平敷屋漁港でタチウオ釣り!360度カメラレポート

シェアする

平敷屋漁港とは

平敷屋漁港01 https://tokyo360photo.com/heshikiya-harbor – Spherical Image – RICOH THETA

平敷屋漁港は、沖縄県の東海岸にある港です。勝連半島という太平洋に突き出した場所にあり、津堅島へのフェリーも運行しています。

近くには勝連半島と平安座島とを結ぶ海中道路もあり、車さえあれば浜比嘉島や伊計島などへもアクセスしやすく、釣り場をハシゴしやすいポイントです。

また、平敷屋漁港では日曜に朝市が開催されていたり、沖縄の海を一望できる高台が近くにあったりと、釣り以外にも観光を楽しむことができるスポットとなっています。

平敷屋漁港の釣り場

平敷屋漁港02 https://tokyo360photo.com/heshikiya-harbor – Spherical Image – RICOH THETA

湾内の船着き場以外にも、防波堤などいくつか釣りポイントが存在していますが、今回は足場が広く、ファミリーフィッシングに最適な湾内の船着き場での釣行でした。上の360度写真の通り、十分な広さがあり車を横付けして釣りをすることが可能なポイントです。

防波堤等のポイントよりも魚影は薄いかもしれませんが、フェリーが停泊するので足元でもそれなりに水深があり、初心者でも釣果を上げやすいかと思います。

ただし、柵などはありませんので小さいお子さんがなどがいる場合は、ライフジャケットの着用が必須です。釣りに夢中になって海に落ちてしまわないよう十分注意しましょう。

トイレ

平敷屋漁港03 https://tokyo360photo.com/heshikiya-harbor – Spherical Image – RICOH THETA

平敷屋漁港内のフェリー客待合所にトイレがあります。待合所が開いている時間は7時~18時となっていますので注意が必要です。

コンビニ

近くにコンビニはありませんので、向かう途中で買い出しをして置いたほうが良いでしょう。ちなみに、最寄りのコンビニは「ローソンうるま与那城店」で、平敷屋漁港からは約4.8km離れています。

平敷屋漁港での釣果

筆者の釣果

筆者家族がこの平敷屋漁港に訪れたのが冬(1月)で、ちょうどイカ(エギング)とタチウオの時期でした。

昼間はエギングに挑戦したのですが惨敗でした。筆者家族以外にもエギングをやっている先客がいたのですが、その方も「今日はイカいないなー」と言っていました。

一緒に行った子供たちは、胴付き仕掛けでベラやカラフルな熱低魚を釣って楽しんでいました。東京湾の港に比べると透明度が高く、足元に泳いでいる魚を見ながら釣ることができるのが楽しかったようです。

夕マヅメにタチウオ狙いでルアーを投げたところ大きくはありませんがタチウオを1本釣ることができました。テンヤ(キビナゴの代わりソフトルアーを付けた)仕掛けでヒットしました。

その他狙える魚

インターネットで調べてみると、平敷屋漁港では「カーエー(ゴマアイゴ)」という魚がよく釣れるようです。アイゴというと背ビレ胸ビレ、尻ビレに毒があるため、釣りでは敬遠されがちな魚というイメージがありますが、沖縄の釣り人さんには人気の魚のようです。

その他にも、ガーラ(ロウニンアジ)やタマン(ハマフエフキダイ)などの釣果情報もありました。

最後に

平敷屋漁港04 https://tokyo360photo.com/heshikiya-harbor – Spherical Image – RICOH THETA

筆者のような初心者が夕マヅメに少しルアーを投げただけでタチウオが釣れましたので、噂通り平敷屋漁港はタチウオの好ポイントのようです。

今回の釣行は時間の都合上、暗くなる前に納竿となりました。暗くなってからがタチウオ釣りの本番かと思いますので、少し心残りがあります。

また行く機会があれば、次回は夜まで釣りを楽しみたいと思います。

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A
AdSense_PC_336A

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A