ワルミ大橋で新たな絶景に出会える!沖縄のお勧め観光スポットを360度写真付きで紹介

ワルミ大橋の概要

ワルミ大橋は、沖縄県北部にある本部半島と屋我地島とを繋ぐ全長315mの橋です。2010年に開通して以来、地域住民の生活インフラとしてはもちろん、その景観の良さからドライブコースとしても人気の高い橋となっています。

豊かな自然が残るワルミ海峡を跨ぐ橋として、環境や景観の保護などを目的に、海峡内には橋脚の無い上路式RC固定アーチ橋という構造で作られています。

アーチ橋としては国内で5番目に長い橋で、合成鋼管アーチ巻立工法で作られた橋に限ると日本最長のアーチ橋です。

ワルミ大橋の魅力

ワルミ大橋は絶景スポット

ワルミ大橋からの絶景

ワルミ大橋最大の魅力は、眼下に広がるワルミ海峡が織り成す絶景です。

沖縄の絶景と言えば水平線まで続く真っ青な大海原をイメージしますが、ワルミ大橋から見える絶景は趣を異にする新たな絶景となっています。

橋の高さは一番高いところで37.2メートルあり、下を見下ろすと足がすくんでしまうほど高さです。その高さから見下ろすワルミ海峡は濃いエメラルドグリーンに輝き、両サイドには自然豊かな森が広がっています。

「ワルミ」とは沖縄の方言で「割れ目」のことで、海峡の幅は狭いところだと180メートルほどと狭く、まるで森の中をエメラルドグリーンの川が流れているかのような姿です。

歩いて渡れます

ワルミ大橋には歩道もあり、歩いて渡ることができます。車からでは絶景のきちんと見ることができませんので、ぜひ歩いて渡りましょう。

ワルミ大橋の本部半島側の袂付近には、収容台数5台ほどの無料駐車場も備わっていますので、歩いて渡る際はそちらを利用してください。

お勧めの時間帯

絶景が1番綺麗に見えるのは、太陽が真上にある正午あたりの時間帯です。

もちろん晴れている日の方がより綺麗に見えますが、多少曇っていても観る価値のある絶景なので、足を運ぶことをお勧めします。

橋の駅「リカリカワルミ」

リカリカワルミから見える古宇利大橋

ワルミ大橋の袂、本部半島側には「橋の駅 リカリカワルミ」という、地元の特産品やお土産を販売する売店や食堂などが併設された、いわゆる道の駅があります。

ちなみに、沖縄の方言で「リカ(リッカ)」は、「さぁ」や「行こう」という意味です。(英語の「Let’s」のように使われます)

リカリカワルミを意訳すると「さぁ行こうワルミ」となります。

リカリカワルミには、テーブルとベンチが備わった休憩所があり、そこからの眺めも絶景となっています。また、屋上が展望所となっていてワルミ海峡の絶景を一望することが可能で、更にワルミ海峡の向こうには古宇利大橋を望むことも可能です。

ワルミ海峡はカヤックも楽しめる

ワルミ大橋の下を流れるエメラルドグリーンのワルミ海峡では、その絶景の中をカヤックで遊覧することができます。

オーシャンスタイルさんが「ワルミ海峡カヤック遊覧ツアー」のサービスを提供していますので、興味のある方は挑戦してみると良いでしょう。

二人乗りのカヤックで5歳から参加可能なようなので、親子でも楽しめるツアーとなっています。

ワルミ大橋へのアクセス

那覇空港から高速道路を利用して1時間20~30分ほどの道のりです。なお、高速道路を利用せず58号線を使って北上する場合は、2時間ほどの道のりとなります。

ワルミ大橋に関するみんなのツイート

ワルミ大橋の参考になる動画

【4K空撮】ワルミ大橋/エメラルドグリーンのワルミ海峡:Baco channel

ワルミ大橋とワルミ海峡をドローンを使って撮影している動画です。下からアーチが支えるワルミ大橋の全体像を観ることができ、またエメラルドグリーンに輝くワルミ海峡の色もきれいに撮影できている動画となっています。なお、概要欄には「川の色はほぼ無加工」との記載があり、嘘偽りの無い絶景であることがわかります。

おきなわさんぽ 今帰仁村ー名護市 沖縄で最も高い橋 「ワルミ大橋」

ワルミ大橋を徒歩で渡りながら撮影された動画です。橋の上から見たワルミ海峡の美しさがわかる動画となっています。ワルミ大橋から見える古宇利大橋や運天港も撮影されています。

ワルミ大橋のまとめ

ワルミ大橋の近くには観光スポットとして人気の高い古宇利島があります。沖縄本島から古宇利島へ渡るには今回紹介したワルミ大橋を渡るルートと、羽地奥武橋~屋我地大橋を渡るルートの2通りとなっています。

那覇方面から古宇利島への最短ルートだと羽地奥武橋~屋我地大橋を通ることになりますが、観光の際は少し寄り道してワルミ大橋を渡るルートで向かうことをお勧めします。

ビーチで見る沖縄の海とは違う顔を持った絶景が広がっていますので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました