守礼門を360度写真でバーチャル体験!もうがっかりなんて言わせない

シェアする

守礼門はペアになるもう一つの門があった

守礼門360度写真01 https://tokyo360photo.com/syurei-of-gate – Spherical Image – RICOH THETA

今回紹介するのは、首里城の入り口付近にある「守礼門」です。

守礼門というと、首里城の入口(正門)というイメージも持っている人も多いですが、実際はもう一つの門と対になっている坊門の1つです。対になっていたもう一方の門は1908年(明治41年)に老朽化のため取り壊されてしまい今はもう存在していませんが、当時は守礼門は「上の綾門(ウィーヌアイジョウ)」、もう一方は「下の綾門(シムヌアイジョウ)」と呼ばれていたそうです。(綾門とは「美しい門」という意味を持ちます)

ちなみに現在では「守礼門」または「守礼の門」と呼ばれていますが、その由来は門の2階部分に掲げられている扁額(へんがく)にあります。(もともとこの守礼門はこの扁額を掲げるために建てられる門(牌坊)として建造されたと言われています。)

守礼門に掲げられる扁額は、門が建造された当時は基本「首里」という文字が刻まれた扁額が掲げられ、中国から冊封使が訪れている間だけ「守禮之邦(しゅれいのくに)」という文字が刻まれた扁額を掲げていました。それが、9代尚質王(1648年~1688年)の時代から、常に守禮之邦という文字の扁額が掲げられるようになり、今に至ります。

この「守禮之邦」には、「礼節を重んずる国」という意味があります。

歓会門(かんかいもん)が正門

歓会門バーチャル写真 https://tokyo360photo.com/syurei-of-gate – Spherical Image – RICOH THETA

上の360度写真が、首里城の城郭内に入る第一の正門「歓会門(かんかいもん)」です。

守礼門をくぐってまっすぐ進むと、石造りの門に櫓を乗せたこの「歓会門(かんかいもん)」が見えてきます。両サイドには沖縄の守り神と言われるシーサーが鎮座しています。

歓会門の「歓会」とは、歓迎という意味があり、中国からの使者である冊封使を歓迎するという思いで名付けられました。また、この門は別名「あまえ御門(あまえうじょう)」とも呼ばれており、沖縄の古い言葉で「喜ばしい門」という意味もあります。

綾門大道

綾門大道360度写真 https://tokyo360photo.com/syurei-of-gate – Spherical Image – RICOH THETA

守礼門(上の綾門)と下の綾門とを繋ぐ道は綾門大道と呼ばれていました。現在の首里高校裏門と玉陵(タマウドゥン)との間を走っている道で、今では舗装された普通の道となっており、当時の面影はすっかりなくなっているのだろうなーと思います。

ちなみに、下の綾門が建っていた場所は、今は「首里 琉染」という紅型(沖縄の伝統的な染め物)のお店が建っています。守礼門とあわせて立ち寄りたい観光スポットです。

次のページへ

スポンサーリンク
AdSense_PC_336A