犬吠埼マリンパークがユルすぎる!アットホームな水族館を360度写真付きでレポート

シェアする

犬吠埼マリンパークの概要

犬吠埼マリンパーク01 https://tokyo360photo.com/inubousaki-marinepark-aquarium – Spherical Image – RICOH THETA

今回紹介する「犬吠埼マリンパーク」は、千葉県銚子市にある民営の水族館です。特徴は何と言ってもそのショボさ!公式サイト(http://www.geocities.jp/inuboo_marin/)も「いったい何年前に作ったものなんだ?」というセンスのホームページで、逆に興味をそそられます。

本気で水族館を楽しみたい人には全くお薦めできませんが、

  • 犬吠埼灯台
  • 犬吠埼遊歩道
  • 地球の丸く見える丘展望館

など、近場の観光スポットを巡るついでに。というスタンスで行けば、違った意味で楽しめる水族館です。

ちなみに、犬吠埼は、まとまった範囲に観光スポットがあり、魚も美味しいので、都心からふらっと行ける観光地としてはオススメの場所です。

犬吠埼マリンパーク館内

入り口

犬吠埼マリンパーク02 https://tokyo360photo.com/inubousaki-marinepark-aquarium – Spherical Image – RICOH THETA

なぜか受付(チケット売り場)の上には恐竜のイラストが、マリンパークのメインキャラクターの如く大きく描かれています。外の駐車場にも卵から孵ったばかりの恐竜のオブジェが設置されていて、水族館というより恐竜博物館のような雰囲気です。

ちなみに、この犬吠埼マリンパークのある銚子半島東部には、恐竜のいた1億4,000万年前~6,500万円前の白亜紀の地層があります。(犬吠埼の白亜紀浅海堆積物として、国の天然記念物として指定されています)

マリンパークの目の前にある海岸線の遊歩道は、その白亜紀の地層がむき出しとなっていて、アンモナイトなどの化石が発見されています。波打ち際には「恐竜の足跡かも?」と言われている穴もありますので、恐竜好きの方は必見です!

ただし、この付近で恐竜の化石が発見されたということはまだありません。犬吠埼マリンパークのオブジェなどは、もしかしたら見つかるかも?という期待を込めて(見つかったら水族館から恐竜博物館に切り替えられるように?)設置しているのかもしれしれません。

次のページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A