館山の築港堤防でエギング!穴場な釣りスポットを360度写真レポート

シェアする

館山の穴場釣りスポット「築港堤防」

築港堤防01 https://tokyo360photo.com/chikkou-embankment – Spherical Image – RICOH THETA

館山といえば

  • 館山港
  • 自衛隊堤防
  • 船形港
  • 館山夕日桟橋

など、人気の釣りスポットが沢山ありますが、シーズン中はどの釣り場もかなり混雑しています。その中でも今回紹介する「築港堤防」は他に比べると比較的空いていると言える釣り場です。

駐車場とトイレはナシ

なぜ他に比べて空いているかというと、駐車場の問題が大きいかと思われます。築港堤防には駐車場がなく、そのため車で行くには少し不便な場所となっています。(かと言って、近くに駅も無いため、電車で行くにも不便な場所です)

1つの方法としては、館山港に車を駐め、歩いて築港堤防に行く。という方法がありますが、館山港から築港堤防まで大人の足でも徒歩15分程度はかかる距離です。館山港自体も釣り場としてはかなり人気の場所なので、館山港が混んでいて釣り場を確保できなかった場合の選択肢として築港堤防を考えておくと良いかもしれません。

また、築港堤防のもう一つのマイナスポイントは、トイレが近くにないことです。小さなお子さんがいるファミリーにとっては、子供のトイレタイムを機にする必要が出てきます。

少し離れたところに「渚の駅たてやま」という公共施設もありますが、開いている時間が限られるため朝マズメや夕マヅメ、夜釣りのタイミングでは利用することができません。

魚種や魚影は問題なし

築港堤防02 https://tokyo360photo.com/chikkou-embankment – Spherical Image – RICOH THETA

先に築港堤防のマイナスポイントをあげてしまいましたが、この駐車場とトイレが遠いことさえ我慢すれば、他よりも空いている場所で釣りを楽しむことができます。釣れないから空いていると言うわけではなく、魚影も濃く、狙える魚種も人気の館山港などと変わらないかと思いますので、館山港が混雑しすぎて場所がなかったら足を伸ばしてみることをおすすめします。
(※あくまで人気の館山港や自衛隊堤防に比べて空いている。というだけなので、ハイシーズン中は混み合っているようです)

築港堤防での釣果

築港堤防03 https://tokyo360photo.com/chikkou-embankment – Spherical Image – RICOH THETA

筆者家族は、9月に朝マヅメから午後すぎまで釣りを行い、

  • アオリイカ
  • モンゴウイカ
  • サッパ
  • 小鯖
  • イワシ

を釣りました。

もともとイカ狙いで、且つ初めてのアオリイカだったのでかなり満足の釣果でした。この日は周りのエギンガーの方たちもポツポツ釣れているようでした。

築港堤防で狙える魚

  • アオリイカ
  • クロダイ
  • ヒラメ
  • シーバス
  • カサゴ
  • メバル

  • ソウダガツオ
  • ワカシ
  • イナダ
  • サバ
  • アジ
  • イワシ
  • サッパ
  • コチ
  • マダイ
  • メジナ

  • アオリイカ
  • タチウオ
  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • サッパ
  • カワハギ

  • ヒラメ
  • カサゴ
  • アイナメ
  • スミイカ

次のページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A
AdSense_PC_336A

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A