地球の丸く見える丘展望館は本当に丸さを実感できる?360度カメラを持って確かめてきました

シェアする

地球の丸く見える丘展望館に360度カメラを持って行ってみた

今回360度カメラを片手に訪れたのは、千葉県銚子市にある「地球の丸く見える丘展望館」です。

地球が丸いのは常識ですが、頭ではわかっていてもなかなか実感したことはない人がほとんどではないでしょうか。私もそんな中の一人、地球の丸さを実感したことなんてありません。

そこで、以前から気になっていた「地球の丸く見える丘展望館」に足を運んでみました!

地球が丸く見える理由

地球が丸く見える丘は銚子市で最も高い愛宕山の山頂にあり、標高は73.6メートル。屋上に設けられた展望台からは建物などに遮られることなく、360度景色を見渡すことができます。

また、見渡せる360度の内330度が海(水平線)となっていて、水平線が自分の周りを弧を描いて見えることから、地球の丸さを感じることができるというわけです。これが地球の丸く見える丘展望館では地球が丸く見える理由です。

地球の丸く見える丘展望館-360度写真01 https://tokyo360photo.com/chikyunomarukumieru_oka – Spherical Image – RICOH THETA

晴れた日には富士山も見えるようですが、この日晴れていることは晴れたいたのですが、残念ながら少し霞がかっていて見えませんでした。

地球の丸く見える丘展望館は実際丸く見える?

さて、本当に丸さを実感できたか?というと…

期待しすぎていたせいも大きいと思うのですが、正直「う~ん、言われてみれば丸いような…」という感じでした。もちろん人それぞれ感じ方は違うかと思いますが、何事も期待しすぎるのはよろしくないですね。

ただし、360度見渡せるパノラマビューは絶景であることに変わりはありません。地球が丸く見えるかはさておき、東京では味わえない空の広さを感じることができます。また、銚子は新鮮で美味しい魚も食べられますので、ぜひ一度は足を運んでみてはいかがでしょうか。

地球の丸く見える丘展望館-360度写真02 https://tokyo360photo.com/chikyunomarukumieru_oka – Spherical Image – RICOH THETA

360度見渡せるので、日の出日の入りの両方を眺めることができます。毎年元旦の日(1月1日)は早朝の5時半開館となり、初日の出を拝むイベントが開催されているようです。
(初日の出も良いですが、久しく夕日を眺めた記憶がないので、海に沈む夕日をゆっくり眺めたいですね~)

次ページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A