馬天港はタチウオやアオリイカの1級ポイント!沖縄の釣り場を360度写真付きで紹介

馬天港の概要

馬天港は沖縄県の南部、南城市佐敷津波古にある漁港です。昔はクジラ漁の拠点として利用されていたり、南大東島・北大東島への定期船が出ていたりと賑わいのある港でした。最近までは久高島と本島とをフェリーで結ぶ港としても知られていた港です。

現在では定期船は他の港に移されていますが、ハーリーの祭り会場として今でも地元住民から親しまれています。(ハーリーとは沖縄各地で行われる競漕の祭りです)

場所は東海岸側ですが知念半島が作る中城湾に位置していて、対岸には知念半島が見えます。

馬天港の釣り場

馬天港は那覇からも近くアクセスしやすいことから人気の高い釣りスポットでもあります。特にタチウオ、アオリイカ、キスがよく釣れることで知られています。

北と南にある堤防や港内の岸壁など、釣りができるポイントが複数あるのも人気の理由の一つです。

馬天港-全体像

馬天港-全体像

①北側堤防の付け根付近

馬天港の北側から南へと伸びる堤防の付け根付近のポイントです。エギングでアオリイカ、ぶっ込み(打ち込み)でキスが狙えるポイントです。

手前は浅いので50~100メートルほど遠投できると釣果アップに繋がります。

②北側堤防の先端付近

北側堤防の先端部分はテトラ帯となっているため少々足場は悪いですが、船の通り道となっている部分は水深があるため大物を狙えることから一番人気の釣座となっています。

フカセ釣りなどで良型のチヌやゴマアイゴ(カーエー)が狙えます。また、夕マヅメにルアーでタチウオを狙うと良さそうなポイントです。

③南側堤防

こちらも外海側はテトラ帯となっているポイントです。北側堤防の先端同様にフカセ釣りでチヌやゴマアイゴ(カーエー)、ルアーでタチウオを狙えるポイントです。ぶっ込み(打ち込み)で良型のキスも狙えます。

④港内側

足場がよくファミリー層におすすめの釣りポイントです。秋から冬にかけては港内でもタチウオが釣れます。

ミズン(ミジュン)という小さな魚の群れが入ってきたらサビキ釣りで入れ食いになることもあります。サビキ釣りではミズンの他にヒイラギ(ユダヤーガーラ)の数釣りも楽しめます。

なんとなく外海のほうが釣れるイメージがありますが、港内でも意外に大物がヒットすることもありますので、初心者や子連れのファミリーフィッシングは港内での釣りからスタートするのがおすすめです。

トイレ

馬天港の北には「馬天児童公園」、南には「新開公園」という公園があり、どちらも園内に公衆トイレがあります。

なお、馬天児童公園には人工ビーチ(天の浜)もあり海水浴を楽しむことが可能です。(ただし、ビーチにシャワー施設などはありません)

馬天港で釣れる魚

  • タチウオ(タチヌイユ)
  • アオリイカ(シルイチャー)
  • キス(ウジュル)
  • ヒイラギ(ユダヤーガーラ)
  • ゴマアイゴ(カーエー)
  • チヌ
  • ミズン(ミジュン)
  • ホシミゾイサキ(ガクガク)
  • コトヒキ(クワガナー)
  • ハマフエフキ(タマン)
  • ヒラアジ(ガーラ)
  • ダツ

様々な魚種が狙えるのが馬天港の良いところです。初心者はぶっ込み(打ち込み)でキスを狙いつつサビキ釣りで小物の数釣りからスタートするのがおすすめです。慣れてきたらエギングでアオリイカを狙ったり、ルアーでタチウオを狙ったり、よりゲーム性の高い釣りに挑戦してみると良いでしょう。

馬天港へのアクセス

那覇空港から一般道のみで30分ほどの距離です。首里城からだと20分弱と那覇市街地からアクセスしやすい場所にあります。

馬天港がカーナビに登録されていない場合は、漁港のすぐそばにある食事処「浜珍丁」を目指すと良いでしょう。浜珍丁の住所は「沖縄県南城市佐敷津波古375−2」です。

バス

那覇バスターミナルから「東陽バス37番那覇新開線」に乗車し「馬天」というバス停で下車します。那覇バスターミナルから馬天までは40分ほど、バス停から馬天港までは徒歩5分ほどです。

馬天港近くの釣具屋

上原船具店

馬天港から徒歩5~10分の場所にある釣具屋さんです。

  • 住所:沖縄県南城市佐敷字津波古383-2
  • 電話番号:098-947-0183

ユウトク

馬天港から車で5分程度の場所にある釣具屋さんです。

  • 住所:沖縄県島尻郡与那原町字板良敷410-1
  • 電話番号:098-946-2756

マンモス南風原店

馬天港から車で15分程度の場所にある釣具屋さんです。那覇方面から向かう場合は通り道となる国道329号線沿いに店舗を構えています。

  • 住所:沖縄県島尻郡南風原町兼城263
  • 電話番号:098-888-2420
  • 営業時間
    月~木:8時~21時
    金:8時~22時
    土:7時~22時
    日:6時~20時
  • 休み:年中無休

シーランド南風原店

馬天港から車で15分程度の場所にある釣具屋さんです。こちらも那覇方面から馬天港に向かう場合に便利な場所にある釣具屋さんです。

  • 住所:沖縄県島尻郡南風原町字兼城200
  • 電話番号:098-889-4870
  • 営業時間
    月~金:7時~21時
    土:6時~23時
    日:6時~21時
  • 休み:年中無休

馬天港近くのその他釣りスポット

西原・与那原マリンタウン

西原・与那原マリンタウン馬天港から車で10分ほどの場所にある釣りポイントです。沖縄県西原町と与那原町に跨る海(中城湾)を埋め立てて開発された地域で、堤防や河川(河口)での釣りを楽しむことができます。

足場の良い釣りポイントが多く、子連れファミリーにも人気が高い釣りスポットです。特に知念高校前の河川(河口)はヒラアジ(ガーラ)が釣れることで有名で、シーズン中は釣座が確保できないほど混雑することがあります。

西原・与那原マリンタウンの釣り場については、以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。
西原・与那原マリンタウンはファミリーフィッシングに最適!360度写真付きで紹介

志喜屋漁港

馬天港から車で15~20分程度の場所にある漁港です。近くにはバーベキュー場や海水浴が楽しめるビーチなどがあり、釣り以外のレジャーも楽しめるスポットです。

釣りポイントは複数あり、港近くの護岸や港の堤防などで釣りをすることができます。全体的に水深は浅めですが、ハマフエフキ(タマン)やブダイ(イラブチャー)などを狙うことができる人気の釣り場です。

志喜屋漁港の詳細は以下の記事をご確認ください。
志喜屋漁港の釣り場│ファミリーでも楽しめるポイントを360度写真付きで紹介

奥武島

奥武島は馬天港から車で20分ほどの場所にある離島です。離島とはいえ本島と橋で繋がっていますので気軽に行くことが可能です。

奥武島にもいくつか釣りポイントがありますが、子連れのファミリーには漁港にある堤防が人気となっています。

なお、奥武島はてんぷらで有名な島で、観光客にも人気のスポットとなっています。小さな島ですが島内には複数のてんぷら人気店があり、たくさんの観光客が訪れます。釣りと一緒に観光も楽しんでみてはいかがでしょうか。

奥武島の詳細については以下の記事をご覧ください。
▶奥武島

その他沖縄の釣りスポット

今回紹介した馬天港以外にも沖縄にはたくさんの釣りスポットがあります。下の記事では初心者家族の筆者がオススメする釣り場を厳選して紹介していますので、沖縄釣行の参考にしてください。
沖縄の釣り場20選!初心者でも楽しめるポイントを360度写真付きで紹介します!

馬天港のまとめ

那覇からアクセスしやすく人気が高い分、シーズン中の週末は釣り人が沢山訪れます。港はあくまで漁業関係者のための施設です。漁港の方々に迷惑をかけないよう

  • 立入禁止の場所には入らない
  • ゴミは必ず持って帰る

など、釣り人としてのマナーを守って釣りを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました