南原漁港での釣行を360度写真レポート│エギングとキス釣りの釣果は?

南原漁港の概要

南原漁港は、沖縄県のうるま市にある小さな漁港です。沖縄本島の東側、勝連半島の付け根に位置し、世界遺産の勝連城趾が近くにあります。

南原漁港の全体像

南原漁港の全体像

港の両端からL字型の防波堤が2つ出ていて港を囲んでいます。どちらお防波堤も釣りが可能ですが、海に向かって右側の防波堤のほうが沖の方へ出ていますので、外海に向かってルアーを投げたい場合などは、右側の防波堤が良さそうです。

海に向かって左側の堤防は比較的短く、湾内での釣りとなります。この日はこの左側の堤防に真新しいイカ墨痕が3~4つほどあったので、筆者家族はここで釣りを楽しむことにしました。

水深と海底

南原漁港-360度写真-03

南原漁港-360度写真-03-CLICKでSTART

大きな船が入ることもなく、水深は浅めです。2つの防波堤に挟まれた船の通り道が比較的深くなっています。海底は基本砂地となっていて根がかりの心配は少なそうです。キスの好ポイントとしても有名な釣り場です。

港内にはところどころ大きな海藻が見えていて、イカが釣れそうな雰囲気があります。

足場

南原漁港-360度写真-04

南原漁港-360度写真-04-CLICKでSTART

今回竿を出した左側の堤防の足場は細く狭いです。柵などもありませんので、未就学児のような小さなお子さんを連れての釣行は難しいかも知れません。(右側の堤防は比較的広そうでした)

万が一海に落ちてしまっても大丈夫なように、大人でもライフジャケットを付けたほうが良い場所です。

南原漁港で釣れる魚

  • アオリイカ
  • キス
  • カーエー(アイゴ)
  • ミーバイ(ハタ)
  • チン(ミナミクロダイ)
  • トカジャー
  • コチ
  • ガーラ
  • ヤマトビー

筆者の釣果(2019年12月)

南原漁港-360度写真-05

南原漁港-360度写真-05-CLICKでSTART

午前中に2時間ほどの釣行で、子供たちがベラのような小魚を5匹ほど釣っただけで、筆者自身はエギングとキス釣りを行ったのですがボウズでした。

ちなみに、隣でキス釣りをしていた地元の方が30cm以上のキスを釣り上げていました。釣ったご本人もこんな大きなのは珍しいと大興奮でした。隣の方がキスを釣り上げた餌は釣具店で購入したものではなく、朝早く(干潮時)に海で捕まえてきたゴカイとのこと。釣具店で購入した輸入物のアオイソメなどよりも圧倒的に食いがよく、釣果が出やすいそうです。

筆者も次回はゴカイ捕りからスタートして、大物キスを狙いたいと思います。

南原漁港の釣り場(360度写真)

南原漁港-360度写真-06

南原漁港-360度写真-06-CLICKでSTART

内側には海藻が浮かんでいてイカがいそうな雰囲気です。実際、真新しいイカ墨痕が3つほどありました。ここがエギングの好ポイントのようです。

南原漁港-360度写真-07

南原漁港-360度写真-07-CLICKでSTART

海に向かって左側の外海はかなり浅くなっていて、こちら側に竿を出すのは難しそうです。

南原漁港-360度写真-08

南原漁港-360度写真-08-CLICKでSTART

L字型になっている防波堤の角です。この角の外海側にだけテトラが沈められていて、小さな魚たが居着いていました。とりあえず何でも釣れれば楽しいという子供たちは、ここで小魚を釣って楽しんでいました。

南原漁港-360度写真-09

南原漁港-360度写真-09-CLICKでSTART

角を曲がった先です。外海側に竿を出すには、一段高くなった場所に登ります。

南原漁港-360度写真-10

南原漁港-360度写真-10-CLICKでSTART

もう一方の防波堤との間が船道となっていて、比較的水深があります。海底は砂地でキスを狙えるポイントです。

外海はキス釣り以外にもフカセ釣りなどでも釣果があがるようです。

南原漁港-360度写真-11

南原漁港-360度写真-11-CLICKでSTART

防波堤の先端です。ここで釣りをしていた地元の方が、一投目でいきなり大きなキスを釣り上げていました。

勝連城跡から見た南原漁港

南原漁港-360度写真-12

南原漁港-360度写真-12-CLICKでSTART

近くにある勝連城趾から見た南原漁港です。

南原漁港へのアクセス

高速道路を使う場合は「沖縄北IC」が最寄りのICです。カーナビには漁港に併設された「南原漁業協同組合」を入力すると良いでしょう。住所は「沖縄県うるま市勝連南風原1503」です。

駐車スペース

海に向かって左側の堤防の付け根付近にある駐車スペースです。ゴミが多かったのが残念です。釣り禁止となってしまわないよう、ゴミは各自必ず持ち帰るようにしましょう。

南原漁港のまとめ

南原漁港-360度写真-13

南原漁港-360度写真-13-CLICKでSTART

今回、短い時間ではありましたが人も少なくゆったりと釣りを楽しむことができました。田舎の漁港という感じで、時間の流れも緩やかに感じます。せわしない釣りではなく、ボケーッとアタリを待ちながら暇をもてあますような釣りをするのにちょうど良いかもしれません。

注意点は、近くにトイレやコンビニがないことです。買い出しやトイレは事前に済ませておいたほうが良さそうです。

近くには世界遺産である勝連城趾も見え、観光も一緒に楽しむことができるスポットです。今回はボウズでしたが、また訪れたいオススメの釣り場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました