釣りをしている方もいましたが、危ないのでやめたほうが良いでしょう。

釣り場入口

検見川浜突堤_360度写真15

検見川浜突堤_360度写真15-CLICKでSTART

釣り場は通路より少しだけ高くなっています。

釣り場

検見川浜突堤_360度写真16

検見川浜突堤_360度写真16-CLICKでSTART

釣り場の入口付近です。通路に比べて幅も広くなり、釣りのしやすい環境となっています。途中途中に備え付けのベンチがあるのも嬉しいですね。

釣り場中央付近

検見川浜突堤_360度写真17

検見川浜突堤_360度写真17-CLICKでSTART

突堤の中央付近の360度写真です。外海と内海の両方に竿を出せるのですが、やはり外海側のほうが人気が高いようです。

釣り場先端

検見川浜突堤_360度写真18

検見川浜突堤_360度写真18-CLICKでSTART

この日はイナダの回遊があり、皆さんイナダを狙ってルアーを投げていました。イナダの釣果はこの先端付近が多いようでした。

稲毛ヨットハーバー01

検見川浜突堤_360度写真19

検見川浜突堤_360度写真19-CLICKでSTART

駐車場のすぐそばにある稲毛ヨットハーバーの建物です。釣り場である突堤からの最寄りのトイレはこちらになります。

稲毛ヨットハーバー02

検見川浜突堤_360度写真20

検見川浜突堤_360度写真20-CLICKでSTART

稲毛ヨットハーバーでは、初心者でも参加できるヨット体験会も開催されています。

近くの釣りスポット

千葉港(千葉ポートパーク)

検見川浜突堤から車で20分ほどの場所に千葉ポートパークという大きな公園があります。その公園に隣接する千葉港中央ふ頭でも釣りを楽しむことができます。

冬場はカレイやヒイカが釣れることで有名な釣りスポットです。足場もよく、検見川浜突堤と同様ファミリーフィッシングにも向いている釣り場となっています。

千葉港(千葉ポートパーク)の詳細は以下の記事で紹介していますので、ぜひ御覧ください。
千葉港(千葉ポートパーク)の釣り場を360度カメラでレポート│子連れも安心な釣り場!

高洲海浜公園

検見川浜突堤からは車で30分ほどの距離にある釣りスポットです。釣り場はかなり広く、護岸には柵が設けられていてファミリーフィッシングにも最適な釣り場です。バーベキューをしながら釣りを楽しむことも可能です。

ただ、護岸の足元にはテトラが入っているため足元での釣りはできず、基本投釣りのみとなります。

高洲海浜公園の釣り場については以下の記事で紹介していますので、こちらもあわせてご覧ください。
高洲海浜公園の釣り場を360度写真レポート│バーベキューも一緒に楽しめる?

次回はカニ穫り?

検見川浜突堤_360度写真21

検見川浜突堤_360度写真21-CLICKでSTART

冒頭の方で夜釣りには不向きと書きましたが、筆者が納竿して帰り支度をしていたタイミング(19時くらい)で入ってこられる釣り人さんも何人かいらっしゃいましたので、夜釣りができないわけではなさそうです。

また、暗くなってからヘッドライトとタモだけ持って堤防に来ている方が複数名いらっしゃいました。何をしているのか?尋ねたところ、カニを獲っているとのことで、日によっては沢山のカニが泳いでいて、ガザミ系のカニが大漁になることもあるそうです。

筆者も次回はタモを持ってきて、カニの味噌汁を目標に頑張りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました