内海新港の釣り場はシロギスやアオリイカなど色々狙える!各ポイントを360度写真付きで紹介

内海新港の概要

内海新港は知多半島の南側、南知多町にある小さな港です。港内には内海港緑地公園がある他、港の東側には「内海千鳥ヶ浜海水浴場」などがあり、夏にはたくさんの海水浴客が訪れるエリアとなっています。

また、内海新港には釣りができる防波堤や護岸があり、釣りスポットとしても人気の高い港となっています。知多半島の中でも南側に位置することから水質がきれいなことで知られており、釣れる魚も美味しいと評判です。

複数ある釣りポイントはいずれも足場は良く、また内海港緑地公園には駐車場や公衆トイレも備わっていてファミリーフィッシングにも最適な釣りスポットとなっています。

内海新港の釣り場

内海新港-釣り場の全体像

内海新港-釣り場の全体像

内海新港の釣り場は、大きく分けて

  1. 北から伸びる防波堤
  2. 南から伸びる防波堤
  3. 内海港緑地公園の護岸
  4. 内海港緑地公園横の突堤(御嶽突堤)
  5. 千鳥ヶ浜海水浴場エリア

の5つに分かれます。

いずれも海底は基本砂地となっていて根がかりは少なく、ファミリーや初心者でもストレスなく釣りが楽しめる環境です。

1.北から伸びる防波堤

内海新港-北から伸びる防波堤

内海新港の北側から伸びる全長約350メートルの長い防波堤です。根本から西の外海川にに約200メートル伸びた後、港を囲むように南へと折れ曲がった形をしています。

根本部分は砂浜となっていますが、その砂浜と堤防を繋ぐ部分は石積みの足場となっていて、防波堤に入るのは少し苦労します。重い荷物を持っての移動となると思いますので、十分に注意しましょう。

防波堤自体は足場は良く、釣り初心者でも釣りがしやすい環境です。ただし、柵などはありませんのでライフジャケットは必須です。

内海新港の中では最も外海側のポイントとなり狙える魚種は豊富で、サビキ釣りではアジやイワシ、サバなどの回遊魚、ぶっこみ釣りでは夏はシロギス、冬はカレイが狙えます。

捨て石が入っているポイントではメバルやカサゴなどの根魚の他、クロダイやメジナも人気のターゲットです。

また、サビキ釣りで釣れたアジなどを泳がせて、マゴチやシーバスを狙うこともできます。

2.南から伸びる防波堤

内海新港-南から伸びる防波堤

港の南側、内海港緑地公園のある堤防から北西側へと伸びる全長約100メートルの防波堤です。駐車場も近く、防波堤へのアクセスも容易なのでファミリーフィッシングにも向いているポイントとなっています。

防波堤の根本から70メートル付近まで外海側が一段高い構造になっていますので、ファミリーの場合は先端付近の開けたポイントに釣座を構えると良いでしょう。

初心者にお勧めのサビキ釣りでアジやイワシ、サバなどが狙えますので、まずはサビキ釣りからスタートすると良いでしょう。回遊のタイミングに合えばお子さんでも数釣りが楽しめます。

また、アオリイカの釣果実績が高いポイントとしても知られています。真新しいイカ墨の跡を見つけたら、エギングなどで積極的に狙ってみましょう。

なお、目の前には沖堤防があり、その沖堤防との間は船の通り道となっています。そのため、この防波堤では投げ釣りが禁止となっていますので、基本は足元での釣りのみとなります。

3.内海港緑地公園の護岸

港の西側は「内海港緑地公園」という広場になっていて、その公園の南側の護岸でも釣りが楽しめます。

内海港緑地公園の駐車場やトイレからも近く、また護岸には壁があり転落防止にもなりますのでファミリーフィッシングにも最適なポイントです。一番人気の高いポイントなので競争率も高くなっています。

ところどころ根があるため根がかりには注意が必要ですが、投げ釣りでシロギスが狙えます。遠投できたほうが有利ではありますが、ちょい投げでも釣果実績があります。

なお、足元の水深はあまりありませんので、足元でのサビキ釣りは不向きです。サビキ釣りでアジやイワシなどの数釣りを楽しみたい場合は、防波堤まで足をのばすのがお勧めです。

4.内海港緑地公園横の突堤(御嶽突堤)

内海港緑地公園の東端にある全長65メートルほどの小さな突堤です。長さだけでなく幅も狭く、また満潮時には波をかぶることもあるポイントなのでファミリーフィッシングには不向きなポイントです。

ぶっこみ釣りでシロギスが狙える他、ルアーや泳がせ釣りでヒラメやマゴチのフラットフィッシュも人気のターゲットとなっています。また、フカセ釣りなどでクロダイも狙えるポイントとして知られています。

5.千鳥ヶ浜海水浴場エリア

内海新港の東側に広がる、白砂が美しい遠浅の海岸線です。夏は海水浴場となるため釣りはできませんが、それ以外のタイミングでは釣りが可能です。(海開きは例年6月末日~8月)

遠浅で水深はありませんが、ぶっこみ釣りでシロギスやヒラメ、マゴチやカレイなどの底物を狙ってサーフ釣りが楽しめます。ある程度遠投できたほうが有利なので、遠投できるタックルで挑みましょう。

港でハゼを釣って、それを生き餌に泳がせ釣りでヒラメやマゴチを狙ってみるのもお勧めです。

なお、内海新港の釣りポイントに比べて釣り人は少ない上、キャパは広大なので港で釣座が確保できなかった場合の逃げ場としても活用できます。

内海新港で釣れる魚

釣り上げられたシロギス

  • メバル
  • カサゴ
  • アオリイカ

  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • シロギス
  • マゴチ
  • ヒラメ
  • ショゴ
  • タコ
  • シーバス
  • クロダイ

  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • シロギス
  • アオリイカ
  • マゴチ
  • ヒラメ
  • ショゴ
  • シーバス
  • クロダイ

  • カレイ
  • メバル
  • カサゴ
  • アイナメ

内海新港へのアクセス

内海新港の場所(地図)

電車

最寄り駅は名古屋鉄道知多新線の「内海駅」で、駅から港までは徒歩20~30分ほどと少し距離があります。

車・駐車場

最寄りのインターチェンジは南知多道路の「南知多IC」です。ICから港までは車で10分程度とアクセスしやすい場所にあります。

駐車場は内海港緑地公園の駐車場を利用できます。なお、内海千鳥ヶ浜海水浴場が海開きをしているシーズン中は有料となりますのでご注意ください。

内海新港近くの釣具屋

田村釣具店

内海港から北へ車で10~15分の場所にある釣具屋さんです。

  • 住所:愛知県知多郡美浜町奥田石亀100-5
  • 電話番号:0569-87-0539

フィッシング南知多

内海港から東に車で20分ほどの場所にある釣具屋さんです。

  • 住所:愛知県知多郡南知多町大字豊丘字駒帰122-5
  • 電話番号:0569-65-2955
  • 営業時間
    平日:4時30分~18時30分
    土曜日:3時30分~19時
    日・祭日:3時30分~18時
  • 公式サイト

内海新港近くのその他釣りスポット

河和港

河和港は内海新港から東に車で15分ほどの場所にある釣りスポットです。内海新港とは逆の知多半島の東海岸側にあり、目の前には三河湾が広がっています。

新江川の河口に作られた港で、汽水域を好むハゼやシーバス、クロダイなどの魚影が濃いことで知られています。また、港の南には河和海水浴場があり海底は基本砂地となっている場所が多く、砂地を好むシロギスも人気のターゲットです。

港内の防波堤は細かったり、外海がテトラ帯となっていたりと少々足場が悪いのですが、港内の護岸や河口の防波堤などファミリーフィッシングにも向いたポイントもあります。港内の足場の良い護岸では手軽にハゼ釣りができ、小さなお子さんでも数釣りが楽しめるでしょう。

河和港については、以下の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
河和港の釣り場は手軽にハゼやイワシが狙える!各ポイントを360度写真付きで紹介

豊浜釣り桟橋(豊浜漁港)

豊浜漁港は南知多町、知多半島の先端付近に位置する漁港で、「豊浜釣り桟橋」と呼ばれる人気の釣り場がある他、港内の護岸や他の防波堤などでも釣りが楽しめる釣りスポットです。内海新港からは南東に車で20分ほどの距離です。

メインの釣り場となる全長140メートルほどの釣り桟橋は、全面転落防止の柵が設置されていて子連れのファミリーフィッシングにも最適です。ただし、人気な上キャパはそこまで大きくありませんので、釣座確保のハードルは少々高めとなっています。

なお、釣り桟橋以外にも護岸や防波堤がありますので、桟橋で釣座が確保できなかった場合でもどこかしらで釣りはできるでしょう。

狙える魚種は豊富で、サビキ釣りでアジやイワシ、サバなどの定番魚はもちろん、シーバスやクロダイ、メバルやカサゴなども人気のターゲットです。また、アオリイカやヒイカの釣果もあり、エギングポイントとしても知られています。

豊浜釣り桟橋(豊浜漁港)の詳細については、以下の記事でご確認ください。
豊浜釣り桟橋(豊浜漁港)は人気No1の釣りスポット!狙える魚種や各ポイントを360度写真付きで紹介

大井漁港

大井漁港は、内海新港から南東に車で20分ほどの場所にある釣りスポットです。知多半島の先端にある湾になった場所に作られた港で、外海が荒れている時でも比較的穏やかなことが多い釣りスポットとなっています。

港には複数の防波堤がある他、足場の良い護岸や車を横付けして釣りができるポイントなどもあり、ファミリーフィッシングにも向いている釣り場です。

狙える魚種は豊富で、サビキ釣りアジやイワシ、サバなどを釣って、それを生き餌に泳がせ釣りでシーバスやマゴチなどを狙うのも楽しいでしょう、

また、敷石のあるポイントではメバルやカサゴの他、高級魚であるアイナメの魚影が濃いことで知られています。

大井漁港について、以下の記事でも詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
大井漁港の釣り場はポイントが豊富!ファミリーフィッシングにもお薦めなスポットを360度写真付きで紹介

愛知県のその他釣りスポット

内海新港のある愛知県には、今回紹介した釣り場以外にもまだまだたくさんの釣りスポットがあります。アクセスしづらいけど比較的人が少なく穴場な釣りスポットなど、釣り場の環境も様々です。

以下の記事では愛知県内の釣りスポットの中から、ファミリーフィッシングにも向いている釣り場を厳選して紹介しています。狙える魚種も釣り場ごとに異なりますので、ぜひチェックして自分にあった釣りスポットを探してみてください。
愛知県の釣りスポット21選!ファミリーや初心者にもオススメなポイントを360度写真付きで紹介します

内海新港のまとめ

内海新港は特にシロギスの魚影が濃く、特にハイシーズンとなる夏であればキス釣り初心者でも比較的簡単に釣果を上げれるかと思います。キスは群れる習性がありますので、一度アタリが出た場所を重点的に攻めれば釣果アップも期待できます。

名古屋市街からでも高速を使えば1時間ほどの距離でアクセスもしやすいので、内海新港でキス釣りデビューしてみてはいかがでしょうか。

最後に、近年釣り人のマナーの悪さが原因となり、釣り禁止となってしまう港や防波堤が増えています。内海新港のように貴重な釣り場がなくなってしまわないよう、

  • ゴミは持ち帰る
  • 餌で汚したら掃除をする
  • 投げ釣り禁止の場所では投げない
  • 立入禁止の場所には入らない
  • 漁業のジャマになる行為はしない

など、釣り人としてのルールやマナーを守って釣りを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました