千葉の乙浜港で鯖を爆釣!釣りポイントを360度写真レポート

乙浜港の概要

乙浜港は千葉県南房総市にある規模の大きな漁港です。房総半島の最南端付近に位置していて、目の前には太平洋が広がっています。都内に住んでいると東京湾での釣りがメインとなりますが、乙浜港まで足を運べば太平洋に糸を垂らすことができます。

東京方面からのアクセスは、富津館山道路という高速道路を降りてから更に30分以上かかる場所にあるため少々遠いのですが、その分館山付近の釣り場に比べると釣座の確保はしやすいかと思います。(とは言っても、ハイシーズン中はかなり混雑するため、朝早くでかけて場所を確保する必要はありそうです)

港にはトイレもありますし、ポイントによっては足場もかなり広く、また車をすぐそばに駐めて釣りができる場所もあるなど、ファミリーフィッシングにかなり向いている釣り場です。

乙浜港の釣り場

乙浜港-全体像

乙浜港-全体像

乙浜港には

  • 港の岸壁
  • 堤防

などタイプの異なる釣りポイントがあり、狙いたい魚種や釣法によって使いわけると良いでしょう。

①魚市場前(岸壁)

乙浜港の横を走る道路側に面した釣りポイントです。釣座の後ろに駐車スペースがあり、車をすぐそばに駐めて釣りを楽しむことが可能です。魚市場の横にトイレもあり、ファミリーフィッシングにも最適な釣りポイントになっています。

ただし、人気が高い場所なのでこの釣りポイントから先に埋まっているようで、この日は入る隙間がありませんでした。

湾内ですが水深が5メートルほどあり、アジやイワシ、サバなどの回遊魚も回ってきますので、筆者のような初心者家族にオススメな足元でのサビキでも釣果が期待できるポイントです。

常夜灯もあるため、夜釣りにも向いています。夜釣りの場合は、常夜灯に集まるアジなどが狙えそうです。

②東堤防

魚市場前の東側から海に突き出た比較的小さな堤防です。

クロダイやメジナの好ポイントとして有名な釣り場で、こちらも人気の高い場所です。水深は5メートル以上あるのと、魚市場前よりも外海に近く潮通しも良いポイントなので、もしどちらも空いていたら東堤防に釣座を確保するのが良さそうです。

春や秋にはアオリイカの実績も高いポイントですが、エギが禁止となっているため「泳がせ釣り」か「ヤエン釣り」でイカを狙うことになります。なお、エギが禁止されているのは東堤防だけのようなので、エギングをしたい場合は他のポイントで楽しむことが可能です。

③西堤防の岸壁

魚市場前の釣り場の対岸に位置する釣りポイントです。海に向かって右側からぐるっと回り込んでアクセスすることができます。

途中でバリケードがあるため車を横付けして釣りを楽しむことはできませんが、足場はかなり広く、こちらもファミリーフィッシングに向いているポイントです。

乙浜港-360度写真-04

乙浜港-360度写真-04-CLICKでSTART

魚市場前に比べると人が少なく、筆者が訪れた日も問題なく場所を確保することができました。

水深は足元でも4~5メートルほどあり、足元でのサビキでも十分に釣果が期待できる場所です。フカセ釣りではクロダイやメジナを狙うことができ、また春や秋にはエギングも楽しめるポイントです。

④西堤防の防波堤(テトラ帯)

乙浜港-360度写真-05

乙浜港-360度写真-05-CLICKでSTART

西堤防の先っぽから南側に少し突き出た防波堤です。

足元がテトラ帯のため、足場的にファミリーフィッシングには不向きなポイントです。この日は長めの竿で遠投カゴ釣りをやっている方がほとんどでした。

乙浜港-360度写真-06

乙浜港-360度写真-06-CLICKでSTART

外海に向かって竿を出せる場所なので、湾内よりもイナダやカンパチ、ソウダガツオなどの大物が狙いやすいポイントでもあります。青物が回遊してくる時期には、混雑が予想されます。

⑤磯

乙浜港-360度写真-07

乙浜港-360度写真-07-CLICKでSTART

乙浜港の釣り場には磯になっている場所もあります。険しい磯ではないので、磯釣り初心者でも挑戦しやすそうな場所でした。(険しくないとはいえ、岸壁や防波堤に比べると危険度は上がりますので、小さなお子さんのいるファミリーフィッシングには不向きです)

乙浜港-360度写真-08

乙浜港-360度写真-08-CLICKでSTART

磯ではクロダイやメジナの他、アオリイカの釣果も多いようです。磯場は湾内ではなく外海に面していますので、大物も期待できそうです。

⑥港内にある小さな突堤

陸側と西堤防との間の湾内には、小さな突堤もあります。あまり人気が無いのか、人は少なめのようです。

⑦沖堤防

乙浜港には「離堤」「東堤」という2つの沖堤防もあり、乙浜港のそばにある石田釣具店が渡船を行っています。渡し船の料金は「2,500円」です。

沖堤防は全長が180メートルと250メートルと大きくはありませんが、岸壁や防波堤に比べると人は少ないので、のびのびと釣りができそうです。釣れる魚も良型のメジナやシマアジ、イシダイなどを狙うことができます。

渡し船の詳細については石田釣具店さんの公式HPをご確認ください。

トイレ

乙浜港-360度写真-09

乙浜港-360度写真-09-CLICKでSTART

乙浜港にはトイレが2箇所あります。

1箇所目は魚市場前の横にあります。「①魚市場前」「②東堤防」で釣りを楽しむ際は、このトイレが最寄りとなります。

2箇所目は、西堤防の付け根付近にある公衆トイレです。「③西堤防の岸壁」「④西堤防の防波堤(テトラ帯)」「⑤磯」の釣りポイントからの最寄りのトイレです。トイレに大きな蜘蛛が何匹もいて巣を張っていたので要注意です。トイレのそばに手洗い場もあります。

乙浜港で釣れる魚

  • イワシ
  • サヨリ
  • メジナ
  • シーバス
  • アオリイカ
  • ハゼ
  • メバル
  • イシダイ

  • イワシ
  • サバ
  • アジ
  • キス
  • ハゼ
  • ソウダガツオ
  • イナダ
  • クロダイ
  • シーバス
  • イシダイ

  • イワシ
  • サバ
  • アジ
  • キス
  • イナダ
  • メジナ
  • クロダイ
  • シーバス
  • アオリイカ
  • イシダイ

  • カサゴ
  • メジナ
  • サヨリ

筆者の釣果

乙浜港-360度写真-10

乙浜港-360度写真-10-CLICKでSTART

今回、筆者家族は「③西堤防の岸壁」で釣りを楽しみました。小鯖の群れが湾内でも回遊していて、小学生低学年の息子でも簡単に釣ることができ、満足の釣果となりました。時期としては7月中旬の釣果となります。

  • 小鯖(サビキ釣り):約100匹
  • イワシ(サビキ釣り):3匹
  • メジナ(フカセ釣り):3匹
  • アイゴ(フカセ釣り):1匹
  • ホウボウ(ぶっこみ釣り):1匹
  • ウツボ(小鯖の泳がせ):1匹

乙浜港へのアクセス

都内からのアクセスの場合、アクアラインを経由し京葉道路→館山自動車道→富津館山道路と進み、富津館山道路の終点「富浦IC」で降ります。その後、房総フラワーラインを進むと乙浜港に着きます。

カーナビの検索で乙浜港が出ない場合は、乙浜港のすぐそばにある「石田釣具店」か「食事処わたなべ」の住所を入力すると良いでしょう。それぞれ、住所は以下です。

  • 石田釣具店:千葉県南房総市白浜町乙浜471−47
  • 食事処わたなべ:千葉県南房総市白浜町乙浜1307-5

乙浜港のまとめ

乙浜港-360度写真-11

乙浜港-360度写真-11-CLICKでSTART

乙浜港の良い点といえば、やはり釣り場の広さかと思います。また、磯があるなどタイプの違う釣り場がある点も魅力のひとつです。都内から遠いのが難点ではありますが、また訪れたい釣り場です。

今回は時間の関係上夕マヅメまでは釣りができませんでしたが、次回はたっぷり時間をとって夜釣りまで楽しみたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました