篠島は釣り場に恵まれた島!ファミリーにもお勧めな各ポイントを360度写真付きで紹介

篠島の概要

篠島は知多半島先端と渥美半島先端に挟まれた三河湾入口に浮かぶ離島です。住所としては「愛知県知多郡南知多町」に属しています。島の外周は約8.2km、面積は0.94平方kmと小さい島で、人口は1,600人(平成31年3月末時点)ほどとなっています。

「東海の松島」と呼ばれるほど景勝地として優れていて、島全域が国定公園(三河湾国定公園)に指定されて観光スポットとしても人気があります。

島内には

  • 恋人の聖地にも認定された絶景スポット「キラキラ展望台」
  • 弓状に800メートルの砂浜が続く「篠島海水浴場(サンサンビーチ)」
  • 鯛やハマチなどの大物が釣れる海上釣堀「釣り天国」

など、観光やレジャーを楽しめるスポットが満載です。

また、海上釣堀以外にも港の護岸や磯、サーフなどでも釣りができ、釣りを楽しむためだけに島へ渡る釣り人も多くいます。知多半島や渥美半島から高速船の定期便が就航していて、10分~20分程で渡ることができる、気軽に行ける離島の釣り場としても人気が高い島となっています。

篠島の釣り場

篠島-釣り場の全体像

篠島-釣り場の全体像

篠島には港の護岸や防波堤、磯場やサーフエリアなど環境の異なる釣り場が多数あります。冒頭にも書いた海上釣堀など、ファミリーフィッシングに向いた釣り場も多く、釣り初心者からベテランまで幅広い層に人気の高い釣り場です。

三河湾入口のほぼ中央付近に位置していて潮当たりが良く、魚影の濃い釣り場となっています。季節ごとに狙える魚種も豊富で、一年中楽しめる釣り場でもあります。

①釣り天国(海上釣堀)

釣り天国は、フェリー乗り場となる篠島港にある海上釣堀です。愛知県では唯一の海上釣堀で、初心者やお子さんでも大物を簡単に釣ることができる人気の施設となっています。

足場はもちろん良く、トイレなどの施設も備わっています。また、貸竿のサービスもありますので、手ぶらで行って釣りを楽しむことも可能です。有料の施設ではありますが、釣りが初めての方の釣りデビューの場所にも最適な釣りスポットです。

釣り堀には大小様々な魚が放流されていて、メバルやアジなどの他、真鯛やハマチなどの大物も釣り上げることが可能です。釣れた魚は一人5まで持って変えることができますので、クーラーボックスは持参して行きましょう。

釣り天国の基本情報

  • 営業時間
    4月~9月:7時~17時
    10月~12月:8時~16時
  • 定休日
    火曜日(夏休み期間中は休まず営業)
    1~3月はお休み
  • 料金
    大人(中学生以上):3,000円/2時間
    女性・子供:2,000円/2時間
    延長1時間:1,000円
    釣竿セットのレンタル:2,500円
    餌:500円
  • 電話番号(予約):0569-67-3780
    ※予約が必要なので、行きたい場合は電話予約しましょう

②篠島漁港周辺

篠島-篠島漁港周辺

篠島漁港の護岸では釣り初心者でも釣果の出しやすいサビキ釣りでアジやイワシ、サバなどが狙える他、ちょい投げでメバルやアイナメなどの根魚も狙うことができます。

また、漁港周辺にある「沖堤防」も人気の釣りスポットとなっていて、多くの釣人が大物を求めて沖堤に渡っています。

沖堤ではクロダイや青物などの大物狙いが人気な他、エギングの好ポイントとしても知られています。篠島漁港周辺には大小様々な沖堤が複数あり、テトラが入っている入っていないなど環境も異なりますので、沖堤に渡る場合は事前にチェックしておきましょう。

沖堤に渡るには「海上タクシー 康洋」を利用します。

③照浜港周辺

篠島漁港の南側にある小さな漁港です。釣人からは「南新堤」と呼ばれる堤防の護岸などで釣りが楽しめます。

足場は良くファミリーフィッシングにも向いている釣りスポットで、サビキ釣りでアジやイワシ、サバなどの回遊魚が狙えます。回遊のタイミングに当たれば入れ食いとなることも珍しくなく、小さなお子さんでも数釣りを楽しむことが可能です。

また、アオリイカの釣果実績が高いことでも知られていて、エギングやヤエンなどのポイントとしても人気が高いです。サビキ釣りでアジを釣って、それを生き餌に泳がせ釣りでアオリイカを狙ってみるのもお勧めです。

④篠島小・中学校裏

島の南側、篠島小学校・中学校の裏手にある釣りポイントです。磯場と砂浜の環境の異なるポイントがありますが、砂浜のポイントも岩場を抜けてアクセスする必要がありますので、お子さんと一緒のファミリーフィッシングの場合は十分注意しましょう。

磯場ではウキ釣りやフカセ釣りでクロダイやメジナが狙える他、アオリイカの魚影も濃いポイントとなっています。

砂浜エリアでは投釣りでシロギス狙いが人気です。シロギスは群れる習性がありますので、一度釣れたらそのポイントを重点的に攻めてみると良いでしょう。

なお、フェリー乗り場から距離があるので、釣り人の数は少なめで穴場なポイントです。景観も素晴らしく、自然の中でのんびり釣りをしたい場合にはお勧めです。フェリー乗り場からポイントに向かうには、乗り合いタクシーなどを利用すると良いでしょう。

⑤前浜(ないば)・サンサンビーチ

篠島の東海岸側にある、全長800メートルほどの砂浜です。夏場は海水浴場となり、たくさんの海水浴客で賑わいます。海水浴シーズンは釣りが禁止となりますが、それ以外のタイミングではサーフ釣りが可能です。

海底は基本砂地となっていて、春~秋はシロギス、冬場はカレイが人気のターゲットです。広い砂浜なので、シロギス狙いの場合はアタリが出るまで場所を移動しながら探るほうが釣果アップに繋がります。

なお、前浜では平成23年の夏にウミガメの産卵が観測され、それ以来「ウミガメが
産卵に来る美しい浜を目指して」を合い言葉に地元の篠島小学校で「篠島ウミガメ隊」が発足。毎週水曜日の登校時に砂浜の清掃活動を行っているそうです。

⑥東側護岸

前浜の北側、篠島漁港の東側にある護岸の釣りポイントです。真ん中に丸い穴の空いた消波ブロックが規則正しく敷かれた護岸で、港の護岸などに比べると足場は悪いですが、テトラ帯などに比べると足場は良く、釣り初心者でも十分に楽しめる環境となっています。

敷石周辺ではメバルやカサゴ、アイナメなどの根魚が狙える他、クロダイも人気のターゲットです。また、投釣り(ぶっこみ釣り)ではシロギスも狙えるポイントとなっています。

冬場はカレイの釣果実績が高いことで知られていて、カレイ狙いの釣り人が多く訪れます。できるだけ遠投できたほうが広く探れ有利なので、遠投しやすいタックルで挑むと良いでしょう。

篠島で釣れる魚

エギングで釣れたアオリイカ

  • メバル
  • カサゴ
  • アイナメ
  • アオリイカ
  • クロダイ
  • シーバス

  • アジ
  • サバ
  • イワシ
  • シロギス
  • メジナ
  • イナダ
  • サゴシ
  • マゴチ
  • タコ
  • アナゴ
  • クロダイ
  • シーバス

  • アジ
  • サバ
  • イワシ
  • シロギス
  • メジナ
  • アオリイカ
  • イナダ・ブリ
  • サゴシ・サワラ
  • マゴチ
  • アナゴ
  • クロダイ
  • シーバス

  • カレイ
  • メバル
  • カサゴ
  • アイナメ
  • クロダイ
  • シーバス

篠島へのアクセス

篠島へは知多半島の「河和港」「師崎港」から、また渥美半島の「伊良湖港」からそれぞれ高速船の定期便が就航しています。

料金は片道

  • 河和港発:1,400円
  • 師崎港:700円
  • 伊良湖港:1,400円

で、それぞれ往復で購入する場合は割引が少しだけあります。

また、高速船以外にも海上タクシーで渡ることもできます。定期便の時間外での利用や、沖堤防で釣りを楽しみたい場合には海上タクシーを利用しましょう。

篠島の釣具屋

河合船具店

篠島の島内にある釣具屋さんです。個人営業の小さな店舗なので、あまり多くは期待せずに餌の買い足しなどで利用すると良いでしょう。

  • 住所:愛知県知多郡南知多町大字篠島字照浜28-71
  • 電話番号:0569-67-2668

三河湾三島のその他釣りスポット

日間賀島

日間賀島は篠島の北、約1.7kmの場所にある離島です。島の外周は約5.5kmと小さな島ですが、島内には4つの港がありそれぞれ釣りができる防波堤や護岸を持っています。

篠島と同様「河和港」「師崎港」「伊良湖港」から高速船の定期便が就航して、篠島とも高速船で繋がっている島です。

島内にある釣り場は足場の良いファミリーフィッシングにも向いたポイントが多く、家族連れで釣りを楽しみにくる釣り客も多くいます。

狙える魚種は篠島とほぼ同じで、一年を通して季節ごとに様座な魚種を狙うことが可能です。なお、日間賀島はタコが名産で、シーズンの10月頃には島内で干しタコの風景を見ることもできます。

日間賀島の釣り場については、以下の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。
日間賀島は釣り場が豊富!ファミリーからベテランまで楽しめる各ポイントを360度写真付きで紹介

佐久島

佐久島は篠島の北東、約5kmの距離にある離島です。面積は1.81平方kmで三河湾三島の中では一番大きな島ですが、人口は252人と篠島よりも少なくなっています。

島内にはどこで釣りを楽しもうか悩むほど、釣り場がたくさんあり、またファミリーフィッシングも可能な足場の良いポイントも多く、釣り人にとっては魅力的な島となっています。

狙える魚種も豊富で、サビキ釣りで定番のアジやイワシ、サバなどの数釣りが楽しめる他、コショウダイやイシダイなどの大物も狙える釣りスポットです。

佐久島へのアクセス方法は、一色港から高速船の定期便が就航していて、20分~30分ほどで渡ることができ、篠島と同様気軽に行ける離島として知られています。

佐久島の釣り場詳細については、以下の記事をご確認ください。
佐久島の釣り場はファミリーにもお勧め!気軽に行ける離島の各ポイントを360度写真付きで紹介します。

愛知県のその他釣りスポット

篠島のある愛知県には、三河湾三島以外にもまだまだたくさんの人気釣りスポットがあります。三河湾三島に比べると多少魚影の濃さは劣ってしまうかもしれませんが、都心からもアクセスしやすい場所や車を横付けして楽しめる釣り場など、特徴も様々です。

以下の記事では愛知県の釣り場の中から、ファミリーフィッシングに向いている釣り場を中心に多数紹介しています。愛知県内での釣行の際はぜひチェックしてご自身にあった釣り場を探してみてください。
愛知県の釣りスポット21選!ファミリーや初心者にもオススメなポイントを360度写真付きで紹介します

篠島のまとめ

篠島は釣り場が豊富な島で、一日では遊び尽くせない釣りスポットです。ポイントごとに狙える魚種や試せる釣法も変わってきますので、何度も通って各ポイントを攻略していくのも楽しみ方の一つです。

島内にはホテルや民宿なども充実していますので、泊まりで篠島釣行を楽しむのお勧めです。

最後に、島は島民のもので釣り客は釣りをさせてもらっている立場です。

  • 立入禁止の場所には入らない
  • 漁港で釣りをする時は漁業関係者の邪魔にならないようにする
  • ゴミは持ち帰る
  • 餌で汚したら掃除をする

など、釣り人としての当たり前のルールやマナーを守って釣りを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました