一色漁港の釣り場は車横付けできてファミリーにも最適!各ポイントを360度写真付きで紹介

一色漁港の概要

一色漁港は愛知県西尾市一色町にある大きな漁港です。西三河地方では最大規模の漁港で、一年を通してマダイやスズキ、アサリやイカ、天然のエビなど様々な魚介類が水揚げされます。

また、一色漁港のある一色町はウナギも有名で、「一色うなぎ」という名前でブランド化したうなぎの養殖も盛んに行われています。養殖ウナギの生産量は全国でもトップクラスを誇り、年間約4,600トンのウナギが生産されています。

港内には「一色さかな広場」という直売所もあり、一般の方も水揚げされたばかりの神聖な魚介類や「一色うなぎ」などを購入することができ、地域住民や観光客からも親しまれる漁港となっています。

一色さかな広場には新鮮な海の幸を堪能できるレストランもありますので、ぜひ立ち寄って見ましょう。

一色漁港の釣り場

一色漁港-釣り場の全体像

一色漁港-釣り場の全体像

一色漁港は「一色排水路(市子川)」という川の河口に位置し、漁港自体も魚影の濃いことで知られる人気の釣りスポットです。釣り場には車を横付けして釣りができるポイントもあり、ファミリーフィッシングにも最適な釣り場となっています。

一色漁港の釣り場は大きく分けて

  1. 一色排水路(市子川)河口の西側護岸
  2. 一色排水路(市子川)河口の東側護岸
  3. 一色漁港入口の護岸と突堤
  4. 一色海浜公園の護岸

に分けられます。

釣りができるポイントは比較的多く、キャパの大きな釣り場と言えるでしょう。また、ポイントに応じて環境が異なり、狙える魚種も豊富です。

ただし、釣り禁止や立入禁止の場所もありますので注意が必要です。釣り禁止の場所が新たに増えている可能性もありますので、釣りをする際は現地の看板や関係者の指示に従って下さい。

①一色排水路(市子川)河口の西側護岸

一色さかや広場などがある河口西側にあたる護岸です。かなり大きな駐車場があり、その駐車場周辺の護岸や突堤で釣りができます。

西側の護岸

駐車場の西側にあたる、垂直護岸のポイントです。足元からある程度水深がありますので、初心者にもお勧めのサビキ釣りも可能となっています。車を横付けすることも可能なので、ファミリー層にも人気のポイントです。

サビキ釣りでは夏から秋にかけてアジやイワシ、サバなどが狙えます。朝マヅメや夕マヅメの回遊のタイミングに合えば、お子さんでも比較的簡単に超過を上げることができるでしょう。

また、春や秋の涼しい季節にはサヨリが回ってくることもあります。サヨリの釣果情報が出ているようであれば、表層を狙う専用の仕掛けで狙ってみてください。

南側の護岸

駐車場の南側の護岸です。護岸の足元は石積みが入っていますので、足元でのサビキ釣りにはできません。ちょい投げが基本の釣りとなります。

水深はあまりありませんが、ちょい投げのぶっこみ釣りでハゼが狙える他、冬場はメバルやカサゴなどの根魚が狙えます。また、ルアーでシーバスも人気のターゲットです。

なお、一色漁港ではタイワンガザミやワタリガニが釣れることでも有名です。カニ網で比較的簡単に捕ることができますので試してみると良いでしょう。

東側の護岸と突堤

駐車場の東側にあたる垂直護岸です。車を横付けして釣りができ、また一色排水路の河口になっているため魚影が濃く、一番人気の高いポイントとなっています。

護岸の端には、河口に向かって伸びる全長60メートルほどの小さなL字型の突堤があり、そちらでも釣りが可能です。

いずれも足元から水深がありますので、初心者にお勧めのサビキ釣りも可能です。回遊のタイミングに合えばアジやイワシ、サバなどの数釣りが楽しめるでしょう。

また、汽水域を好むハゼやシーバス、クロダイの魚影が濃いことでも知られています。サビキ釣りに加え、ちょい投げのぶっこみ釣り、落とし込み、ルアーなど様々な釣法が試せるのも嬉しいポイントの一つです。

②一色排水路(市子川)河口の東側護岸

一色漁港-一色排水路(市子川)河口の東側護岸

一色排水路を挟んで①の「東側の護岸と突堤」の対岸にあたる釣り場です。同じく河口にあたるため魚影が濃く、人気の高いポイントとなっています。ただし、トイレなどの問題を考えると、ファミリー層は①の「東側の護岸と突堤」のほうが良いでしょう。

狙える魚種も同じく豊富で、サビキ釣りでアジやイワシ、サバなどの定番魚が狙える他、ぶっこみ釣りでハゼやシロギス、ルアーでシーバスなど様々な魚種を狙うことが可能です。

また、ぶっこみ釣りではウナギやアナゴが釣れることもあります。ウナギやアナゴを狙うのなら夜釣りがお勧めです。

③一色漁港入口の護岸と突堤

一色漁港の南側(外海側)にある護岸と突堤のポイントです。

釣座となる足場が狭く、また海の状況によっては波をかぶって足場が濡れていますので、子連れのファミリーフィッシングには不向きなポイントです。

ただし、外海に近いポイントのため秋のハイシーズンには青物も狙えるポイントとしてベテランの釣り人には人気の高い釣り場となっています。

シーバスの好ポイントとしても知られている他、足元に敷石が入っていてメバルやカサゴ、アイナメなどの根魚の魚影も濃い釣り場です。

④一色海浜公園の護岸

一色漁港-一色海浜公園の護岸

一色漁港の東側に隣接する一色海浜公園、坂田グラウンド横の海岸でも釣りができます。砂地に岩が混ざる海岸で、全体的に水深は浅いポイントとなっています。

投釣りで夏はシロギスやハゼ、冬場はカレイが狙えます。また、干潮時にはアサリの潮干狩りを楽しむことも可能です。

トイレ

①一色排水路(市子川)河口の西側護岸で釣座を構える場合は、さかな広場に隣接する「一色漁港 交流広場」に公衆トイレがあります。

また、「④一色海浜公園の護岸」の場合は、海浜公園内に公衆トイレが備わっています。

一色漁港で釣れる魚

釣り上げられたハゼ

  • メバル
  • カサゴ
  • アイナメ
  • シーバス
  • クロダイ

  • ハゼ
  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • シロギス
  • ウナギ
  • アナゴ
  • カワハギ
  • シーバス
  • クロダイ

  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • サヨリ
  • 青物
  • シロギス
  • ハゼ
  • アナゴ
  • カワハギ
  • シーバス
  • クロダイ

  • カレイ
  • メバル
  • カサゴ
  • アイナメ

一色漁港へのアクセス

電車

残念ながら一色漁港から徒歩圏内に電車の駅はありません。最寄りの駅は名鉄の西尾線・蒲郡線にある「吉良吉田駅」で、駅から一色漁港まではタクシーで15分ほどの距離です。

名古屋方面からの場合、最寄りのインターチェンジは知多半島道路「半田インターチェンジ」です。半田ICから一色漁港までは車で30~40分ほどの距離となっています。

なお、カーナビでは「一色さかな広場」の住所「愛知県西尾市一色町小藪船江東176」を目指すと良いでしょう。

駐車場

「①一色排水路(市子川)河口の西側護岸」に広大な駐車場があり、駐車場には困らないでしょう。また、車を横付けして釣りができるポイントも多くあります。

一色漁港近くのその他釣りスポット

吉良サンライズパーク・宮崎漁港

吉良サンライズパーク・宮崎漁港は、一色漁港から東に車で20~25分の場所にある釣りスポットです。宮崎漁港と併設された吉良サンライズパークの護岸や防波堤で釣りが楽しめます。

公園側には転落防止の柵が設置された護岸や防波堤があり、子連れのファミリーフィッシングにも最適な釣りスポットとなっています。

サビキ釣りでアジやイワシ、サバなどの数釣りが楽しめる他、メバルやカサゴ、アイナメなどの根魚、シーバスやクロダイなど狙える魚種が豊富な釣り場です。宮崎漁港の西側にある砂浜では夏にシロギス釣りも楽しめます。

吉良サンライズパーク・宮崎漁港については、以下の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
吉良サンライズパーク・宮崎漁港の釣り場はファミリーに最適!防波堤や護岸など各ポイントを360度写真付きで紹介

碧南釣り広場

碧南釣り広場は、一色漁港から西に車で25~30分ほどの場所にある人気の釣りスポットです。JERA碧南火力発電所に併設された海釣り施設、火力発電所から出る温排水の影響で水温が高く、一年中魚影が濃いポイントとして知られています。

釣り場となる護岸には柵が設置されていて、子連れのファミリーフィッシングも安心して楽しめる釣り場となっています。

狙える魚種は豊富で、定番のアジやサバ、イワシなどはもちろんサビキ釣りでメッキが釣れることもあります。また、クロダイの魚影が濃いことでも知られていて、温排水の排水口はクロダイを狙う方に人気の高いポイントです。

碧南釣り広場の詳細については、以下の記事でご確認ください。
碧南釣り広場は冬でも釣れる!ファミリーにも人気のポイントを360度写真付きで紹介

佐久島

三河湾のほぼ中央付近に浮かぶ離島です。今回紹介した一色漁港から高速船の定期便が就航していて、20分~30分ほどで島に渡ることができます。

島内には釣りスポットが多数点在していて、釣り人から人気の高い島となっています。本土側に比べるとやはり魚影は濃く、また狙える魚種も豊富な釣りスポットです。

コショウダイやイシダイなど、本土ではなかなかお目にかかれない魚種を狙うことも可能なほか、アオリイカの魚影も濃くエギングの釣果が出しやすいでしょう。

佐久島の釣り場については、以下の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
佐久島の釣り場はファミリーにもお勧め!気軽に行ける離島の各ポイントを360度写真付きで紹介します。

愛知県のその他釣りスポット

愛知県内には、一色漁港の他にもまだまだたくさんの人気釣りスポットがあります。

駅からも近く電車釣行にも向いている釣り場や、アクセスしづらいけど穴場な釣り場など特徴も様々です。釣り場によって狙える魚種も多種多様なので、ぜひ自分にあった釣り場を探してみましょう。

以下の記事では愛知県内の釣り場の中から、ファミリーフィッシングにも向いている釣り場を厳選して紹介しています。愛知県での釣行の際にはご参考ください。
愛知県の釣りスポット21選!ファミリーや初心者にもオススメなポイントを360度写真付きで紹介します

一色漁港のまとめ

一色漁港では「公益財団法人 日本釣振興会」が主催する「三河湾ハゼ釣り大会」が毎年開催されています。それだけハゼの魚影が濃いポイントとして人気が高い釣り場です。
(※2021年はコロナの影響で中止となっているようです)

ハゼ釣りは比較的手軽な釣りで、また初心者でも釣果が出しやすい釣りなので、これから釣りを始めて見たいという親子の釣りデビューには最適です。

まだ釣りをしたことがない方も、親子でハゼ釣り大会に参加して釣りデビューしてみてはいかがでしょうか。

最後に、一色漁港は釣り禁止、立入禁止の場所があり、また釣り禁止の場所が増えるなど状況も変わってきています。

今後さらに釣り禁止の場所が増えてしまわないためにも、

  • ゴミは必ず持ち帰る
  • 立入禁止の場所には入らない
  • 釣り禁止の場所で竿を出さない
  • 餌で汚したら掃除をする
  • 迷惑駐車は行わない

など、ルールやマナーを守って釣りを楽しみましょう。一人ひとりの心がけが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました