日間賀島は釣り場が豊富!ファミリーからベテランまで楽しめる各ポイントを360度写真付きで紹介

日間賀島の概要

日間賀島は三河湾の入り口、知多半島の先端から2km弱の場所に浮かぶ離島です。住所は愛知県知多郡南知多町に属しています。

島の外周は約5.5kmで人口は2,000人にも満たない小さな島ですが、知多半島の河和港や師崎港、渥美半島の伊良湖港からそれぞれ高速船が定期的に発着していて、気軽に行ける離島として人気の観光スポットとなっています。

タコとフグが名産で、タコのモニュメントがあったり、10月頃になると島の至るところで干しタコの風景が見れたりします。また、海産物以外にも

  • 水平線から登る朝日が見える「サンライズビーチ」
  • 沈む夕日を眺められる「サンセットビーチ」

と2つのビーチがあり海水浴も楽しむことができます。中でもサンセットビーチはイルカにタッチができるイベントが定期的に開催されていて人気を博しています。

また、海に囲まれた日間賀島にはたくさんの釣りスポットがあり、釣りだけを目的に訪れる方も多くいます。小さな島ですが北・東・西にそれぞれ港があり、足場の良い防波堤で釣りが楽しめることからファミリー層にも人気の高い釣りスポットとなっています。

日間賀島の釣り場

日間賀島-釣り場の全体像

日間賀島-釣り場の全体像

日間賀島の釣り場は、大きく分けて

  1. 東港
  2. 西港
  3. 北港(新井浜漁港・久渕漁港)

と3つあります。

それぞれの港には複数の防波堤があり、足場の良いポイントも多いのでファミリーフィッシングにも向いている釣り場です。

また、三河湾の入り口に位置していることから潮当たりは良く魚影が濃いことが特徴です。ポイントに応じて狙える魚種も豊富なので、一日時間が取れるなら複数のポイントをハシゴして釣りを楽しむのも良いでしょう。

①東港

日間賀島-東港

東港は日間賀島の南東側にある港です。港の両サイドから防波堤が伸びていて、どちらの防波堤でも釣りが楽しめます。2つの防波堤ともに外海側は大きなテトラが入っているため、ファミリーの場合は港内側での釣りとなります。

港内側は足場も良くファミリーフィッシングにも向いている釣り場ですが、他の港に比べ水深は浅めです。ただし釣り客は少なめとなっていますので、気兼ねなくのびのびと釣りをしたい場合にはお勧めです。

サビキ釣りでアジやイワシ、サバなどが狙える他、ぶっこみ釣りで夏はシロギスやハゼ、冬場はカレイが狙えます。また、春や秋にはエギングでアオリイカも人気のターゲットです。春のアオリイカはサイズが大きいですが釣れづらく、秋はサイズが小さいけど釣れやすいので、初心者の場合は秋にスタートすると良いでしょう。

外海側のテトラ帯ではメバルやカサゴ、アイナメなどの根魚の他、フカセ釣りやダンゴ釣りでクロダイも狙えます。また、カゴ釣りなどで青物を狙ってみるのも良いでしょう。

大きなテトラで足場は悪いのでテトラ帯での釣りは十分注意をし、ライフジャケットは必ず着用してください。

サンライズビーチの少突堤

東港のさらに東側には「サンライズビーチ」があり、砂浜の端に設けられた少突堤も人気の釣りポイントです。

水深はあまりありませんが、砂地を好むシロギスやカレイの魚影が濃く、ちょい投げのぶっこみ釣りで狙うことができます。

②西港

西港はその名の通り日間賀島の西側にあり、高速船の発着場となっている港です。大型のフェリーも発着し港内でもある程度水深があるポイントです。

また、港の北側から西に伸びる防波堤(北堤)と、南から北へと伸びる防波堤(赤灯堤)があり、いずれもテトラは入っておらず足場は良く、ファミリー層には一番人気の高い釣り場となっています。北堤は全長約170メートル、赤灯堤は約140メートルあります。

島の玄関口となる港のため、港周辺に食事処などの施設が多いのも嬉しいポイントの一つです。

狙えう魚種は豊富で、初心者にお勧めのサビキ釣りではアジやサバ、イワシなどの回遊魚の数釣りが楽しめます。回遊のタイミングにあたればお子さんでも簡単に釣果をあげることができますので、サビキ釣りのセットは必ず持参しておくと良いでしょう。

また、アオイソメやオキアミを餌に胴突き仕掛けでメバルやカサゴなどの根魚も狙え、同じ仕掛けでカワハギが釣れることもあります。

アオリイカの実績も高いので、春や秋にはエギングも楽しめます。サビキ釣りでアジなどを釣って、泳がせ釣りで狙ってみるのも有効です。

サンセットビーチの少突堤

西港の北側にはサンセットビーチがあり、砂浜の北端のほうに少突堤があります。外海側がテトラ帯の防波堤ですが、そちらでも釣りが可能です。

内海側ではぶっこみ釣りでシロギスやカレイが狙える他、ルアーでヒラメも狙えます。

外海側のテトラ帯ではアイナメやカサゴ、メバルなどの根魚が狙える他、クロダイも人気のターゲットとなっています。

③北港(新井浜漁港・久渕漁港)

北港は日間賀島の北側にあるカーフェリー乗り場もある港です。北港とひとまとめに呼ばれていますが、実際は東側は久渕港、西側は新井浜漁港となっています。

港内はたくさんの漁船が係留されているため基本は防波堤の外海側での釣りとなりますが、防波堤の外海側はテトラ帯となっています。足場はあまり良くなくファミリーフィッシングには不向きです。

足場が悪いせいもあってか他の釣りポイントに比べると釣り人は少なめで、比較的穴場な釣り場となっています。観光客も少なめな港です。

なお、googlemapの衛星写真で見ると、久渕港側の防波堤も新井浜漁港側の防波堤も先端にテトラが入っていない場所もあります。キャパはあまり大きくありませんが、狙い目かもしれません。

北港も狙える魚種は豊富で、テトラ周辺ではアイナメやメバル、カサゴなどの根魚の他にクロダイも人気のターゲットです。

また、アオリイカの釣果実績も高くエギングやヤエンなどで狙ってみるのも良いでしょう。

日間賀島で釣れる魚

  • メバル
  • カサゴ
  • アイナメ
  • アオリイカ
  • サヨリ
  • クロダイ
  • シーバス

  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • シロギス
  • ハゼ
  • キジハタ
  • アナゴ
  • マダコ
  • カワハギ
  • マゴチ
  • ヒラメ
  • クロダイ
  • シーバス

  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • シロギス
  • ハゼ
  • キジハタ
  • アナゴ
  • サヨリ
  • アオリイカ
  • カワハギ
  • マゴチ
  • ヒラメ
  • クロダイ
  • シーバス

  • カレイ
  • メバル
  • カサゴ
  • アイナメ
  • クロダイ
  • シーバス

日間賀島へのアクセス

日間賀島に渡るには定期的に就航している高速船を使うのが一般的です。河和港、師崎港、伊良湖港から就航しています。時刻表や値段については名鉄海上観光船のサイトをご確認ください。

各港から高速船で

  • 河和港:約20分
  • 師崎港:約10分
  • 伊良湖港:約30分

の船旅となります。

高速船以外にも「海上タクシー」を利用して渡る方法もあります。一緒に利用する人数にもよりますが、高速船よりは少し料金が高くなってしまいます。ただし、都合の良い時間に利用できるメリットがあったり、乗船する人数によっては高速船よりお得になったりするケースもあるようです。高速船の最終便を逃してしまった際などにも便利です。

なお、海上タクシーは

などがあります。

日間賀島の釣具屋

日間賀島には「源平屋」という釣具屋さんが1店舗あるようですが、あまり大きな店舗ではなさそうです。

餌の買い足しには良さそうですが、仕掛けなどは基本釣行前に揃えて行ったほうが良いでしょう。

三河湾三島のその他釣りスポット

篠島

篠島は日間賀島の南、2km弱の場所にある離島です。島の外周は約8.2km、面積は0.94平方kmと小さい島ですが、篠島海水浴場(サンサンビーチ)やキラキラ展望台など観光やレジャーが楽しめるスポットとして人気があります。

また、愛知県では唯一の海上釣堀「釣り天国」がある他、島内の至るところに釣りスポットがあり、日間賀島と同様気軽に行くことができる釣りスポットとしても知られています。

三河湾の入口にあり潮当たりは良く、魚影の濃い釣りスポットとなっています。狙える魚種も豊富で、一年を通して様々な魚を狙った釣りを楽しむことが可能です。ファミリーフィッシングに向いた足場の良い釣りポイントも豊富なところが魅力の一つとなっています。

篠島へのアクセスは日間賀島と同じく「河和港」「師崎港」「伊良湖港」から高速船の定期便が就航しています。また、日間賀島と行き来することも可能な離島です。

篠島については、以下の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
篠島は釣り場に恵まれた島!ファミリーにもお勧めな各ポイントを360度写真付きで紹介

佐久島

佐久島は日間賀島の北東、約2.5km離れた場所にある離島です。面積は1.81平方kmで三河湾三島の中では一番大きな島ですが、人口は252人と日間賀島よりも少ない離島となっています。

島内には複数の港や堤防など釣り場が豊富にあります。足場の良い釣りポイントも多く、日間賀島と同様にファミリーフィッシングにも向いた釣りスポットです。

狙える魚種は豊富で、サビキ釣りで定番のアジやイワシ、サバなどの他に、ぶっこみ釣りでシロギスやカレイ、フカセ釣りでクロダイ、ルアーでシーバスなど一年を通して季節ごとに様々な魚種を狙った釣りが楽しめます。

佐久島へのアクセスは一色港から高速船の定期便が就航していて、20分~30分ほどで渡ることが可能です。日間賀島と同様に気軽に行くことができる離島の釣りスポットとなっています。

佐久島の詳細については、以下の記事をご確認ください。
佐久島の釣り場はファミリーにもお勧め!気軽に行ける離島の各ポイントを360度写真付きで紹介します。

愛知県のその他釣りスポット

愛知県内には三河湾三島以外にもたくさんの人気釣りスポットがあります。離島に比べてアクセスしやすいのはもちろん、車を横付けして釣りが楽しめる釣り場や、釣りのために整備された施設などファミリーフィッシングに最適な釣り場も豊富です。

以下の記事では愛知県の数ある釣り場の中から、ファミリーフィッシングに向いている釣り場を厳選して多数紹介しています。愛知県での釣行の際にはぜひチェックしてみてください。
愛知県の釣りスポット21選!ファミリーや初心者にもオススメなポイントを360度写真付きで紹介します

日間賀島のまとめ

日間賀島には釣り竿(餌付き)のレンタルサービスを行っているお店もあります。ガッツリ釣りをしたい場合は自分のタックルを持っていくほうが良いですが、観光ついでに少し釣りを楽しむなら貸竿でも十分楽しめるでしょう。

また、レンタサイクルのサービスもありますので、複数ある釣り場を自転車で移動しながら楽しむのも良さそうです。せっかく釣り場が豊富なので、実際釣りをしないまでもいくつか釣り場を回って、自分に合っていそうなポイントを探してみることをお勧めします。

小さな島ですが旅館やホテルなどの宿泊施設も充実していますので、泊まりで釣りや観光をのんびりと楽しむのもお勧めです。

最後に、当たり前な話ですが島や港は釣り人のためのものではありません。島民の好意で釣りを楽しませてもらっているということを忘れずに、

  • ゴミは持ち帰る
  • 餌で汚したら掃除をする
  • 立入禁止の場所には入らない
  • 漁船や港関係者の邪魔にならないよう注意する
  • 夜釣りなど騒がない

など、釣り人としてのルールやマナーを必ず守って釣りを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました