正直料金は高め!?八景島シーパラダイスの魅力って?│360度写真付きでレポート

シェアする

大規模な水族館と遊園地が同時に楽しめる!

今回紹介する八景島シーパラダイスは、横浜の人工島である八景島に水族館や遊園地、ショッピングモールやホテルなどが併設された複合型施設です。八景島自体の面積は約240,000平方メートルで東京ドームが5つすっぽり入ってしまう広さとなっており、1日中遊んでも遊び尽くせ無いほどの規模を誇るアミューズメントパークです。

八景島シーパラダイス01 https://tokyo360photo.com/yokohama-hakkeijima-seaparadise – Spherical Image – RICOH THETA

年間の来場者数は約400万人となっており、土日祝日ともなればやはり混雑が予想されます。
ただし、混雑するのは駐車場とチケット購入窓口で、一旦入園してしまえば先ほど書いた通り園の中は広大なので、さほどストレス無く楽しめるかと思います。

八景島シーパラダイス02 https://tokyo360photo.com/yokohama-hakkeijima-seaparadise – Spherical Image – RICOH THETA

駐車場は下調べして行きましょう!

八景島自体には駐車場がありませんが、周囲に複数の駐車場があります。
この複数の駐車場は、

  • 八景島の入り口までの距離
  • 料金体系
  • 混雑具合

が異なります。

祝日ともなれば、やはり駐車場に入るための長い行列ができてしまい、園内に辿り着く前にヘトヘトに…なんてことも考えられます。失敗しないためにも、事前に確認しておきましょう。

一番オススメの駐車場は八景島B駐車場

  • 住所: 神奈川県横浜市金沢区福浦3丁目地先
  • 営業時間: 開島30分前から閉島30分後
  • 料金: ~6/30:1日1000円、7/1~:1日1200円

八景島シーパラダイスに一番近い駐車場です。駐車料金は1日定額なので、時間を気にせず遊べるのも良い点です。まずはこの駐車場を目指し、満車や長蛇の列ができている場合に他駐車場に変更するのがオススメプランです。

なお、八景島シーパラダイスの開島時間は朝の8時半で、この駐車場は8時から営業していますので、開島前の時間に着くようにすることで混雑を回避するのが理想的かと思います。

八景島A駐車場

  • 住所: 神奈川県横浜市金沢区福浦3丁目12
  • 営業時間: 開島30分前から閉島30分後
  • 料金: ~6/30:1日1000円、7/1~:1日1200円

高速出口から八景島に向かう一般的な道のりで、最初に出会う駐車場です。また、誘導員の方が立っており、先ほどのB駐車場が満車じゃなくてもこちらのA駐車場に誘導しようとしますので、こちらのA駐車場に駐めている方が多いかと思います。

八景島シーパラダイスまで徒歩で10分程度となっていますので、こちらの駐車場も混んでさえいなければオススメす。ただし、A駐車場で長蛇の列ができているにもかかわらず、その列を無視して先ほどおB駐車場に向かうと、さほど並ばずに駐められた。なんてこともありますので注意が必要です。

その他の駐車場

八景島入口の周辺には、他にも駐車場が複数ありますので、下記サイトなどで事前にチェックしておくことをオススメします。

http://find-travel.jp/article/27348

http://breakingnews800.com/leisure1/

http://nami-machi.net/2015/05/03/107

メインは水族館

八景島シーパラダイスは、様々なアトラクションのある遊園地やショピングモールもありますが、やっぱりメインは水族館。

水族館は、「アクアミュージアム」「ドルフィンファンタジー」「ふれあいラグーン」「うみファーム」の4つのエリアで構成されており、水族館だけで十分に一日遊べる規模となっています。むしろ、子連れだと移動やご飯休憩などにも時間を要するため、水族館だけでも1日じゃ足りないくらいです。

アクアミュージアム

アクアミュージアムは、500種類、10万の生き物が展示されている水族館です。フロアは5階まであり、このアクアミュージアムだけでも大規模と言える水族館です。

海の魚たちはもちろん、ホッキョクグマ水槽や、川の生き物を展示しているエリアもあり、バラエティに富んだ作りとなっています。

八景島シーパラダイス ホッキョクグマ https://tokyo360photo.com/yokohama-hakkeijima-seaparadise – Spherical Image – RICOH THETA

また、2010年から始まったジンベイザメの展示も目玉の一つで、なんとそのジンベイザメは、イルカショーのプールで泳いでいて、雄大な姿を上から眺めることもできます。イルカショーが始まるとジンベイザメはプールの底の方に潜ってしまうことが多いようなので、上からジンベイザメを見たい人はイルカショーの合間に観に行くことをオススメします。

八景島シーパラダイス ショープール https://tokyo360photo.com/yokohama-hakkeijima-seaparadise – Spherical Image – RICOH THETA

ドルフィンファンタジー

2004年7月16日オープンした、イルカがメインの新しい水族館です。見所はトンネル型(アーチ状)の水槽で、複数のイルカが楽しそうに泳ぐ姿を下から見上げることができます。

八景島シーパラダイス ドルフィンファンタジー https://tokyo360photo.com/yokohama-hakkeijima-seaparadise – Spherical Image – RICOH THETA

ふれあいラグーン

八景島シーパラダイスの敷地の一番奥に配置された、イルカやペンギン、セイウチなどと触れ合うことができる施設です。夏には、触れるだけでなくイルカと一緒に泳げるプログラムなどもあるようなので、興味がある方はぜひチェックして事前予約を行いましょう!

うみファーム

魚を「育てる」「獲る」「食べる」を学ぶことを目的とした施設です。簡単に説明すると、釣った魚をその場で調理(唐揚げ)にして食べることができる釣り堀です。生簀(いけす)は、魚の種類ごとに分かれており、食べたい魚の生簀で釣りを楽しみます。(生簀は自由に移動可能です)

八景島シーパラダイス うみファーム https://tokyo360photo.com/yokohama-hakkeijima-seaparadise – Spherical Image – RICOH THETA

注意しなくてはならない点は、「釣った魚はリリースNGで、必ず購入して食べる。(持ち帰りも禁止)」という決まりがあることです。

この生簀は入れ食い状態で、私の子供(4歳)でも、釣り糸を垂らせばほぼ100%の確立で釣れました…気がついたら子供が高級魚タイの生簀でバンバン釣っていた。なんてことにならないよう気をつける必要があります。お財布とも相談しながら、食べれる分だけを釣りましょう。

なお、うみファームの「魚釣り」と「魚とり」は、ワンデーパスとは別料金で参加費用620円+魚の調理費用(アジ1尾190円)が発生します。

エサをつけなくても釣れてしまう勢いなので、10~15分もすれば大漁状態で、あっという間に終わってしまいます。大人にとっては簡単すぎてつまらないし、子供にとっては時間が短すぎてつまらない。という感じなので、子連れ家族にはお勧めできません。うみファーム以外にも見どころはたくさんありますので、ここはスルーするのが賢い選択かと思います。

水族館だけじゃない!遊園地のアトラクションも充実!

八景島シーパラダイスの遊園地エリアには、ジェットコースターやバイキング、メリーゴーランドの定番アトラクションに加え、日本一の高さを誇るフリーフォール「ブルーフォール」や、激流川下りを模した「アクアライドⅡ」など、八景島シーパラダイスならではのアトラクションも充実しています。

小さなお子さんのいる家族にはまだ早いですが、絶叫系を楽しめる歳の子連れや、友達同士、カップルなどは、水族館だけでなく遊園地も一緒に楽しむことをオススメします!

日本一のブルーフォール

八景島シーパラダイス ブルーフォール https://tokyo360photo.com/yokohama-hakkeijima-seaparadise – Spherical Image – RICOH THETA

落下地点の高さは地上107メートルで35階建ての高層ビルに相当し、フリーフォールの中では日本一となっています!落下スピードの最高速度は時速125kmで4Gの加速度が襲いかかります。

  • 料金:1,000円
  • 制限:
    身長130cm以上
    65歳未満
    ※130cm以上でも10歳以下の場合は付き添い必須

これを乗らずして絶叫系好きは語れません。自信のある方はぜひ挑戦してみましょう。

アクアライドⅡ

八景島シーパラダイス アクアライドⅡ https://tokyo360photo.com/yokohama-hakkeijima-seaparadise – Spherical Image – RICOH THETA

丸く円になって座るボートに乗って、人工の川を激流にのまれながら下るアトラクションです。水路の岸壁に激突したり、海賊たちの砲撃にあったりと、なかなか激しいアトラクションで、お子さんと一緒に乗れば楽しめることまちがいなしです。水しぶきで濡れるのが嫌な方には、入口で100円の雨ガッパを販売していますので、購入して挑戦しましょう!

  • 料金:800円
  • 身長110cm以上
    5歳以上
  • 定員:6名
  • 全長:314m
  • 最高速度:時速13km

八景島シーパラダイスの料金について

八景島シーパラダイスの料金体系は少々複雑ですが、基本となる

  • ワンデーパス
  • アクアリゾーツパス
  • プレジャーランドパス

の中から目的に合わせてチョイスすれば良いかと思います。

ワンデーパス

4つのエリアからなる水族館と遊園地のアトラクション乗り放題がパックになったチケットです。

  • 大人(高校生以上):5,050円(税込)
  • 小・中学生:3,600円(税込)
  • 幼児(4才以上):2,050円(税込)
  • シニア(65才以上):3,600円(税込)

サマーナイトパス

2016年7月15日~2016年9月4日の販売ですが、夕方17時以降入園する方向けの、水族館と遊園地乗り放題のチケットです。

  • 小学生以上:3,300円
    ※小学生以上共通の料金です

17時以降の入園となりますので、観覧できないショーなどが出てきてしまいますので、注意が必要です。

アクアリゾーツパス

「アクアミュージアム」「ドルフィンファンタジー」「ふれあいラグーン」「うみファーム」の4エリアからなる水族館の入場チケットです。(アクアシアターは別料金です)

水族館の4エリアだけでも十分に規模が大きく、小さなお子さんのいる子連れ家族はこの4エリアを回るだけで丸1日かかってしまうかと思います。また遊園地側は身長制限などで乗れないアトラクションも多々ありますので、子連れ家族にはこの「アクアリゾーツパス」がおすすめです。

  • 大人・高校生:3,000円
  • 小・中学生:1,750円
  • 幼児(4才以上):850円
  • シニア(65才以上):2,450円

アクアリゾーツパス&アクアシアター

アクアリゾーツパスでは別料金となってしまうアクアシアターも楽しみたい方は、プラス200円でセットになったチケットを購入することができます。

  • 大人・高校生:3,200円
  • 小・中学生:1,950円
  • 幼児(4才以上):1,050円
  • シニア(65才以上):2,650円

ペアナイトアクアリゾーツパス

夕方17時以降から水族館エリアだけを楽しみたい方向けの、ペアチケットです。

  • 1ペア(2名):4,950円

プレジャーランドパス

遊園地の15種類のアトラクションが乗り放題となるチケットです。

  • 大人・高校生:3,000円
  • 小・中学生:2,650円
  • 幼児(4才以上):1,550円
  • シニア(65才以上):3,000円

なかよしおやこ5回券

子供向けのアトラクションに、親子二人で5回乗れるチケットです。

乗れるアトラクションは、

  • シーパラダイスタワー
  • メリーゴーラウンド
  • ドランケン・バレル
  • ピーターパン
  • レッドバロン
  • パラダイスクルーズ
  • 周遊バス
  • シートレイン
  • シーボート

となっています。

  • 親子一組:2,000円

小さなお子さんのいる子連れ家族は、まず「アクアリゾーツパス」で水族館エリアを楽しみ、時間が余るようでしたらこの仲良し親子5回券で遊園地エリアを楽しむのも良いかと思います。

割引チケット(クーポン)

現在、期間限定(2016年3月1日~2016年11月30日まで)ではありますが、公式サイトにてインターネット特別クーポンを購入することができるようなので、お出かけの前にチェックしてみましょう!

インターネット特別割引

まとめ

今回紹介した八景島シーパラダイスは、ちょっと料金は高めに感じましたが、イルカに触れられるなど、他にはない八景島シーパラダイスならではの体験ができますので、ぜひ一度は訪れたい場所かと思います。料金が高めだからこそ、無駄なく100%八景島シーパラダイスを満喫したいですよね。規模が大きく、一日で全てを堪能するのは難しいので、事前に色々と調べ、スケジュールを組んで行くことをオススメします!

八景島シーパラダイスの基本情報

  • 住所:神奈川県横浜市金沢区八景島
  • 営業時間:施設や曜日によって異なりますので、公式サイトをチェックしましょう
  • 最寄り駅:シーサイドライン「八景島駅」

八景島シーパラダイスのクチコミ・評判

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A