稲取港の釣り場はポイントも多くて狙える魚種も豊富!東伊豆の人気釣りスポットを360度写真付きで紹介

稲取港の概要

稲取港は静岡県賀茂郡東伊豆町にある大きな漁港。伊豆半島東側のほぼ中央付近に位置し、港周辺には稲取温泉や動物園(アニマルキングダム)などがある人気の観光エリアにある港です。

なお、稲取港はキンメダイが水揚げされることで有名で、稲取港に水揚げされるキンメダイは「稲取キンメ」というブランド名で人気を博しています。港周辺には観光客向けの食事処や宿も多く、稲取キンメを始めとした海の幸を堪能することができます。

また、稲取港は釣りができる防波堤が複数あり、釣りスポットとしても人気の高い港です。足場の良い釣りポイントも多く、またトイレなどの設備も整っているためファミリーフィッシングにも最適な釣りスポットとなっています。

大型の船も入ってくる港のため水深も深く、港内でもいろんな魚種を狙いやすいのが特徴の一つです。魚影が濃いことでも知られていて、県外からも釣り人が遠征してくるほど人気があります。

稲取港の釣り場

稲取港-釣り場の全体像

稲取港-釣り場の全体像

稲取港の釣り場は大きく分けて

  1. 新堤
  2. 赤灯堤防
  3. 白灯堤防
  4. 港内の中堤

と4つの釣りポイントとなっています。

全体的に足場は良く、中には車を横付けして釣りができるポイントもあります。ただし、新堤の先端付近など釣り禁止となっている場所もありますので、注意が必要です。釣りをする際は必ず現地の看板などをチェックして、ルールやマナーを守って釣りを楽しみましょう。

1.新堤

稲取港-新堤

稲取港の西、一番外海に近い場所にある全長250メートルほどの堤防です。根本から150メートル辺りまでは車で入っていけるほど幅が広く、その先は細く一段高い足場となる構造になっています。

なお、一段高くなっている場所からは釣り禁止となっていて、また外海側は全面テトラ帯となっていますので、根本から150メートル部分の内海側が釣りが可能なポイントとなります。

足場は良く、また堤防の根元付近に駐車スペースもあり移動も楽なのでファミリーフィッシングにも最適なポイントとなっています。

ある程度水深がありますので、初心者にお勧めのサビキ釣りも可能で定番のアジやイワシ、サバなどが狙えます。回遊のタイミングに合えば小さなお子さんでも比較的釣果をあげやすいでしょう。

サビキ釣りの他にはちょい投げのぶっこみ釣りで夏はシロギスやハゼが狙えます。また、メジナやカワハギ、秋のハイシーズンには青物も狙えるポイントとなっていて、初心者からベテランまで幅広い層に人気のポイントです。

春や秋にはアオリイカの釣果実績も高いポイントなので、真新しいイカ墨跡を見かけたら積極的に狙ってみると良いでしょう。

2.赤灯堤防

港の北側にある全長100メートルほどの古い堤防です。現在は撤去されていますが、以前赤灯台が建っていたことから赤灯堤防と呼ばれています。

内海側は低く、外海側は高い構造になっています。内海側のほうが釣りはしやすいので、ファミリー層は内海側に釣り座を構えると良いでしょう。

サビキ釣りでアジやイワシ、サバなどが狙える他、フカセ釣りでメジナやクロダイも人気のターゲットです。メジナの魚影は濃く、サビキ釣りで釣れることもあります。

また、こちらでもちょい投げのぶっこみ釣りでシロギスやハゼも狙える他、エギングでアオリイカも狙えます。サビキ釣りで釣れたアジを泳がせてアオリイカを狙うのも有効です。

堤防の外海側は足元に敷石が入っていますが、ある程度投げることができればカゴ釣りなどが楽しめます。

また、先端付近は外海側も敷石が無く、足元でも釣りができるポイントとなっています。あまり広くはないため釣り座としてキャパは小さめですが、空いていれば積極的に入りたいポイントです。

ただし、内海側に比べると海面から足場までの高さがあるため、お子さんと一緒のファミリーフィッシングの場合は内海側がお勧めとなっています。

3.白灯堤防

港の南側から北へと伸びる全長150メートルほどの堤防です。先端以外は外海側は敷石で、内海側は垂直護岸という構造になっていて、先端付近だけは敷石の無いポイントとなっています。

先端部分の足場は良く、また一段低くなっていて海面からの高さもさほどありませんので子連れファミリーでも釣りがしやすいポイントです。空いていたら積極的に釣座を確保することをお勧めします。

ただし、転落防止の柵などはありませんので、ライフジャケットを着用して釣りを楽しみましょう。

白灯堤防は外海から離れた少し奥まった場所に位置しますが、狙える魚種は豊富です。サビキ釣りでアジやイワシ、サバなどはもちろん、メジナの魚影も濃く人気のターゲットです。

シロギスの魚影が濃いことでも知られている他、外海側はカサゴなどの根魚の高ポイントとなっています。

なお、白灯堤防の根元付近のスロープ横にも小さな波止が港内側に突き出しています。幅の狭い波止ですがこちらでも釣りができます。港の奥まった場所ですが、スロープ周辺の駆け上がりになっているポイントでは意外にアオリイカなどの魚影が濃くなっている場合がありますので、エギングをする際はこちらも探ってみることをお勧めします。

4.港内の中堤

港内にある全長60メートルほどの短い堤防です。幅は25メートルほどと幅のある堤防で、車で入っていくこともできます。

外海に近い他の堤防に比べると魚影の濃さや狙える魚種の多さは劣ってしまいますが、足場は良くファミリー層には人気の釣りポイントとなっています。

港内の奥に位置して言いますがアジやイワシ、サバなどの回遊も見られ、サビキ釣りで数釣りが楽しめます。夏から秋にかけて、朝マヅメや夕マヅメの時合のタイミングを狙って釣行に出かけると良いでしょう。

他のポイントに比べてサイズは期待できませんが、サビキ釣りにメジナも混ざってくる他、ちょい投げでシロギスやハゼも人気のターゲットです。

また、他のポイントでも同じことが言えますが、釣れたアジなどの小物を生き餌に底付近を狙うとヒラメやマゴチが釣れる可能性があります。ゲーム性の高いルアーより泳がせ釣りのほうが比較的簡単なので、ぜひ挑戦してみてください。

トイレ

トイレは「①新堤」の根元付近と、「③白灯堤防」の近くに公衆トイレがあります。また、港から徒歩10分ほどの場所にある「稲取文化公園」にも公衆トイレが備わっています。

稲取港で釣れる魚

釣り上げられたメジナ

  • カサゴ
  • メバル
  • ウミタナゴ
  • アオリイカ
  • メジナ
  • クロダイ
  • シーバス

  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • シロギス
  • ハゼ
  • メジナ
  • ソウダガツオ
  • ワカシ
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • クロダイ
  • シーバス

  • アジ
  • イワシ
  • サバ
  • シロギス
  • ハゼ
  • カマス
  • メジナ
  • イシダイ
  • アオリイカ
  • ワカシ
  • イナダ
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • クロダイ
  • シーバス

  • メバル
  • カサゴ
  • ウミタナゴ
  • メジナ
  • クロダイ

稲取港へのアクセス

東名高速道路の「厚木インターチェンジ」から車で2時間30分ほどの道のりです。

電車

最寄り駅は伊豆急行伊豆急行線の「伊豆稲取駅」で、駅から港までは徒歩10~15分ほどで電車釣行にも向いている釣りスポットとなっています。

稲取港近くの釣具屋・コンビニ

釣具屋:安貞丸

「4.港内の中堤」から歩いてすぐの場所にある釣具屋さんです。乗合の釣船屋さんで一般客も釣り餌や仕掛けを購入することができます。

  • 住所:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取398-8
  • 電話番号:0557-95-2453
  • 営業時間:7時~18時
  • 定休日:年中無休

釣具屋:松山釣具店

「1.新堤」から歩いてすぐの場所にある釣具屋さんです。

  • 住所:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取967-18
  • 電話番号:0557-95-0054

コンビニ:セブンイレブン 伊豆稲取温泉口店

  • 住所:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取2847-1
  • 電話番号:0557-95-5123
  • 営業時間:24時間営業
  • 定休日:年中無休

稲取港のまとめ

稲取港は都内からだと3時間ほどかかる距離ですが、都内から遠征してくるアングラーもいるほど人気の釣り場です。釣りができるポイントも多く、狙える魚種も多いのでそれだけ価値の高い釣りスポットだと思います。

また、稲取温泉やキンメダイなど観光資源にも恵まれていますので、釣りと同時に観光が楽しめるのも稲取港の魅力の一つです。土日および祝日の8時~12時には、港に隣接する東伊豆町役場庁舎駐車場にて朝市も開催されていて、人気を博しています。
朝市の詳細は東伊豆町の公式サイトで確認

せっかく遠征するなら泊まりで釣行に出かけたい釣りスポットですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました