玉陵(たまうどぅん)を360度写真レポート。世界遺産をバーチャル観光!

シェアする

玉陵(たまうどぅん)の概要

玉陵-内郭-360度写真 https://tokyo360photo.com/okinawa-royal-tomb – Spherical Image – RICOH THETA

以前紹介した守礼門からもほど近い場所にある、琉球王国の第二尚氏王統歴代の王が眠る陵墓が、今回紹介する「玉陵(たまうどぅん)」です。
※陵墓とは、天皇や皇族のお墓です

この玉陵は、琉球王朝第3代尚真王(しょうしんおう)が、父である尚円王(しょうえんおう)の遺骨を改葬するために建造した陵墓です。その後、2代と7代の王2名を除く歴代の王が葬られました。

破風墓

玉陵は、沖縄特有のお墓「破風墓(はふばか)」と呼ばれるタイプのお墓です。破風墓とは、外見がまるで家のような形をしていて、三角形の屋根があるお墓です。現在の沖縄では、1番ポピュラーなお墓が破風墓となっていますが、その破風墓の中でも1番最初に作られたのが玉陵だといわれています。

先祖崇拝の思考が強い沖縄は、基本お墓のサイズは大きく、破風墓の他に「亀甲墓(かめこうばか)」と呼ばれる亀の甲羅の形に似たお墓も有名ですが、こちらも例に漏れずとても大きな作りとなっています。また、沖縄の糸満市には、「幸地腹門中墓(コウチバラムンチュウバカ)」という破風墓があり、このお墓は日本最大のお墓として有名です。

玉陵の構造

玉陵には、「中室」「東室」「西室」の3つの墓室があり、それぞれ下のような役割がありました。

  • 中室:葬儀後から洗骨までの間の遺体を安置
  • 東室:洗骨後の王と王妃の遺骨を納められた
  • 西室:その他の家族の遺骨を納められた

※当時は、遺体が自然に白骨化するまで安置し、その後で骨を取り出し洗骨していました。

玉陵の歴史

玉陵-外郭の門-360度写真 https://tokyo360photo.com/okinawa-royal-tomb – Spherical Image – RICOH THETA

1501年に建造

上述の通り、玉陵は琉球王朝第3代尚真王が父尚円王の遺骨を改葬するために建造しました。歴史書「琉球国由来記」には、玉陵碑が建立された「1501年」が玉陵の創建年と記されています。ちなみに、尚円王は1476年に亡くなり、玉陵が建造される1501年までの間は「見上げ森 (ミアギムーイ)」という丘に葬られていました。(ミアギムーイも、玉陵の近くにあったようです)

太平洋戦争で破壊と復元

この玉陵がある首里城近辺には、太平洋戦争時には軍の司令部があったため、首里城一帯は米軍の集中砲撃にあいました。玉陵もその空爆によって東室と西室が破壊されるなど大きな被害を受けてしまいます。

現在の玉陵の大部分は、戦後に修復されたものですが、崩れた石組みを掘り起こして既存の石を再利用するなど、できる限り忠実に復元されています。修復工事は、1974年から3年ほどの時間をかけて行われました。

玉陵の石組みをよく見ると、ところどころ白い石が混ざっていますが、その部分は損傷によって既存の石が使えず、新しい石が組み込まれた場所です。また、古い既存の石にも、ポツポツと白い部分がありますが、そこは銃弾が撃ち込まれた穴を修復した跡だそうです。

世界遺産に登録

玉陵は、全体が国の史跡となっており、「玉陵」5棟(墓室3棟・石牆2棟)が国の重要文化財に指定されている他、玉陵の左右両袖上に守護神として設置された「石彫獅子」と、玉陵の外庭にある「石碑(玉陵碑)」は県の有形文化財に指定されています。

また、2000年12月には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。(※グスクとは沖縄の方言で「城」の意味)

この「琉球王国のグスク及び関連遺産群」とは、遺産群と言う名の通り一つではなく、沖縄県の各地に点在しています。玉陵以外は以下となります。

一番有名なのはやはり首里城だと思いますが、ユネスコ世界遺産に登録されたのは首里城跡となっており、復元された部分は含まれません。

次ページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A