大井漁港の釣り場はポイントが豊富!ファミリーフィッシングにもお薦めなスポットを360度写真付きで紹介

大井漁港の概要

大井漁港は愛知県知多郡南知多町大井にある大きな漁港です。天然の湾に作られていて、海(湾)を囲むように護岸や複数の防波堤が整備された良港となっています。

知多半島の先端付近、愛知県が「崎っぽエリア」と銘打った場所に位置し、この崎っぽエリアの中でも大井漁港は漁業産業にとって重要な拠点施設として整備が進められてきました。また、月に2回ほど「大井とれとれ漁師市」という朝市も開催されるなど、崎っぽエリアの観光事業拡大にも貢献しています。

地域の産業を支えている大井漁港ですが、広大な漁港内には足場の良い護岸や防波堤など複数の釣りポイントがあり、たくさんの釣り人から親しまれる釣りスポットにもなっています。

大井漁港の釣り場

大井漁港-釣り場の全体像

大井漁港-釣り場の全体像

大井漁港の釣り場は冒頭に書いた通り湾に作られた港なので、外海が荒れている時でも港内は比較的穏やかなことが多く、釣りがしやすい環境となっています。

一部テトラ帯もありますが基本的に足場の良いポイントが多く、ファミリーフィッシングにも向いている釣りスポットです。また、港内の水深は浅めとなっているもののクロダイやシーバスも十分に狙えるだけの水深となっているポイントも多数あり、釣り初心者からベテランまで幅広い層に人気が高い釣り場となっています。

大井漁港の釣り場は大きく分けて、

  1. 北側エリアの護岸と防波堤
  2. 中央西側から伸びる堤防
  3. 南側エリアの護岸と防波堤

の3つに分けられます。また、それぞれのエリア内でも足場の良い護岸や防波堤、テトラ帯など異なる環境のポイントが多数あるのが特徴となっています。

ポイントに応じて狙える魚種も豊富で、初心者にお勧めのサビキ釣りからフカセ釣り、ダンゴ釣り(紀州釣り)、ゲーム性の高いルアーフィッシングなど試せる釣法も幅広いのが嬉しいポイントの一つです。

初心者や子連れファミリーの場合は、釣果の出やすいサビキ釣りでアジやイワシ、サバなどを狙いつつ、ちょい投げのぶっこみ釣りでハゼやシロギスを狙うことからスタートすると良いでしょう。

①北側エリアの護岸と防波堤

大井漁港-①北側エリアの護岸と防波堤

足場の良い港内の護岸や北から南へと伸びる防波堤で釣りができます。2本の防波堤はいずれも小さな防波堤で、港内側(西側)は全長約100メートル、外海側(東側)は約70メートルほどですが、いずれも足場はよく、ファミリーフィッシングも可能です。

ちょい投げのぶっこみ釣りでハゼが手軽に狙えるほか、防波堤では投げサビキやぶっこみサビキでアジも狙えます。防波堤先端付近ではクロダイも人気のターゲットです。フカセ釣りやダンゴ釣りで狙ってみると良いでしょう。

釣り物の少なくなってしまう冬場は、ぶっこみ釣りでカレイを狙ったり、胴突き仕掛けなどでメバルなどの根魚を狙うことができます。ただし、港内の護岸や防波堤の一部は船着き場となっていますので、漁業関係者の迷惑にならないよう十分注意して釣りを楽しんください。

②中央西側から伸びる突堤

湾の奥にあたる西側から湾の中に突き出た突堤の護岸と、その突堤から伸びる防波堤で釣りが楽しめます。

白灯台の防波堤

突堤の先から北側へと伸びる全長110メートルの白灯台が建つ防波堤は、大井漁港のメインの釣り場となっていて、一番人気のあるポイントです。

ただし、白灯台の防波堤の外海側はテトラが入っていてファミリー向けではありません。大きなテトラではないので、大人であれば比較的釣りがしやすいテトラ帯ではありますが、十分注意が必要です。

足場は悪いですが、テトラ周辺ではメバルやアイナメなどの根魚が狙えるほか、投げ釣りのぶっこみ釣りで夏場はシロギス、冬場はカレイなども狙えます。また、フカセ釣りでクロダイ、カゴ釣りやウキを使った投げサビキなどでアジなどの回遊魚と狙える魚種は豊富です。

防波堤の内海側にはテトラは入っておらず、ファミリーでも釣りがしやすい環境です。

ちょい投げのぶっこみ釣りでハゼなどが手軽に狙えます。

中央突堤の護岸

大井漁港-中央突堤の護岸

突堤の東側側面にあたる護岸のポイントです。足場は良く、また、車を近くに駐めて釣りを釣りをすることも可能で子連れのファミリフィッシングにも向いています。

ちょい投げのぶっこみ釣りで夏場はシロギス、冬場はカレイが狙えるほか、夜釣りではアナゴも人気のターゲットです。

赤灯台の防波堤

大井漁港-赤灯台の防波堤

突堤から南側への伸びる防波堤です。外海側と先端の広い範囲には敷石が入っていて、メバルやカサゴ、アイナメなどの根魚の魚影が濃いことで知られています。ウキ釣りやメバリングで狙ってみると良いでしょう。

内海側はちょい投げのぶっこみ釣りでハゼが狙えます。ただし、船着き場となっていますので漁業関係者の邪魔にならないよう注意しながら釣りを楽しんでください。

③南側エリアの護岸と防波堤

大井漁港の南側には2本の防波堤と釣りができる護岸があります。

護岸は車を横付けして釣りができ、ファミリーフィッシングにも最適なポイントです。トイレも近いポイントなので子連れでも安心です。

ぶっこみ釣りで夏場はハゼやシロギス、冬場はカレイなどが狙えます。また、海底には根が点在していてメバルやカサゴ、アイナメなども人気のターゲットです。

2本ある防波堤のうち外海側(東側)の防波堤は根本が少し陸から離れている構造ですが、干潮時に歩いて渡ることができます。

いずれの防波堤もテトラは入っておらず足場はよく、ファミリーフィッシングにも向いているポイントです。夏から秋にかけて先端付近ではアジやイワシ、サバなどがサビキ釣りで狙えます。朝マヅメ夕マヅメの時合のタイミングでは小さなお子さんでも比較的簡単に釣果をあげられるでしょう。

また、フカセ釣りでクロダイ、ルアーでシーバスなども狙えます。サビキ釣りで釣ったアジなどの小魚を生き餌に泳がせ釣りもお勧めです。ルアーフィッシングに比べると簡単なので、初心者でもシーバスなどのフィッシュイーターが狙いやすいかと思います。

大井漁港で釣れる魚

釣り上げられたクロダイ

  • メバル
  • カサゴ
  • アイナメ
  • クロダイ
  • シーバス
  • アオリイカ

  • ハゼ
  • シロギス
  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • キジハタ
  • マゴチ
  • タコ
  • カマス
  • クロダイ
  • シーバス
  • アナゴ

  • ハゼ
  • シロギス
  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • キジハタ
  • マゴチ
  • ヒラメ
  • カマス
  • クロダイ
  • シーバス
  • アナゴ
  • アオリイカ

  • メバル
  • カサゴ
  • カレイ
  • アイナメ
  • クロダイ
  • ヒイカ

大井漁港へのアクセス

電車

残念ながら大井漁港の徒歩圏内には駅がないため、電車釣行には不向きな釣り場です。最寄り駅は名古屋鉄道河和線の「河和駅」で、駅から港まではタクシーで20分ほどです。

名古屋市内からは知多半島道路を南下し、半田ICで直結する南知多道路を更に南下。約1時間の道のりです。

駐車場

港内には各ポイントごとにいくつか駐車スペースがあります。

「①北側エリアの護岸と防波堤」に釣座を構える場合は、西側の防波堤の付け根付近に駐車スペースがあります。

「②中央西側から伸びる堤防」の場合は、護岸や赤灯台の近くなどに駐車スペースがあります。

「③南側エリアの護岸と防波堤」は、2本の防波堤の間にある護岸に駐車することができます。

いずれも迷惑駐車とならないよう注意し、現地の看板や漁業関係者の指示に従ってください。

大井漁港近くの釣具屋

丸共つり具エサ店

「③南側エリアの護岸と防波堤」から徒歩5分ほどの場所にある釣具屋さんです。

  • 住所:愛知県知多郡南知多町片名長谷16-15
  • 電話番号:0569-47-7657
  • 営業時間
    3月~11月:平日4時~18時/土曜3時~18時半/日祝3時~17時
    12月~2月:平日5時~17時/土曜4時~17時/日祝4時~16時
  • 公式サイト

エサ一(えさいち)師崎店

大井漁港から南へ車で5分ほどの場所にある釣具屋さんです。

フィッシング南知多

大井漁港から車で10分ほどの場所にある釣具屋さんです。南知多道路の終着付近にあるので名古屋方面からの場合に立ち寄るのに便利です。

  • 住所:愛知県知多郡南知多町豊丘駒帰122-5
  • 電話番号:0569-65-2955
  • 営業時間
    平日:4時半~18時半
    土:3時半~19時
    日祝:3時半~18時半
  • 公式サイト

大井漁港のまとめ

大井漁港の釣り場としての魅力はポイントが豊富なところです。一つのところで粘るのも良いですが、朝昼夕とポイントを変えてみるのも良さそうです。朝マヅメから夕マヅメまで一日中楽しめるでしょう。

また、大井漁港の北側には鳶ヶ崎大井潮干狩り場があり、例年3月下旬から6月下旬頃までアサリの潮干狩りが楽しめます。子連れファミリーの場合は干潮時は潮干狩りをして、満潮付近には大井漁港で釣りを楽しむというプランもお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました