ニライカナイ橋は絶景が広がるドライブスコース!展望台もある絶景スポットを360度写真付きで紹介

ニライカナイ橋の概要

ニライカナイ橋は沖縄県南部の南城市にある、県道86号に架けられた橋です。

橋といっても海や川を跨ぐ橋ではなく、高低差のある内陸側と海側の地区を結ぶために作られた高架橋で、勾配を緩やかにするために直線距離200メートルのところを大回りする形で全長約660メートルの橋となっています。高低差は約80メートルあります。

周りには視界を遮る高い建物などはなく、緑の葉が生い茂る木々と沖縄の青い空と海とが眩しいほど輝く爽快なドライブコースとして人気が高い端となっています。

ニライ橋とカナイ橋

一般的には「ニライカナイ橋」と呼ばれる橋ですが、実際は真ん中のU字カーブ付近で一度陸と繋がり、そこを境に「ニライ橋」と「カナイ橋」という2つの橋に分かれています。内陸側の高いところに架かる橋が「ニライ橋」で海側の低い場所が「カナイ橋」です。

なお「ニライカナイ」とは沖縄で古くから信仰されている「海の向こうにある神の住む島(理想郷)」を指す言葉です。

ニライカナイ橋は絶景

ニライカナイ橋の絶景

ニライカナイ橋の魅力は青く輝く海を見下ろす絶景にあります。海岸近くのエメラルドグリーンから水平線へと続くコバルトブルーへと変化するグラデーションを眺めながらのドライブは格別でしょう。

また、晴れた日には「神々が住む島」と言われる「久高島」を望むこともでき、ニライカナイ橋という名前にふさわしい絶景スポットとなっています。

おすすめは下り

ニライカナイ橋へと抜けるトンネル

ニライカナイ橋をドライブする場合、海側から登っていくよりも内陸側から海側へと下るルートのほうが断然お勧めです。理由は単純で、海を見下ろす絶景が綺麗に見えるからです。

また、ニライカナイ橋の陸側の起点となる場所には小さなトンネルがあるのですが、下りルートではトンネルを抜けた瞬間に、目の前に真っ青な海が広がる感動体験を味わうことができます。

ドライブの際はぜひ下りルートで絶景を楽しんでください。

なお、おすすめの時間帯は正午~正午過ぎです。東海岸側となっていますので、午前中の早い時間に海を眺めると逆光となります。フォトジェニックな写真が撮りたい場合は、晴れた日の正午がおすすめです。

ニライカナイ橋展望所

ニライカナイ橋の陸側の起点付近にあるトンネルは、上のも道が走っていて展望所にもなっています。

展望所からは真っ青な海を背景に、大きくカーブして海岸方面へと下るニライカナイ橋の全体像を見渡すことができる絶景スポットです。

なお、展望所の隣に駐車場があるのですが、現在は使用できないようです。展望所への入口付近に路上駐車して少し(1~2分)歩く必要があります。

ニライカナイ橋へのアクセス

那覇空港からニライカナイ橋までは車で30~40分ほどの道のりです。那覇の市街地からは少々距離がありますので、ニライカナイ橋だけでなく周辺の観光スポットと一緒に楽しむと良いでしょう。

ニライカナイ橋近くの観光スポット

知念岬公園

知念岬公園はニライカナイ橋の東側、車で5分弱の場所にある絶景スポットです。海に突き出す岬にあり、見晴らし台としての目的で作られた公園となっています。

岬の先端近くの広場からは周囲約250度の広範囲で海の景色を眺めることができ、真っ青な太平洋を一望できる絶景が広がっています。

沖縄本島内でもトップクラスの絶景を持っていますが、観光客はあまり多くなく穴場となっているのも嬉しいポイントの一つです。

知念岬公園については、以下の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
知念岬公園は穴場な絶景スポット!沖縄の知る人ぞ知る観光名所を360度写真付きで紹介

斎場御嶽(せいふぁーうたき)

斎場御嶽もニライカナイ橋から車で5分弱の場所にある観光名所です。世界文化遺産にも登録されていて、県内有数の人気スポットとなっています。

斎場(せいふぁー)は「霊威の高い聖域」、「御嶽(うたき)」とは祈りの場を意味す言葉で、琉球王朝の最も位の高い聖地の一つです。

絶妙なバランスで寄り添う巨大な2つの岩が印象的な「三庫理(サングーイ)」と呼ばれる場所は「安定の場所」として知られていて、数多くの観光客が訪れています。

ニライカナイ橋のまとめ

ニライカナイ橋から見える海

沖縄には絶景スポットや海の見えるドライブコースがまだまだたくさんありますが、ニライカナイ橋が開通したのは2002年8月のことで、沖縄好きな方でもまだ行ったことがない方も多いのではないでしょうか。

絶景が見れる展望所があることを知らない人も多いかと思います。展望所は人も少なく穴場なスポットとなっていますので、のんびり景色を楽しむことができます。

また、ニライカナイ橋には歩道も備わっていますので、徒歩で散策するのも楽しいかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました