運天港の釣り場を360度カメラレポート│子連れ家族にもオススメなスポット

シェアする

運天港の概要

https://tokyo360photo.com/unten-harbor 運天港01 – Spherical Image – RICOH THETA

運天港は、沖縄県北部(やんばる)の今帰仁村にある港です。伊是名島や伊平屋島への大型のフェリーがそれぞれ1日2回ずつ運行していて、重要港湾に指定されています。伊是名、伊平屋のフェリー以外にも、荷物を運ぶ大きな船も運行していて、沖縄本島の中でも比較的大きな港となっています。

運天港の釣り場

https://tokyo360photo.com/unten-harbor 運天港02 – Spherical Image – RICOH THETA

足場はかなり広く、車を横付けして釣りを楽しむことが可能です。フェリーの待合室にトイレもありますので、小さなお子さんを連れたファミリーフィッシングにも最適な釣り場となっています。

大きな船も入港するため足元でも水深があるので、遠投が難しい初心者やお子さんでも大物を狙いやすいのが嬉しいポイントです。

ただし、海釣り公園のように柵などはありませんので小さなお子さんはライフジャケットが必須かと思います。

時間

車を横付けすることが可能なのですが、夕方には港のゲートが閉まってしまうので注意が必要です。ゲートが閉まる前に放送が流れますので、釣りに夢中になりすぎて取り残されてしまわないようにしましょう。

ちなみに、ゲートが閉まっても徒歩であれば港に入ることが可能です。夜釣りのスポットとしても人気のようで、筆者が朝マズメを狙って訪れた際に、夜通し釣りをしていた方がいらっしゃいました。その釣り人さんはタマンを釣り上げていました。

トイレ

港には伊是名、伊平屋へのフェリー客のために待合室や喫茶店などが設けられていて、その施設内のトイレを利用することができます。ただし、夜間は待合室が閉まっていますので、夜釣りをする場合は遠くのコンビニまで行く必要があります。

運天港での釣果

運天港-360度写真03

運天港-360度写真03-CLICKでSTART

筆者家族がここを訪れたのは2019年1月。その際はエギング釣行で、サイズは小さいですがアオリイカを3杯釣り上げることができました。アオリイカを上げたポイントは、ちょうど上の360度写真の釣り場です。

また、一緒にいた息子は胴突き仕掛けでハリセンボンとベラの仲間を釣りました。

エギングだけではなく、夕マヅメにタチウオを狙ってルアーを投げてみたのですが、その日は残念ながら釣り上げることができませんでした。

運天港で狙える魚

先程も書いた通り、足元から結構な水深があるので大物も狙える釣り場のようです。

  • チヌ
  • イラブチャー
  • マクブ
  • キス
  • コロダイ
  • タマン
  • ミーバイ
  • タチウオ
  • ガーラ
  • アオリイカ

など、狙える魚種も豊富です。

運天港の360度写真

フェリー客の待合室

運天港-360度写真04

運天港-360度写真04-CLICKでSTART

フェリー客の待合室の入り口です。待合室の中にはトイレや喫茶店もあります。

待合室の中

運天港-360度写真05

運天港-360度写真05-CLICKでSTART

待合室の中は広く、きれいです。この日はほとんどお客さんがいませんでした。卓球台が設置されていて、地元の子供が卓球をして遊んでいました。

フェリー乗り場

運天港-360度写真06

運天港-360度写真06-CLICKでSTART

フェリー乗り場もとても広く、船がついていない時は釣り糸を垂らすことができます。

フェリー

運天港-360度写真07

運天港-360度写真07-CLICKでSTART

フェリーは車ごと乗せることができる大型のフェリーです。

車の待機場

運天港-360度写真08

運天港-360度写真08-CLICKでSTART

フェリーに乗せる車の待機場です。一般の方が止める駐車場は別にありますのでご注意ください。

漁船を陸上げする場所

運天港-360度写真09

運天港-360度写真09-CLICKでSTART

フェリー乗り場の近くには、小さな漁船を陸に上げるための駆け上がりがあります。この駆け上がりの向こう側も、魚影の濃いポイントとして人気が高いようです。

貨物船の船着き場1

運天港-360度写真10

運天港-360度写真10-CLICKでSTART

フェリー乗り場から更に奥に進むと、貨物船が停泊する場所があります。

貨物船の船着き場2

運天港-360度写真11

運天港-360度写真11-CLICKでSTART

貨物船の船着き場もとても広く、車を横付けして釣りを楽しむことができます。

スクラップ置き場

運天港-360度写真12

運天港-360度写真12-CLICKでSTART

貨物船の船着き場には、スクラップとなった鉄くずが山積みにされた場所がありました。この鉄くずの裏手に、水深が浅くなる駆け上がりのポイントがあります。筆者このポイントでアオリイカを3杯釣ることができました。

運天港の最奥のポイント

運天港-360度写真13

運天港-360度写真13-CLICKでSTART

運天港の最奥のポイントです。筆者の釣果ではありませんが、地元の釣り人さんがこのポイントでタマンを釣り上げていました。

運天港のまとめ

那覇市にある釣具屋さんで今回の運天港について聞いたところ、「ちょうど先週の夕マズメにガーラを釣ったよー」という話をされていました。その店員さん曰く、「とにかく粘った者勝ち」ということです。

筆者も次回は大物ガーラを狙って、またこの運天港で釣りをしたいと思います。

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A
AdSense_PC_336A

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A