沖縄の釣り場20選!初心者でも楽しめるポイントを360度写真付きで紹介します!

青い海に囲まれた沖縄には沢山の釣りスポットがあります。漁港や堤防、サーフや断崖絶壁の磯場など様々な環境の釣り場がありますが、今回は釣り初心者や子連れ家族にも最適なポイントを中心に、360度写真付きで紹介したいと思います。

沖縄観光といえば海水浴やスキューバダイビングが定番ですが、最近釣りを楽しむ観光客も増えてきているのをご存知ですか?南の島ならではの色とりどりの魚やGTと呼ばれる大きなロウニンアジなど、国内では沖縄の釣りでしか見かけることのない魚もたくさんいるのが魅力の一つです。

あなたも沖縄での釣りを体験して、ぜひ沖縄をもっと満喫しましょう。

沖縄本島北部

山川漁港

山川漁港は沖縄の観光名所「美ら海水族館」の近くにある漁港です。漁港内の岸壁と北から南への伸びる大きな堤防で釣りができます。(漁港内にもう一つ小さな堤防がありますが、そちらは立入禁止となっています)

堤防の外海側はテトラが入っていて足場は悪いのですが、魚影の濃さや大物が狙いやすいことから一番人気が高いポイントとなっています。筆者が訪れた日は、テトラからフカセ釣りでゴマアイゴ(カーエー)やニセカンランハギ(トカジャー)を狙っている方がいました。

内海側は足場もよく、ファミリーフィッシングにも向いているポイントです。ただ、足場から海面まで結構高さがあるので小さいお子さんが一緒だとちょっと恐いかもしれません。堤防に柵などはありませんので、ライフジャケットは必須な釣り場です。

魚が泳いでいるのが目視できるほど水質は綺麗です。防波堤の付け根の方はあまり水深がありませんので、先端寄りのポイントがおすすめです。

漁港内の岸壁でも釣りが可能ですが、漁船が停泊していますので漁協関係者の方たちの邪魔にならないように注意が必要です。漁港内の岸壁は足場もよく、海面からの高さもさほどありませんので、小さなお子さん連れのファミリーフィッシングには最適なポイントです。

山川漁港の基本情報

  • 住所:沖縄県国頭郡本部町山川
  • 駐車スペース:あり(無料)
  • トイレ:なし
  • 釣れる魚:イスズミ、トカジャー(カンランハギ)、イラブチャー(ナンヨウブダイ)、、カーエー(ゴマアイゴ)、タマン(ハマフエフキ)、ミーバイ(ハタ)、タチウオ、アオリイカ、コウイカ…など

山川漁港について以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。
沖縄県北部の釣りポイント「山川漁港」を360度写真レポート!

安和海岸

安和海岸-360度写真

安和海岸-360度写真-CLICKでSTART

安和海岸は沖縄県本部半島の南側にある海岸線です。ブロックが敷き詰められていて足場はよく、お子さんのいるファミリーフィッシングにも向いている釣りスポットです。

整備された海岸は1km弱あり、かなり広い釣り場なのでランガンしながらルアー釣りやエギングなどを楽しむことができます。

水深は全体的に浅く、ところどころ根がありますので根がかりに注意が必要です。また、南向きの釣り場なので南風には弱い釣り場ですが、海に向かって背中側は岸壁となっていて風を遮りますので、北風には強い釣り場となっています。

筆者が訪れたのは真冬の12月でしたが、目の前で小魚を追いかける大きな魚がいて、何度もナブラが発生していました。魚を目視できるほど透明度が高いのも嬉しいポイントです。

安和海岸のお基本情報

  • 住所:沖縄県名護市安和
  • 駐車場:あり(無料)
  • トイレ:なし
  • 釣れる魚:ヒラアジ(ガーラ)、ハマフエフキ(タマン)、ブダイ(イラブチャー)、ニセカンランハギ(トカジャー)、サヨリ、テングハギ(チヌマン)、テングハギモドキ(ヒレーカー)、アオリイカ…など

安和海岸については以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。
沖縄の釣りポイント「安和海岸」を360度写真レポート│真冬でもナブラが起きている!

屋我地漁港

屋我地漁港-360度写真

屋我地漁港-360度写真-CLICKでSTART

屋我地漁港は沖縄県名護市の離島「屋我地島」にある漁港です。離島とはいえ、沖縄本島と2つの橋で繋がっていて、気軽に行くことのできる釣りスポットです。

漁港内での釣りは禁止されていますが、漁港周りの護岸で釣りを楽しむことが可能です。護岸は敷石で整備されていて、足場は悪くありませんのでお子さんのいるファミリーフィッシングも可能です。

水深は全体的に浅いのですが、沖縄で人気のターゲットとなっているヒラアジ(ガーラ)やハマフエフキ(タマン)などの釣果実績も高く、大物も狙える釣り場です。

近くには沖縄の絶景ポイントとしていられる「古宇利大橋」や「ワルミ大橋」もありますので、観光も同時に楽しめるのが嬉しいポイントです。

屋我地漁港の基本情報

  • 住所:沖縄県名護市済井出
  • 駐車場:あり(無料)
  • トイレ:なし
  • 釣れる魚:ミナミクロダイ(チヌ)、ニセカンランハギ(トカジャー)、ハマフエフキ、(タマン)、ブダイ(イラブチャー)、ゴマアイゴ(カーエー)、ヒラアジ(ガーラ)、キス、ミズン(ミジュン)、アオリイカ、コウイカ(クブシミ)…など

屋我地島漁港については以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。
屋我地漁港の釣り場を360度写真レポート│ファミリーフィッシングにも最適!

運天港

運天港-360度写真

運天港-360度写真-CLICKでSTART

沖縄県本部半島の今帰仁村にある港。沖縄本島と伊是名島・伊平屋島とを結ぶフェリーが運行している比較的大きな港です。

フェリーや貨物船など大型の船が停泊するため足元でも水深があり、投げる必要のない足元でのサビキ釣りも楽しむことができ、初心者にもおすすめできる釣りスポットです。足場もよく、車を横付けして釣りを楽しむことが可能なので、ファミリーフィッシングにも最適です。

ただし、港のゲートが空いている時間が決まっていますので、港内に駐車して釣りをする場合は注意が必要です。

屋我地島との間の羽地内海(運天水道)に竿を出すことになりますが、潮通しは良く色んな魚種を狙うことができます。筆者はここ運天港でアオリイカの釣果実績があります。

運天港の基本情報

  • 住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字上運天335-2
  • 駐車場:あり
  • トイレ:あり
  • 釣れる魚:ミナミクロダイ(チヌ)、ブダイ(イラブチャー)、シロクラベラ (マクブ)、キス、コロダイ、ハマフエフキ、(タマン)、ハタ(ミーバイ)、タチウオ、ヒラアジ、ガーラ)、アオリイカ…など

運天港の詳細については以下の記事をご覧ください。
運天港の釣り場を360度カメラレポート│子連れ家族にもオススメなスポット

東江テラス

東江テラス_360度写真

東江テラス_360度写真-CLICKでSTART

東江テラスは沖縄県名護市にある、海岸線から張り出した台のような形をしたテラス型の釣りスポットです。

釣り場としては狭く、2~3組で釣座が埋まってしまうようなテラスが合計3つあるだけですが、柵があり安全に釣りが楽しめるので小さなお子さんのいるファミリー層に人気の高い釣り場となっています。

沖縄自動車道の最北端となる「許田IC」を下りて国道58号線を10分弱とアクセスもしやすい場所にあることも人気の理由の一つです。すぐ近くにはブルーシールアイスクリームやA&Wという沖縄にしかないファストフード店があり、ちょっとした観光も楽しめます。

東江テラスの沖合に100メートルほどの場所には沖堤防があり、渡し船を利用して沖堤防の釣りも楽しめます。(渡し船は近くの名護漁港から出港しています)

水深はそれほどありませんが、足元でも色んな魚が泳いでいるのが目視できます。狙える魚種も豊富で、ヒラアジ(ガーラ)やハマフエフキ(タマン)などの大物も期待できるポイントです。

東江テラスの基本情報

  • 住所:沖縄県名護市東江
  • 駐車場:あり(無料)
  • トイレ:なし
  • 釣れる魚:ニセカンランハギ(トカジャー)、ゴマアイゴ(カーエー)、ブダイ(イラブチャー)、ヒブダイ(アーガイ)、ヒラアジ(ガーラ)、ハマフエフキ(タマン)、サヨリ、ボラ(シャクチ)

東江テラスについては以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。
名護の人気釣りスポット東江テラス│360度写真レポート

名護漁港

沖縄県本部半島の付け根付近にある大きな漁港です。漁港の堤防にはテラスになっている部分があり、柵越しに堤防釣りを楽しむことが可能です。足場もよくファミリーフィッシングに最適な釣りスポットです。

堤防(テラス)以外にも港内の岸壁など、釣りができるポイントが複数あり、試せる釣法や狙える魚種も豊富なので初心者~ベテランまで楽しむことができます。

港内ではミズンやメアジ(ガチュン)などの回遊系が回ってこれば数釣りが楽しめます。初心者の方は、まずはサビキ釣りで小物を狙ってみると釣果アップに繋がりそうです。

堤防(テラス)や河口付近ではヒラアジ(ガーラ)の回遊も見られ、ルアー釣りやぶっ込み(打ち込み)で大物を狙う人が多いようです。

また、名護漁港には「名護漁港水産物直販所」という食堂があり、ボウズだったとしても新鮮な海の幸を味わうことが可能です。

名護漁港の基本情報

  • 住所:沖縄県名護市城3-10
  • 駐車場:あり(無料)
  • トイレ:あり
  • 釣れる魚:ミズン(ミジュン)、メアジ(ガチュン)、グルクマ、ゴマアイゴ(カーエー)、ハマフエフキ(タマン)、ヒラアジ(ガーラ)、ブダイ(イラブチャー)、ニセカンランハギ(トカジャー)、チヌ、ダツ(シジャー)、アオリイカ、イシガキダイ、コチ…など

名護漁港の詳細については以下の記事をご覧ください。
名護漁港はファミリーフィッシングに最適!沖縄北部の釣り場を360度写真付きで紹介

沖縄本島中部

南原漁港

南原漁港は沖縄県うるま市、世界遺産の勝連城趾の近くにある漁港です。規模は小さな漁港ですが大小2つの防波堤があり堤防釣りを楽しむことができます。

港内の水深は全体的に浅いですが、海底が砂地となっていて根がかりの心配が少なく、キスの好ポイントとして有名です。筆者が訪れた時に地元の常連さんがかなり大きなキスを釣り上げていました。

また、エギンガーにも人気の高い釣りポイントとなっていて、筆者が訪れたときにも真新しいイカ墨痕が多数ありました。筆者もイカ狙いでエギを投げまくったのですが、残念ながらボウズでした。

キスやアオリイカ以外にも、フカセ釣りやダンゴ釣り等でゴマアイゴ(カーエー)
やニセカンランハギ(トカジャー)を狙うこともできる釣りスポットです。

南原漁港の基本情報

  • 住所:沖縄県うるま市勝連南風原1503
  • 駐車スペース:あり(無料)
  • トイレ:なし
  • 釣れる魚:アオリイカ、キス、ゴマアイゴ(カーエー)、ハタ(ミーバイ)、ミナミクロダイ(チヌ)、ニセカンランハギ(トカジャー)、コチ、ヒラアジ(ガーラ)、ニセクロホシフエダイ(ヤマトビー)…など

南原漁港については以下の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
南原漁港での釣行を360度写真レポート│エギングとキス釣りの釣果は?

海中道路

海中道路-360度写真

海中道路-360度写真-CLICKでSTART

海中道路とは沖縄本島と「平安座(へんざ)島」とを結ぶ海上に作られた道です。海底のトンネルでも海上に架けられた橋でもなく、水深の浅い海に土手を築いて作られた全長4.75kmの道路となっています。

海中道路には「海の駅 あやはし館」や無料駐車場(ロードパーク駐車場)など、食事や観光ができる施設が設けられていて、そこにある小さな堤防で釣りをすることができます。

海中道路にある堤防はイカが釣れることで有名で、人気の高いエギングポイントとなっています。筆者も訪れた際にエギングを試してみたのですが、その日はボウズでした。イカ墨痕もその日は見つけることができませんでした。

遠浅の海となっているため、どんなに投げても届く範囲は全て浅い印象です。干潮時には釣りになりそうにありませんので。潮汐表を確認していくことをお勧めします。

海中道路の基本情報

  • 住所:沖縄県うるま市与那城屋平4
  • 駐車場:あり(無料)
  • トイレ:あり
  • 釣れる魚:イカ、サヨリ、ハマフエフキ(タマン)…など

海中道路については、以下の記事で紹介していますので合わせてご覧ください。
海中道路のエギングスポットを360度カメラレポート│釣りも観光も楽しめる!

平敷屋漁港

平敷屋漁港-360度写真

平敷屋漁港-360度写真-CLICKでSTART

平敷屋漁港は沖縄県うるま市にある大きな港です。勝連半島の先の方に位置していて、津堅島へのフェリーも運行しています。

港内の岸壁と堤防での釣りを楽しむことが可能で、タチウオが釣れることで有名な釣りスポットです。(筆者もタチウオの釣果実績があります)

大きなフェリーが運行していますので港内もそれなりに水深があり、初心者におすすめの足元でのサビキ釣りも可能です。港内は車を横付けして釣りを楽しむことができますので、子連れのファミリーフィッシングにも最適です。

また、平敷屋漁港では毎週日曜日に朝市が開催されていて、観光としても活躍しそうな漁港です。沖縄ならではの魚が並ぶ朝市は一見の価値があります。

平敷屋漁港の基本情報

  • 住所:沖縄県うるま市勝連平敷屋3784-21
  • 駐車スペース:あり(無料)
  • トイレ:あり
  • 釣れる魚:タチウオ、ゴマアイゴ(カーエー)、アオリイカ、ハマフエフキ(タマン)、ヒラアジ(ガーラ)、キス、ハタ(ミーバイ)…など

平敷屋漁港の詳細は以下の記事でご覧ください。
平敷屋漁港でタチウオ釣り!360度カメラレポート

宮城島(桃原漁港)

桃原漁港-360度写真

桃原漁港-360度写真-CLICKでSTART

宮城島は沖縄本島の東側に浮かぶ離島です。離島ですが、海中道路で本島と繋がった平安座島と橋で繋がっているため、本島から車で行ける離島です。

宮城島には磯や砂浜(サーフ)など環境の異なる釣りポイントが複数ありますが、子連れ家族におすすめなのは桃原漁港という小さな漁港付近の釣りポイントです。

漁港内はあまり潮通しが良くないのか生命感の少ない静かな海でしたが、漁港周りの護岸では釣り人も多く、釣れそうな雰囲気がありました。

全体的に水深が浅い釣り場ですが、船道は比較的推進があるのでちょい投げで船道に仕掛けを投入すると釣果アップが期待できそうです。

桃原漁港の基本情報

  • 住所:沖縄県うるま市与那城桃原
  • 駐車スペース:あり
  • トイレ:なし
  • 釣れる魚:ハマフエフキ(タマン)、ヒラアジ(ガーラ)、ゴマアイゴ(カーエー)、タチウオ…など

宮城島(桃原漁港)について以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。
宮城島での釣りを360度写真レポート│桃原漁港でルアーフィッシング

泡瀬漁港

泡瀬漁港は沖縄県沖縄市にある漁港です。「パヤオ漁」と呼ばれる「浮漁礁」を海に浮かべた人工の漁礁を使って魚を集める漁を行っていることで有名で、漁港内には「パヤオ直売店・パヤオ食堂」があり、観光客も多く訪れる港です。

釣りポイントは堤防や岸壁など異なる環境があり様々な魚を狙って釣りを楽しむことができます。

漁港内は基本砂地となっていてキスがよく釣れるようです。砂地なので根がかりも少なく、初心者でもキス釣りが楽しみやすいでしょう。他にもヘチ際でハタ(ミーバイ)などを狙ってみるのもおすすめです。

本格的に釣りが楽しみたい場合は沖堤防への渡し船も出ているので、初心者からベテランまで楽しめる釣りスポットとなっています。

泡瀬漁港の基本情報

  • 住所:沖縄県沖縄市泡瀬1-11-34
  • 駐車場:あり(無料)
  • トイレ:あり
  • 釣れる魚:キス、チヌ(ミナミクロダイ)、ハタ(ミーバイ)、ゴマアイゴ(カーエー)、タチウオ、ホシミゾイサキ(ガクガク)、アイゴ(エーグヮー)、ニセクロホシフエダイ(ヤマトビー)、ダツ、メッキ…など

泡瀬漁港は以下の記事でも詳しく紹介していますので、ご覧ください。
泡瀬漁港の釣り場で何を狙う?│穴場スポットを360度写真付きで紹介!

前兼久漁港

前兼久漁港は沖縄県国頭郡恩納村にある漁港です。近くには人気のダイビングスポット「青の洞窟」があり、ダイビングツアーの拠点にもなっている港です。

前兼久漁港には南側と北側にそれぞれ堤防があり、堤防釣りを楽しむことができます。石積みでできた堤防ですが足場はよく、子連れのファミリーフィッシングにも向いている釣り場となっています。

狙える魚種も豊富で、ヒラアジ(ガーラ)やハマフエフキ(タマン)などの大物も狙えます。特に夜釣りでの釣果が良さそうな釣り場です。

前兼久漁港の基本情報

  • 沖縄県国頭郡恩納村前兼久59
  • 駐車場:あり(無料)
  • トイレ:あり
  • 釣れる魚:ヒラアジ(ガーラ)、ハマフエフキ(タマン)、ゴマアイゴ(カーエー)、ニセクロホシフエダイ(ヤマトビー)、ミナミクロダイ(チヌ)、サヨリ、ブダイ(イラブチャー)、カンモンハタ(イシミーバイ)、アオリイカ、コトヒキ(クワガナー)、カマス…など

前兼久漁港の詳細については、以下の記事をご覧ください。
前兼久漁港の釣り場は子連れ家族にも最適│ガーラを狙えるポイント!【360度写真付】

熱田漁港

熱田漁港は沖縄県北中城村にある漁港です。大きな漁港で、釣りポイントも「北側の護岸」「港内の護岸」「防波堤」など異なる環境のポイントが複数あるのが魅力です。

堤防の外海側はテトラ帯となっているため、小さなお子さん連れだと不向きですが、それ以外のポイントはファミリーフィッシングにも最適な釣り場となっています。

時期によってはミズンやグルクマなどの数釣りが楽しめますので、初心者の方はまずは小物狙いのサビキ釣りを楽しんでみると良いでしょう。

全長450メートルほどある堤防ではルアー釣りでタチウオやヒラアジ(ガーラ)を狙うこともできます。

熱田漁港の基本情報

  • 住所:沖縄県中頭郡北中城村熱田2070-8
  • 駐車場:あり(無料)
  • トイレ:あり
  • 釣れる魚:ゴマアイゴ(カーエー)、ガーラ、タチウオ、ミナミクロダイ(チヌ)、キス、コチ、ミズン(ミジュン)、グルクマ、アオリイカ、ワタリガニ(ガザミ)、ヒイラギ(ユダヤガーラ)、アヤメエビス…など

熱田漁港の詳細については以下の記事をご覧ください。
熱田漁港の釣り場は子連れも安心!初心者~ベテランまで楽しめるスポットを360度写真付きで紹介

石川漁港

石川漁港は沖縄県うるま市にある漁港です。漁港内には「石川漁業婦人直売店」という古くからやっている食事処があり、地元の海の幸を堪能することができます。

那覇からは少々アクセスしづらい場所にあるため、釣り場としても観光地としても穴場なスポットです。

漁港内での釣りは足場もよく、近くに車を駐めて釣りができますのでファミリーフィッシングにも最適です。ミズンやグルクマが回遊してきたタイミングはサビキ釣りで数釣りを楽しむこともできます。

河口付近のポイントではヒラアジ(ガーラ)やタチウオなどの大物も狙えるなど、小物の数釣りから大物狙いまで色々と釣法を試せるのも魅力の一つです。

石川漁港の基本情報

  • 住所:沖縄県うるま市石川石崎2-1
  • 駐車場:あり(無料)
  • トイレ:あり
  • 釣れる魚:ミズン(ミジュン)、キス、ハマフエフキ(タマン)、ゴマアイゴ(カーエー)、ヒラアジ(ガーラ)、タチウオ、コチ、グルクマ、ミナミクロダイ(チヌ)、シロクラベラ (マクブ)、ニセクロホシフエダイ(ヤマトビー)、アオリイカ…など

石川漁港については以下の記事でも詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。
石川漁港の釣り場は初心者にもオススメ。キスやタチウオなど色々狙えます!360度写真付き

沖縄本島南部

三重城港

三重城港は沖縄県那覇市にある大きな港です。「ダイビングツアー」や「ホエールウォッチツアー」などの観光関連の船が出港していて、観光客も多く訪れる港です。那覇の市街地からも車で10~15分程度とアクセスの良い場所にあります。

港内の船着き場は釣り禁止となっていますが、堤防や敷石の護岸、テトラ帯など環境の異なる複数のポイントで釣りを楽しむことができます。足場の良いポイントもあり子連れのファミリーフィッシングにも最適です。

市街地から近いので魚影は濃くないイメージがありますが、筆者が訪れた際はグルクマ(サバの仲間)の回遊があり、サビキ釣りで入れ食いでした。

三重城港の基本情報

  • 住所:沖縄県那覇市西3-20
  • 駐車場:あり(有料/終日1台500円)
  • トイレ:あり
  • 釣れる魚:ミズン(ミジュン)、メアジ(ガチュン)、グルクマ、ミナミクロダイ(チヌ)、ゴマアイゴ(カーエー)、ニセカンランハギ(トカジャー)、ハマフエフキ(タマン)…など

三重城港の詳細は以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。
三重城港の釣り場を360度カメラレポート│サビキでグルクマが大漁でした!

馬天港

馬天港は沖縄県南城市にある港です。昔はクジラ漁の拠点として利用されていた歴史ある港です。那覇市からもアクセスしやすい場所にあり、人気の高い釣りスポットとなっています。

特にタチウオが釣れることで有名で、夕マヅメにはタチウオ狙いのルアーマンが多く訪れます。また、タチウオ以外にもアオリイカの釣果実績も高く、エギングも試してみたい釣り場です。

ポイントも堤防や港内の岸壁など複数あり、足場の良い港内のポイントはファミリー層に人気の高いポイントです。時期によっては港内でもタチウオが釣れますので、子供と一緒にタチウオ釣りが楽しめます。

馬天港の基本情報

  • 住所:沖縄県南城市佐敷津波古375−2
  • 駐車スペース:あり(無料)
  • トイレ:あり(隣接する公園にあります)
  • 釣れる魚:タチウオ(タチヌイユ)、アオリイカ(シルイチャー)、キス(ウジュル)、ヒイラギ(ユダヤーガーラ)、ゴマアイゴ(カーエー)、チヌ、ミズン(ミジュン)、ホシミゾイサキ(ガクガク)、コトヒキ(クワガナー)、ハマフエフキ(タマン)、ヒラアジ(ガーラ)、ダツ…など

馬天港の詳細について、以下の記事でも詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
沖縄南部の釣りスポット馬天港を360度写真付きで紹介│タチウオやアオリイカの1級ポイント!

奥武島

奥武島は沖縄県南城市の離島です。離島とはいえ本島からわずか100メートル程度しか離れておらず、橋も架かっているので車で気軽に行ける島です。

釣りポイントは複数ありますが、家族連れの場合は漁港の堤防が足場もよくおすすめです。魚影も濃いので、小物狙いであれば小さなお子さんでも足元で釣ることができるでしょう。

漁港の東側にあるテトラ帯では、ヒラアジ(ガーラ)などの大物を狙うことも可能です。

なお、奥武島は「てんぷら」で有名な島で、観光地としても人気の高いスポットです。面積は0.23キロ平方メートルと小さい島ですが、島内には複数の天ぷら屋さんがあり、観光シーズン中は行列ができるほどの盛況ぶりです。

奥武島の基本情報

  • 住所:沖縄県南城市玉城字奥武
  • 釣れる魚:ミズン(ミジュン)、ベラ、ニセクロホシフエダイ(ヤマトビー)、オヤビッチャ、エーグヮー(アイゴ)、ガーラ、カーエー(ゴマアイゴ)、ハマフエフキ(タマン)、チヌ、アオリイカ…など

奥武島については以下の記事でも詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。
南城市「奥武島」の釣り場紹介│子連れ家族にも最適なポイント!(360度写真付き)

宜野湾マリーナ

宜野湾マリーナは沖縄県宜野湾市にあるマリーナです。マリーナとは、海洋レジャーに使われるプレジャーボートを係留、保管する施設です。キャパは合計636艇のプレジャーボートを係留、保管することが可能で、県内では最大のマリーナとなっています。

マリーナには全長560メートルほどの防波堤があり堤防釣りができる他、隣接する野湾マリーナ海浜公園の護岸でも釣りを楽しむことが可能です。

野湾マリーナ海浜公園の護岸は柵があり安全に釣りが行なえますので、小さなお子さんのいるファミリーフィッシングにも最適です。逆に堤防の外海側はテトラ帯で足場が悪いため、ファミリーフィッシングには不向きかもしれません。

宜野湾マリーナの基本情報

  • 住所:沖縄県宜野湾市真志喜4-4−1
  • 駐車場:あり
  • トイレ:あり
  • 釣れる魚:ミズン(ミジュン)、グルクマ、メアジ(ガチュン)、ガーラ、ニセカンランハギ(トカジャー)、ゴマアイゴ(カーエー)、ブダイ(イラブチャー)、ハマフエフキ(タマン)、アオリイカ、チヌ、タチウオ…など

宜野湾マリーナの詳細は以下の記事でも詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。
宜野湾マリーナの釣り場で何を狙う?│那覇からも近い人気スポットを360度写真付で紹介

志喜屋漁港

志喜屋漁港は沖縄県南城市にある漁港です。漁港にはサッカーや野球のグランド、BBQ場やビーチが隣接していて、釣り以外のレジャーも楽しめるスポットです。

釣りポイントとしては護岸や堤防、漁港内の岸壁など複数あります。港内や護岸は足場もよくファミリーフィッシングにも向いた釣り場です。

狙える魚種も豊富で、キスやニセクロホシフエダイ(ヤマトビー)などの小物からヒラアジ(ガーラ)やブダイ(イラブチャー)などの大物釣りまで楽しむことができます。

志喜屋漁港の基本情報

  • 住所:沖縄県南城市知念志喜屋40
  • 駐車スペース:あり
  • トイレ:なし
  • 釣れる魚:ゴマアイゴ(カーエー)、ハマフエフキ(タマン)、ニセクロホシフエダイ(ヤマトビー)、ブダイ(イラブチャー)、ガーラ、オキナワキチヌ(チンシラー)、ミナミクロダイ(チヌ)、キス、コチ、アオリイカ、ボラ…など

志喜屋漁港は以下の記事でも詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。
志喜屋漁港の釣り場│ファミリーで楽しめる人気のスポットを360度写真付きで紹介

西原・与那原マリンタウン

西原・与那原マリンタウンは沖縄県西原町と与那原町に跨る海を埋め立てて作られた人工島です。西原町と与那原町の共同で都市開発が進めらてていて、ビーチや商業施設などレジャースポットとしても人気の高い場所です。

与那原マリーナにある堤防や知念高校前にある河川(河口)で釣りを楽しむことができます。足場もよく、ファミリーフィッシングにも向いた釣りスポットです。

知念高校前のポイントは、ヒラアジ(ガーラ)が釣れるポイントとして人気が高く、ヒラアジ(ガーラ)が回遊してくるシーズン中は釣座が確保できないほど混んでしまう場合があります。

西原・与那原マリンタウンの基本情報

  • 住所:沖縄県島尻郡与那原町東浜70
  • 釣れる魚:ミナミクロダイ(チヌ)、ゴマアイゴ(カーエー)、ヒラアジ(ガーラ)、シロクラベラ(マクブ)、グルクマ、タチウオ、イシガキダイ(ガラサーミーバイ)、メアジ(ガチュン)、ブダイ(イラブチャー)、アオリイカ、コウイカ…など

西原・与那原マリンタウンについては以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。
西原・与那原マリンタウンはファミリーフィッシングに最適!360度写真付きで紹介

最後に

沖縄には今回紹介した釣りポイント以外にもまだまだたくさんのポイントがありますが、釣りが禁止されてしまった漁港も増えてきています。釣りが禁止される理由は釣り人のマナー違反が原因となるケースが殆どです。

特に多いのが釣り人によるゴミ問題です。ゴミは必ず持ち帰り、また餌で釣座を汚してしまった場合は掃除をして来た時よりもキレイにして帰ることが釣り人としてのマナーです。

また、釣りが禁止されているポイントでの釣りは絶対にやめましょう。今回紹介した釣り場の中でも、釣りが禁止されている場所や立ち入り自体が禁止されている場所があります。立て札や注意書きをなどをきちんと確認して釣りを行うようご注意ください。

これ以上釣り禁止の場所が増えてしまわないよう、釣り人一人一人が心がけることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました